【白髪・加齢臭・肌荒れが改善】汗をたっぷりかいてデトックス「塩浴」の効果

【白髪・加齢臭・肌荒れが改善】汗をたっぷりかいてデトックス「塩浴」の効果

体からヌルヌルの脂がドッと出て美肌になり白髪もない秘訣は「塩湯デトックス」!肌表面の汚れを取り除くだけでなく毛穴に詰まった古い皮脂や老廃物の排出を促し、肌が本来持つ自然浄化力や再生力を回復させ、ベタつき、かさつきのないすべすべな肌へと導いてくれるのです。【解説】松本和子(株式会社三栄代表取締役・塩浴普及家)


塩を溶かしたお湯で肌が滑らかに!

「塩湯デトックス(塩浴)」は、石けんやシャンプーの代わりに、たっぷりの塩を溶かしたお湯(塩湯)を体や髪に塗り、手のひらでなでるように洗うだけのシンプルな入浴法です。
私の父である故・松本永光が、医師の故・湯浅寛先生から教えを受け、研究と実践を重ねて考案しました。

「塩湯を塗るだけでほんとうに体が洗えるの?」と思われる読者も多いかもしれませんが、塩湯の効果は絶大です。
肌表面の汚れを取り除くだけでなく、毛穴に詰まった古い皮脂や老廃物の排出を促し、肌が本来持つ自然浄化力や再生力を回復させ、ベタつき、かさつきのないすべすべな肌へと導いてくれるのです。

塩湯が効く理由を説明する前に、まず私の体験をお話ししましょう。

27年ほど前、私は原因不明のひどい肌荒れに悩んでいました。
今から振り返ると、化学物質アレルギーのようなものだったと思います。
最初は小さな手荒れから始まり、やがて全身にかぶれが広がっていきました。
どんなに高価な化粧品を使っても改善せず、洗顔料や石けんも使えなくなりました。

困り果てていた私に、父は再三、塩水で体を洗うよう勧めました。
最初は抵抗がありましたが、かゆみや肌荒れのない肌を取り戻したい一心で、試してみることにしたのです。

肌の再生が進み化粧品が不要になる

当初は、頭や体からヌルヌル、ギトギトとした脂がどんどん出てきて、嫌なにおいもして、不快でたまりませんでした。
しかし、最初はドッと出ていた脂やにおいも、毎日塩水で体を洗い続けるうちに2、3日で落ち着き、気にならなくなりました。

そのたびに体の中の汚いものが出ていく感じがして、励みになりました。
そして、荒れてウロコのようにひび割れた肌も徐々に落ち着き、かきむしった傷あとも消えて、肌が見違えるほどきれいになったのです。

以来24年間、石けんやシャンプーは滅多に使うことがありません。
基礎化粧品やメイクアップ化粧品は、いっさい使っていませんが、肌はいつもスベスベで、トラブルとは無縁。
今は塩すらほとんど使わず、普段はお湯だけで髪や体を洗う沐浴をしていますが、においや脂が気になることもありません。
現在46歳ですが、白髪もありません。

塩湯を体に塗ると、塩の浸透圧で汗が出やすくなり、また、毛穴に詰まった古い皮脂や老廃たんぱく質、石けんやシャンプーの残留物を溶かしながら流してくれます。
肌に塩湯を塗ってなでるとヌルヌルしてくるのは、古い皮脂などが溶け、さらに新しい皮脂が出ているためです。

古い脂や皮脂腺の詰まりが取れて、汗を適度にかくようになれば、肌再生のサイクルが整っていきます。
皮膚の分泌機能も正常化し、きれいな皮脂と汗によって作られる皮脂膜が、「天然の美容液」として肌をガードしてくれるので、化粧品いらずの美肌になれるのです。

松本和子
「伯方の塩」で知られる伯方塩業株式会社創立メンバーの一人である、『塩浴革命』(三栄)の著者、故・松本永光の長女。父の志を受け継ぎ、塩浴を実践し、普及に努めている。著書に『塩だけで髪もからだも洗ってしまう新習慣 塩浴生活をはじめよう!』(KADOKAWA)がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【更年期障害】骨粗鬆症を防ぐ30代から始める“豆乳”の摂り方

【更年期障害】骨粗鬆症を防ぐ30代から始める“豆乳”の摂り方

年を取れば誰でも白髪や抜け毛、シワ、シミなどの老化の兆しが現れるものです。美意識の高い女性には、鏡を見るのが憂鬱になったと嘆くかたもいるでしょう。「豆乳マヨネーズ」は、そんな人にお勧めの、美しさを取り戻す調味料です。【解説】藤森徹也(オルソクリニック銀座院長)


【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

私のクリニックでは、「心を温めること」と「体を温めること」は治療の両輪です。うつ、不眠、適応障害、過食症、引きこもり、パニック障害、不登校など、さまざまな症状の患者さんの治療に、半身浴を取り入れています。半身浴で体を温めることが、精神面でも自己肯定感を高めることにつながります。【解説】於保哲外(オボクリニック院長)


【酢トマトの作り方】柳澤英子さん "やせおか" 流ダイエット 52歳で26kgやせた

【酢トマトの作り方】柳澤英子さん "やせおか" 流ダイエット 52歳で26kgやせた

食欲を我慢したり、カロリー計算をしたりするめんどうなダイエットは続かないことは、身に染みてわかっていました。そして、生み出したのが、カロリーではなく、血糖値を上げる糖質量を抑えることを意識し、代謝をよくする酵素と食物繊維を積極的にとる「やせる食べ方」だったのです。【解説】柳澤英子(料理研究家・編集者)


【体験談】目の周りの乾燥がしっとり若返りかゆみが消失「骨スープ」で腸内環境が改善した

【体験談】目の周りの乾燥がしっとり若返りかゆみが消失「骨スープ」で腸内環境が改善した

骨スープを飲む前は、目の周りが乾燥してかゆくなり無意識にゴシゴシかいていました。それがある日友人から「最近、目をかかなくなったわね」といわれて、ハッとしました。気づけば肌はしっとり潤い、目の周りのかゆみが消えていたのです。肌ツヤもよくなり、高価な保湿クリームや美容液は不要になりました。【体験談】鈴木恵子(68歳・主婦)


【玉ねぎヨーグルト】残便感のあるコロコロ便が改善 便秘が治ると肌荒れもなくなった

【玉ねぎヨーグルト】残便感のあるコロコロ便が改善 便秘が治ると肌荒れもなくなった

私は子どもの頃から便秘症で、お通じは2〜3日に1回しかなく、また、いくらいきんでも硬い便がコロコロッと出るだけなので、スッキリしません。いつも、おなかに残っている感じがありました。そんな慢性便秘が、玉ねぎヨーグルトを食べてしばらくすると、難なく解消したのです。【体験談】岡田菊枝(仮名・42歳・自営業)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)