【宿便を出す食べ物】白湯にレモン果汁を加えた「毒出しデトックスドリンク」

【宿便を出す食べ物】白湯にレモン果汁を加えた「毒出しデトックスドリンク」

白湯の毒出し効果をパワーアップさせた飲み物が、レモン果汁を加えた「レモン白湯」です。レモンの酸味は、便秘の改善に効果があります。利尿作用もあり、むくみ解消にも有効です。レモンに含まれるクエン酸には、疲労物質である乳酸を減らす働きや、新陳代謝を高める働きがあります。【解説】蓮村誠(青山プライムクリニック院長)


消化力や排泄機能が高まり毒素がどんどん出る

私の専門であるアーユルヴェーダ(インドの伝統医学)では、白湯は体内の毒を浄化し、体調を整えるうえで欠かせない飲み物です。
私自身も毎日、朝起きて白湯をカップに1杯、昼食や夕食をとりながら1杯、さらに仕事の合間にときどき、すするようにして飲んでいます。

白湯が体の毒出しに効果的な主な理由は、次の2つです。
第一は、白湯が内臓に流れ込むことによって、汚れを洗い流してくれることです。
第二は、白湯の持つ熱の力で、胃腸が温まり消化力が上がって、毒出しができることです。

食べたものはまず胃腸で消化されますが、この消化力をアーユルヴェーダでは「消化の火(アグニ)」と呼び、すべての生命活動の根源と考えています。
胃腸の消化力が弱ると、食べたものがきちんと消化・吸収されずに未消化物として体内に残ってしまいます。
この未消化物が毒素です。

体内に未消化物が増えてくると、日中眠い、だるい、意欲がわかない、といった症状が現れ、太りやすくなります。
便秘や冷え症、肌荒れ、頭痛、肩こりをはじめ、さまざまな体の不調や病気を招きます。

白湯を飲むと、胃腸の消化力が上がり、食べたものがよく燃えるようになるので、毒素がたまりにくくなるのです。
腸の排泄機能も高まり、体内にたまった毒素や老廃物がどんどん出ていきます。

その結果、あらゆる不調が解消し、心身ともに活力に満ちた、健康な状態を取り戻すことができるのです。

正しく作った白湯は生命エネルギーを高める

正しい作り方で作った白湯(レモン白湯の作り方)は、体全体のエネルギーバランスを整え、生命エネルギーを高めます。
アーユルヴェーダでは、人間を含む自然界のすべては、3種類のエネルギーから構成されていると考えます。

「ヴァータ」と呼ばれる風のエネルギー、「ピッタ」と呼ばれる火のエネルギー、「カパ」と呼ばれる水のエネルギーです。
風は「動き」を生み出し、火は「熱」を、水は「滋養や安定」をもたらします。

これら3つのエネルギーバランスが、私たちの生命活動を成り立たせています。
風・火・水のバランスを整えることが、体の純粋性を取り戻し、生命エネルギーを最大限に高めるためにたいせつなのです。

正しく作った白湯は、風・火・水の3要素を完璧に満たした飲み物です。
もともとの水のエネルギーに、火にかけることによって火のエネルギーが加わり、さらによく沸かすことによって風のエネルギーが加わります。

こうして自然界を構成する風・火・水の3つのエネルギーがバランスよく備わった、完璧な飲み物になるのです。
完全にバランスがとれた純粋な飲み物は、飲んだ人の心身をも浄化します。

私たちの体に本来備わっている免疫力や自然治癒力も、正しく機能し始めます。
すると、病気を寄せつけず、心にも幸福感が増し、生き生きとした生命エネルギーにあふれた毎日を送れるようになるのです。

このように、白湯は心身のバランスを整え、生命力を高める「魔法の飲み物」と言えます。

レモン白湯で毒素をため込まなくなる

こうした白湯の毒出し効果をよりパワーアップした飲み物が、レモン果汁を加えた「レモン白湯」です。
レモンの酸味は、腸の動きを活発にするので、便秘の改善に効果があります。

体内の余分な水分を排泄する利尿作用もあり、むくみ解消にも有効です。
レモンに含まれるクエン酸には、疲労物質である乳酸を減らす働きや、新陳代謝を高める働きがあります。

美肌やダイエットに欠かせないビタミンCも豊富です。
また、レモンの香り成分であるリモネンには、リラックス効果や、気分をリフレッシュさせる働きがあります。

レモン白湯を飲むのは、朝が効果的です。
朝一番(朝食の前)に熱いレモン白湯を飲むと、体が温まって消化力が高まり、代謝もアップします。

レモン白湯は最強のデトックス飲料です。
毒素を体内にためこまない「毒出し生活」の基本として、レモン白湯をぜひお試しください。

蓮村誠
1961年生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。医学博士。オランダマハリシ・ヴェーダ大学、マハリシ・アーユルヴェーダ認定医。特定非営利活動法人ヴェーダ平和協会理事長。現在、診療に当たる傍ら、全国各地での講演活動、書籍執筆、テレビ出演、雑誌の連載など、マハリシ・アーユルヴェーダの普及に努める。著書は『ファンタスティック・アーユルヴェーダ』(知玄舎)、『ありのままの自分を磨く』(春秋社)、『50歳から毒を出す女ためる女』(PHP研究所)、『白湯毒出し健康法』(PHP文庫)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


頭のツボマッサージで解消!60代からのそわそわ落ち着かない・イライラ対策

頭のツボマッサージで解消!60代からのそわそわ落ち着かない・イライラ対策

60歳を過ぎると、多くの人は「風」、そして「空」が体や心に増えていき、風と空の体質になっていきます。風の体質というのは、カサカサと乾燥して、冷えがあり、心情的にはソワソワと落ち着きがなく、気ばかり焦って、眠りが浅い、そんな体質のことです。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

ギーは、食塩不使用バターを加熱して水分を飛ばし、乳たんぱくと乳糖を取り除いて作られた純粋な乳脂肪です。料理に用いるのはもちろん、傷や皮膚炎の治療として肌にぬったり、点眼、点鼻薬に用いたりするなど、昔からさまざまな用途で活用されてきました。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

忙しい生活の中で、大きな病気もせずに仕事をこなしてこれたのは食事にあります。中でも「生姜」は絶対に外せません。生姜は代謝をよくするので、太りにくくなるようです。私は、この30年以上、体形も体重もほとんど変わっていません。30年前のドレスが、今でもピッタリ体に合います。【解説】夏樹陽子(女優)


漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

私が酵母に興味を持ったのは、米を発酵させた健康食品を、食料品店で見つけたのがきっかけです。米と麹を低温で自然発酵させ、もともと米に付着していた乳酸菌と酵母を培養し、パウダー状にしたという物です。【解説】石井恵美(やくも診療所院長)


砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロでも甘い美腸スイーツ!「甘いものは食べたいけれど砂糖が気になる」。そんなかたでも大評判の「発酵あんこ」なら心配不要です。自然な甘みがクセになる!便秘や冷え症の改善、体の毒出し効果も抜群です。ジッパー付きの袋を使った簡単発酵方法をご紹介します。【レシピ】高山益実(管理栄養士・認定心理士・「食心のアトリエ」主宰)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)