【ダイエット効果】2~3kg簡単痩せ「レモン白湯」の作り方と飲み方

【ダイエット効果】2~3kg簡単痩せ「レモン白湯」の作り方と飲み方

白湯やレモン白湯を飲むことを習慣にすると、ほとんどの人が自然に1カ月で2~3㎏はやせます。これは、胃腸の消化力が上がり、体内にたまった毒素や老廃物が排泄されていくためです。便秘やむくみも解消します。さらに、白湯やレモン白湯を飲み続けることで、太りにくくなります。【解説】蓮村誠(青山プライムクリニック院長)


蓮村誠
1961年生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。医学博士。オランダマハリシ・ヴェーダ大学、マハリシ・アーユルヴェーダ認定医。特定非営利活動法人ヴェーダ平和協会理事長。現在、診療に当たる傍ら、全国各地での講演活動、書籍執筆、テレビ出演、雑誌の連載など、マハリシ・アーユルヴェーダの普及に努める。著書は『ファンタスティック・アーユルヴェーダ』(知玄舎)、『ありのままの自分を磨く』(春秋社)、『50歳から毒を出す女ためる女』(PHP研究所)、『白湯毒出し健康法』(PHP文庫)など多数。

余分な脂肪が落ちて太りにくくなる

白湯やレモン白湯を飲むことを習慣にすると、ほとんどの人が自然に1カ月で2~3kgはやせます。
これは、胃腸の消化力が上がり、体内にたまった毒素や老廃物が排泄されていくためです。
便秘やむくみも解消します。

さらに、白湯やレモン白湯を飲み続けることで、太りにくくなります。
白湯で消化力が高まり、代謝が最後までしっかり行われるようになると、食べたものがよく燃えるようになるので、余計な脂肪がつかなくなるのです。
代謝が高まると自然と体温も上がり、末端まで血流がよくなるので、冷えも解消します。

また、白湯を飲むうちに心身が浄化され、五感が鋭敏になるので、体に必要な食べ物を必要なぶんだけ欲するようになります。
甘いもののとり過ぎや過食が治まり、自然と太りにくい食事内容に変わっていきます。

代謝がアップして糖尿病も改善する

それだけではありません。
白湯やレモン白湯を飲む習慣は、生活習慣病や加齢に伴う不調の予防・改善にも役立ちます。

例えば、動脈硬化は、血管にたまった未消化物が血管を詰まらせて起こります。
白湯飲みで消化力を高め、体がよく燃えるようになれば、血管内の未消化物も燃えて、血管が若返り動脈硬化の改善につながるのです。

糖尿病は、消化力が弱っているために代謝が停滞して起こる病気です。
白湯やレモン白湯を飲み続けると、代謝がスムーズに進むようになるので、糖尿病の初期であれば改善が期待できます。

また、視力をつかさどる網膜は、体の火の力によって支えられています。
体の火の力の「火種」が、胃腸の消化力です。
白湯飲みで体の火の力が強くなると、目のかすみや疲れも改善し、老眼の予防にもなります。

中高年の女性に多い更年期障害は、体の風・火・水のエネルギーバランスの乱れによって起こります。
白湯やレモン白湯は、風・火・水のエネルギーバランスを整えてくれるので、更年期障害の改善にも有効です。

さらに、白湯やレモン白湯を飲むと体温が上がり免疫力が高まるので、カゼやインフルエンザなどの感染症にもかかりにくくなります。

朝はレモン白湯、昼食と夕食は白湯

白湯の効果をじゅうぶんに発揮するには、正しい作り方・飲み方で毎日続けることが重要です。

●作り方のコツ
白湯に使う水は、水道水でじゅうぶんです。
水の質が気になる人は浄水器を通した水道水を使うとよいでしょう。

白湯作りのポイントは、沸騰した後、やかんのふたを外し、最低でも10~15分、しっかり沸かすことです。

●飲み方のコツ
【朝】
朝起きたらレモン白湯を作り、できたてをカップ1杯、朝食前にすするようにして少しずつ飲みます。
朝一番のレモン白湯は、全身を温めて代謝を高め、腸や膀胱を刺激して排泄を促すので、毒出しに特に効果的です。
必ず飲んでください。

レモンの酸味にも体を温める効果があるうえ、胃腸を刺激して腸の動きを活発にして、便の排泄を促す働きがあるからです。

レモン白湯の作り方は、カップに入れた白湯にレモン果汁を4~5滴たらすだけです。


【昼食・夕食】
昼食と夕食のときは、カップ1杯の白湯を、食事の合間に少しずつすすりながら飲みます。
このようにして白湯を飲むことで、消化力が高まり、毒素の元となる未消化物ができるのを防ぎます。

白湯の温度は、体温以上の温かさであれば、自分の好みの温度でOKです。
体の冷えを感じるときは70〜80℃くらいの熱めの白湯を少しずつすするとよいでしょう。


朝と食事どき以外にも白湯を飲むとよいですが、飲み過ぎは禁物。
多くても1日カップ4杯程度(700~800ml)です。

日本人は体質的に火のエネルギーが弱く、とりわけ日本人女性は、世界でいちばん体が冷えていると言っていいかもしれません。
胃腸を冷やす冷たい飲み物や食べ物は、日本人女性には大敵です。

ですから、白湯やレモン白湯を飲む習慣をつけることは、美容や健康、ダイエットの力強い味方になってくれるでしょう。
白湯やレモン白湯は、最初は味気なく感じるかもしれませんが、毎日飲み続けるうちにその甘さや滋味がわかるようになってきます。

1週間ほどで体が浄化され、体調がよくなるのを実感できるので、まずは1 週間、続けてみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


白湯の効果 老眼 動脈硬化

関連する投稿


【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


レバー嫌いの貧血対策に「干しぶどう」がオススメ!ダイエット 美肌にも有効

レバー嫌いの貧血対策に「干しぶどう」がオススメ!ダイエット 美肌にも有効

干しブドウには、豊富な鉄分の他、さまざまな栄養素が含まれています。お年寄りの中には、干しブドウを「硬くて食べにくい」とおっしゃるかたがいます。「干しブドウ酢」は酢に漬けることで軟らかくなり、食べやすくなるばかりか、美容や健康をサポートしてくれる酢も一緒に取ることができます。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【リコピンの効果を高める】肌・血管の老化を強力に防いでくれる「トマトスープ」がアンチエイジングに最適

【リコピンの効果を高める】肌・血管の老化を強力に防いでくれる「トマトスープ」がアンチエイジングに最適

私の実家はトマト農家で、幼少の頃から新鮮なトマトをたくさん食べて育ちました。さらに大学院へ進学後、トマトの成分と遺伝子の研究をするようになった私は、トマトの健康効果についての論文に触れ、世界中の知見を得る機会に恵まれました。そこで、トマトの力に改めて驚かされました。【解説】石井賢二(トマト研究家)


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)