耳鳴りの原因は「脳の変化」?改善する2つの対策「補聴器」と「自然音」を専門医が解説

耳鳴りの原因は「脳の変化」?改善する2つの対策「補聴器」と「自然音」を専門医が解説

耳鳴りは、患者さんの主観をもとに診断されるので、耳鳴りに共通する客観的な原因が、なかなか明らかにならなかったのです。近年、脳の神経活動を解析する技術が飛躍的な発展を遂げました。【解説】岡本秀彦(国際医療福祉大学医学部生理学教授・耳鼻咽喉科専門医)


「耳鳴りの真実」が明らかになってきた

「耳鳴り」は、悩んでいる人の多い病気ですが、原因については、これまで不明な点が多くありました。
 患者さんが耳鳴りを不快に感じ、生活に支障をきたしているなら、耳鳴りは病気と診断されます。
 しかし、耳鳴りはあるけれど特に気にならない、というかたもいらっしゃいます。

 このように耳鳴りは、患者さんの主観をもとに診断されるので、耳鳴りに共通する客観的な原因が、なかなか明らかにならなかったのです。
 近年、脳の神経活動を解析する技術が飛躍的な発展を遂げました。
 そのおかげで、聴覚に関係する脳の活動について、詳しく観察できるようになってきました。

 耳鳴りがあるときに、どのような脳の活動が起こっているかについても、わかるようになってきています。
 今までよくわからなかった、耳鳴りに関する真実が、明らかになりつつあるのです。
 ここでは、私が2017年に発表した最新研究より、脳の活動からわかった、耳鳴りが起こるしくみについて説明しましょう。

「神経の勝手な活動」が耳鳴りの原因

 まず、年を取るにつれて、高い周波数に対する耳(内耳)の神経活動が低下していきます。
 簡単に言えば、高音を聴き取る力が弱まるということです。
 高音が聴き取れなくなると、「抑制系」という神経の活動も低下します。

 例えば、雑音がいっぱいの中で、話し声を聴き取るときに、私たちの脳は、雑音の周波数を抑えて、声を聴き取りやすいように調整しています。このときに活躍しているのが、抑制系の神経活動です。
 高音が入ってこなくなると、脳は「高音が聴こえないな。もっと高音のセンサーを敏感にしよう」と神経に指令を出します。
 それでも高音が入ってこないと、高音のセンサーはもっと敏感になります。
 これが続くと、実際に外から高音が入ってきたわけでもないのに、高音域の神経が勝手に活動をするようになってしまうのです(自発活動)。
 すると「キーン」という音が聴こえることがあります。これは、神経が自ら勝手に、音を作り出している状態とも言えるでしょう。

 こうして、高音域の神経の自発活動により、実際には存在しない音が聴こえている状態が、耳鳴りの正体と考えられます。

耳鳴りへの恐怖が不眠につながる

 本来なら、神経の自発活動は、前述した抑制系の活動によって鎮められます。
 しかし、抑制系の活動も低下しているので、勝手な神経活動を抑えることができず、耳鳴りが継続すると考えられます。
 神経の自発活動が原因で耳鳴りが起こったとしても、本人が気にしていなければ、生活に支障をきたすことはありません。

 問題が起こるのは、耳鳴りが不安や恐怖の感情とつながったときです。
「耳鳴りが恐い」と思うようになれば、耳鳴りがさらに気になってしかたなくなります。
 こうした悪循環で、不眠になるかたも少なくありません。
 そうなると、耳鳴りが気になって眠れなくなり、眠れないため、さらに耳鳴りを意識してしまう、といった具合に、どんどん状況が悪化しかねません。

就寝時に音楽を流し無音状態を避ける

 私の研究からお勧めできる耳鳴り対策は、大きくわけて2つです。

❶補聴器を使う
 高音域の難聴がきっかけで、耳鳴りが起こる場合は、補聴器を使って、高音域にも音がしっかり入るようにすることが効果的です。
 補聴器で高音がしっかり聴こえるようになれば、神経の自発活動を抑えることにつながります。
 また、抑制系の神経活動を回復させることにもつながります。
 つまり、正常な神経ネットワークの状態に近づき、耳鳴りが軽減していくのです。

❷就寝時に自然音を流す
 補聴器がすぐに購入できない場合は、眠るときに自然音などの心地よい音を流すようにしましょう。
 耳鳴りのかたが最も避けるべきなのは、無音状態です。音がなければ、高音への入力もありませんから、耳鳴りがさらに悪化しかねません。
 また、静かすぎる環境では、耳鳴りに意識が集中しやすいものです。
 そこで、就寝時に、川のせせらぎなどの自然音や、好きな音楽が入ったCDなどを、タイマー機能でかけておくのです。ラジオを小音量でかけておくのでもかまいません。
 心地よさを感じる音は、不安を軽減させますから、耳鳴りが不眠につながる悪循環も予防できます。
 また、耳鳴りを悪化させる不眠を防ぐために、毎日夕方までには軽い運動をして、睡眠の質を上げることもお勧めします。

自然音などを流しながら就寝すれば、無音状態を避けられ、耳鳴りを改善できる

おかもと ひでひこ
2005年、大阪大学大学院医学系研究科臓器制御医学専攻を卒業。大阪大学附属病院耳鼻咽喉科臨床研修医、ミュンスター大学生体磁気研究所博士研究員、自然科学研究機構生理学研究所統合生理研究系准教授などを経て、現職。2015年、自然然科学研究機構若手研究者賞を受賞。医学博士。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


耳鳴り 補聴器 自然音

関連する投稿


頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)


【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

そもそも話し声をよくするためには、四つの条件が必要になります。一つ目が「呼吸がしっかりしていること」。残りの三つの条件が、「舌の動き」「声帯の働き」「口の開き」が、それぞれよいことです。今回は、3種類の割りばしトレーニングをご紹介します。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【11円スリッパとは】履くだけで耳鳴り・腰痛を和らげる 2つの金属が体内に電気を流して血流を改善

【11円スリッパとは】履くだけで耳鳴り・腰痛を和らげる 2つの金属が体内に電気を流して血流を改善

鍼灸治療では、亜鉛と銅という、異なる二つの金属からできた鍼を用いて治療を行うことがあります。異なる二つの金属を使うと、わずかな電気が流れます。体内に微弱な電気を流すことで、ツボを刺激したり、血流の改善を行ったりする効果があるのです。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


ツボ刺激で痛みを撃退!11円スリッパの作り方と貼り方

ツボ刺激で痛みを撃退!11円スリッパの作り方と貼り方

どこの家庭にもあるスリッパに、硬貨をはるだけでできる「11円スリッパ」が、体の内側の病気、各所の痛みだけでなく、心も元気にしてくれます。普通のスリッパをはくなんてもったいない!「11円スリッパ」を作って健康を手に入れましょう。【監修】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院院長)


最新の投稿


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)