MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【PMS・生理痛が改善】肝臓マッサージで全身をデトックス!

【PMS・生理痛が改善】肝臓マッサージで全身をデトックス!

今回紹介する「肝臓マッサージ」は、肝臓や周辺の筋肉にアプローチする方法です。1日2セットの肝臓マッサージで横隔膜などの筋肉のこりをほぐすことで、肝臓の動きがスムーズになります。肝機能が改善し、全身のデトックス力が高まれば様々なトラブルが改善します。【解説】石垣英俊(神楽坂ホリスティック・クーラ代表・鍼灸マッサージ師)

解説者のプロフィール

石垣英俊
神楽坂ホリスティック・クーラ代表。2004年に開業し、体の痛みや不調に悩んでいる人々へ、よりよい施術、環境、アドバイスを提供すべく研鑽を積んでいる。一般社団法人日本ヘルスファウンデーション協会理事。セラピストカレッジ「ナーチャ」校長。鍼師、灸師、按摩マッサージ指圧師。オーストラリア政府公認カイロプラティック理学士。応用理学士。著書に『健康の「肝」を知るだけで人生が変わる!肝臓の気もち。』(BAB ジャパン)など。

肝臓の不調が冷えや生理痛を招く

「生命の化学工場」と呼ばれる肝臓は、実にさまざまな役割を担っています。
胃腸で消化された栄養素の分解と再合成、脂肪の消化吸収を助ける胆汁の生成など、どれも体にとって欠かせない働きです。

そして何より肝臓は、アルコールや食品添加物、有害金属といった、体に取り込まれた毒素を無害化する“デトックス”の重要器官です。

一方、肝臓の働きは複雑で、ありがたみがわかりにくい臓器でもあります。
“沈黙の臓器”と言われるように痛みを感じづらい点も、肝臓の印象が薄い理由でしょう。

「痛みを感じにくい」からといって、「肝臓は疲れ知らず」というわけではありません。
慢性的なストレス、過労、脂肪分・糖分の取りすぎ、お酒の飲みすぎ、薬の飲みすぎなどが続けば、肝臓も当然疲弊します。
そうなれば体に毒素をためやすくなるなど、さまざまな悪影響が起きるでしょう。

不調の原因を調べたら、「実は肝臓が弱っていた」ということも少なくないのです。
特に女性の場合、肝臓の不調は生理前のイライラに現れます。
いわゆる月経前症候群(PMS)です。

肝臓は「エストロゲン」という女性ホルモンを分解しています。
肝機能が低下すると、血中のエストロゲンが過多になり、ホルモンバランスが崩れてしまうこともあるのです。

私の治療院にも、PMSに悩むクライアントがよくいらっしゃいます。
肝臓への施術を行うと、イライラしにくくなったり、生理痛が緩和したりする人がたくさんいます。
肝臓の不調は周辺の筋肉をこわばらせ、さらなる弊害を招きます。

特に、肝臓の真上に密着している横隔膜は、影響を受けやすい筋肉です。
横隔膜がこわばり働きが悪くなると、呼吸が浅くなります。

すると、意志とは無関係に体を制御する自律神経のうち、アクセル役の交感神経が優位になり、全身の筋肉が緊張します。
この状態が続けば、血管が収縮して血流が悪くなり、冷えや肩こり、疲労感を生じやすくなります。

また、全身の緊張は、睡眠障害や精神的な不安定さなど、多くの不調につながります。
肝臓の状態は、全身に大きな影響を与えているのです。

日頃からよい状態に保つことがたいせつです。

頑固な肩こりが改善し老眼の悪化も止まった

今回紹介する「肝臓マッサージ」は、肝臓や周辺の筋肉にアプローチする方法です。
1日2セットの肝臓マッサージで、横隔膜などの筋肉のこりをほぐすことで、肝臓の動きがスムーズになります。

肝機能が改善し、全身のデトックス力が高まれば、生理にまつわるトラブルの緩和、消化機能の改善につながります。
また、横隔膜が柔軟になって、呼吸が深くなり、自律神経のバランスも整います。
それによって、冷えや頭痛といった血流障害や、慢性疲労にも効果を期待できるでしょう。

肝臓周辺のこわばりが取れると、姿勢がよくなり、肩こりや腰痛にも効果的です。
特に、右肩のこりは、肝臓の不調と深い関係があります。
肩こりで悩んでいるかたに、肝臓マッサージをすると、ウソのように改善することがあるのです。

四十肩や五十肩にも効果はてきめんで、痛みが和らぐ人が多くいます。

当院のクライアントで、「老眼が一気に進んで、短期間で何度もメガネを作り変えた」というかたがいました。
話を聞くと右肩に痛みがあるとのこと。
肝臓マッサージをしたところ、老眼の悪化がストップしたこともありました。

肝臓が持つ健康への影響はこのようにとても複雑です。
ぜひマッサージで肝臓をいたわり、不調の改善に役立ててください。

イライラにも効果「肝臓マッサージ」のやり方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
指ヨガの基本的なやり方として、中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 
更新: 2019-04-12 10:09:16
実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)
更新: 2019-01-14 18:00:00
私は長い間、重度の生理痛が悩みの種でした。ほかにも、多くの不調を抱えていました。肩や首が常にこっていて、そけい部は重だるく、手足もむくんで、パンパンです。食べ始めて、1ヵ月ほどが過ぎたころでしょうか。朝、スッと起きられるようになったことに気づきました。体に疲れも残っていません。【体験談】杉浦麻衣香(会社員・30歳)
更新: 2018-10-29 07:00:00
寝る前に1分間、おでこを冷やしてみました。すると、頭が休まる感じがして、その日はスッと眠れたのです。以前はのぼせて脳が膨張し、鬱血しているかのような感じだったのに、スーッと何かが抜けるように楽になったのです。【体験談】吉田倫子(仮名・会社員・43歳)
更新: 2018-10-21 20:00:00
閉経後の出血があり、治療が必要な病気ではない場合、病院で「様子をみてください」と言われることがほとんどかと思います。相談者さまの出血も、膣粘膜からの出血の可能性があります。それなら、セルフケアで改善することができます。その方法としてお勧めするのが「会陰マッサージ」です。【解説】たつのゆりこ (Be born助産院院)
更新: 2018-10-21 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt