MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
耳鳴り研究が進歩!起こる原因と2つの対策を専門医が解説

耳鳴り研究が進歩!起こる原因と2つの対策を専門医が解説

耳鳴りは、患者さんの主観をもとに診断されるので、耳鳴りに共通する客観的な原因が、なかなか明らかにならなかったのです。近年、脳の神経活動を解析する技術が飛躍的な発展を遂げました。【解説】岡本秀彦(国際医療福祉大学医学部生理学教授・耳鼻咽喉科専門医)

「耳鳴りの真実」が明らかになってきた

「耳鳴り」は、悩んでいる人の多い病気ですが、原因については、これまで不明な点が多くありました。
 患者さんが耳鳴りを不快に感じ、生活に支障をきたしているなら、耳鳴りは病気と診断されます。
 しかし、耳鳴りはあるけれど特に気にならない、というかたもいらっしゃいます。

 このように耳鳴りは、患者さんの主観をもとに診断されるので、耳鳴りに共通する客観的な原因が、なかなか明らかにならなかったのです。
 近年、脳の神経活動を解析する技術が飛躍的な発展を遂げました。
 そのおかげで、聴覚に関係する脳の活動について、詳しく観察できるようになってきました。

 耳鳴りがあるときに、どのような脳の活動が起こっているかについても、わかるようになってきています。
 今までよくわからなかった、耳鳴りに関する真実が、明らかになりつつあるのです。
 ここでは、私が2017年に発表した最新研究より、脳の活動からわかった、耳鳴りが起こるしくみについて説明しましょう。

「神経の勝手な活動」が耳鳴りの原因

 まず、年を取るにつれて、高い周波数に対する耳(内耳)の神経活動が低下していきます。
 簡単に言えば、高音を聴き取る力が弱まるということです。
 高音が聴き取れなくなると、「抑制系」という神経の活動も低下します。

 例えば、雑音がいっぱいの中で、話し声を聴き取るときに、私たちの脳は、雑音の周波数を抑えて、声を聴き取りやすいように調整しています。このときに活躍しているのが、抑制系の神経活動です。
 高音が入ってこなくなると、脳は「高音が聴こえないな。もっと高音のセンサーを敏感にしよう」と神経に指令を出します。
 それでも高音が入ってこないと、高音のセンサーはもっと敏感になります。
 これが続くと、実際に外から高音が入ってきたわけでもないのに、高音域の神経が勝手に活動をするようになってしまうのです(自発活動)。
 すると「キーン」という音が聴こえることがあります。これは、神経が自ら勝手に、音を作り出している状態とも言えるでしょう。

 こうして、高音域の神経の自発活動により、実際には存在しない音が聴こえている状態が、耳鳴りの正体と考えられます。

耳鳴りへの恐怖が不眠につながる

 本来なら、神経の自発活動は、前述した抑制系の活動によって鎮められます。
 しかし、抑制系の活動も低下しているので、勝手な神経活動を抑えることができず、耳鳴りが継続すると考えられます。
 神経の自発活動が原因で耳鳴りが起こったとしても、本人が気にしていなければ、生活に支障をきたすことはありません。

 問題が起こるのは、耳鳴りが不安や恐怖の感情とつながったときです。
「耳鳴りが恐い」と思うようになれば、耳鳴りがさらに気になってしかたなくなります。
 こうした悪循環で、不眠になるかたも少なくありません。
 そうなると、耳鳴りが気になって眠れなくなり、眠れないため、さらに耳鳴りを意識してしまう、といった具合に、どんどん状況が悪化しかねません。

就寝時に音楽を流し無音状態を避ける

 私の研究からお勧めできる耳鳴り対策は、大きくわけて2つです。

❶補聴器を使う
 高音域の難聴がきっかけで、耳鳴りが起こる場合は、補聴器を使って、高音域にも音がしっかり入るようにすることが効果的です。
 補聴器で高音がしっかり聴こえるようになれば、神経の自発活動を抑えることにつながります。
 また、抑制系の神経活動を回復させることにもつながります。
 つまり、正常な神経ネットワークの状態に近づき、耳鳴りが軽減していくのです。

❷就寝時に自然音を流す
 補聴器がすぐに購入できない場合は、眠るときに自然音などの心地よい音を流すようにしましょう。
 耳鳴りのかたが最も避けるべきなのは、無音状態です。音がなければ、高音への入力もありませんから、耳鳴りがさらに悪化しかねません。
 また、静かすぎる環境では、耳鳴りに意識が集中しやすいものです。
 そこで、就寝時に、川のせせらぎなどの自然音や、好きな音楽が入ったCDなどを、タイマー機能でかけておくのです。ラジオを小音量でかけておくのでもかまいません。
 心地よさを感じる音は、不安を軽減させますから、耳鳴りが不眠につながる悪循環も予防できます。
 また、耳鳴りを悪化させる不眠を防ぐために、毎日夕方までには軽い運動をして、睡眠の質を上げることもお勧めします。

自然音などを流しながら就寝すれば、無音状態を避けられ、耳鳴りを改善できる

解説者のプロフィール

岡本秀彦(おかもと・ひでひこ)
国際医療福祉大学医学部生理学教授・耳鼻咽喉科専門医。
2005年、大阪大学大学院医学系研究科臓器制御医学専攻を卒業。
大阪大学附属病院耳鼻咽喉科臨床研修医、ミュンスター大学生体磁気研究所博士研究員、自然科学研究機構生理学研究所統合生理研究系准教授などを経て、現職。
2015年、自然然科学研究機構若手研究者賞を受賞。医学博士。

●国際医療福祉大学
https://narita.iuhw.ac.jp/index.html

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
もう一つ、信じられない変化がありました。手のひらを押し始めてからというもの、あれだけ苦しんだ耳鳴りの頻度が減ったのです。先生に教えてもらったとおり数ヵ月、手のひらを押していたら、耳鳴りがしなくなったのです。それから4年がたちますが、耳鳴りと腰痛に悩まされたことはありません。【体験談】佐藤茂(会社員・49歳)
更新: 2019-02-26 18:00:00
作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)
更新: 2019-01-17 18:00:00
十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)
更新: 2018-12-09 18:00:00
耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)
更新: 2018-12-05 18:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt