【PMS・生理痛が改善】肝臓マッサージで排毒力アップ!肩こりにも効果

【PMS・生理痛が改善】肝臓マッサージで排毒力アップ!肩こりにも効果

今回紹介する「肝臓マッサージ」は、肝臓や周辺の筋肉にアプローチする方法です。1日2セットの肝臓マッサージで横隔膜などの筋肉のこりをほぐすことで、肝臓の動きがスムーズになります。肝機能が改善し、全身のデトックス力が高まれば様々なトラブルが改善します。【解説】石垣英俊(神楽坂ホリスティック・クーラ代表・鍼灸マッサージ師)


肝臓の不調が冷えや生理痛を招く

「生命の化学工場」と呼ばれる肝臓は、実にさまざまな役割を担っています。
胃腸で消化された栄養素の分解と再合成、脂肪の消化吸収を助ける胆汁の生成など、どれも体にとって欠かせない働きです。

そして何より肝臓は、アルコールや食品添加物、有害金属といった、体に取り込まれた毒素を無害化する“デトックス”の重要器官です。

一方、肝臓の働きは複雑で、ありがたみがわかりにくい臓器でもあります。
“沈黙の臓器”と言われるように痛みを感じづらい点も、肝臓の印象が薄い理由でしょう。

「痛みを感じにくい」からといって、「肝臓は疲れ知らず」というわけではありません。
慢性的なストレス、過労、脂肪分・糖分の取りすぎ、お酒の飲みすぎ、薬の飲みすぎなどが続けば、肝臓も当然疲弊します。
そうなれば体に毒素をためやすくなるなど、さまざまな悪影響が起きるでしょう。

不調の原因を調べたら、「実は肝臓が弱っていた」ということも少なくないのです。
特に女性の場合、肝臓の不調は生理前のイライラに現れます。
いわゆる月経前症候群(PMS)です。

肝臓は「エストロゲン」という女性ホルモンを分解しています。
肝機能が低下すると、血中のエストロゲンが過多になり、ホルモンバランスが崩れてしまうこともあるのです。

私の治療院にも、PMSに悩むクライアントがよくいらっしゃいます。
肝臓への施術を行うと、イライラしにくくなったり、生理痛が緩和したりする人がたくさんいます。
肝臓の不調は周辺の筋肉をこわばらせ、さらなる弊害を招きます。

特に、肝臓の真上に密着している横隔膜は、影響を受けやすい筋肉です。
横隔膜がこわばり働きが悪くなると、呼吸が浅くなります。

すると、意志とは無関係に体を制御する自律神経のうち、アクセル役の交感神経が優位になり、全身の筋肉が緊張します。
この状態が続けば、血管が収縮して血流が悪くなり、冷えや肩こり、疲労感を生じやすくなります。

また、全身の緊張は、睡眠障害や精神的な不安定さなど、多くの不調につながります。
肝臓の状態は、全身に大きな影響を与えているのです。

日頃からよい状態に保つことがたいせつです。

頑固な肩こりが改善し老眼の悪化も止まった

今回紹介する「肝臓マッサージ」は、肝臓や周辺の筋肉にアプローチする方法です。
1日2セットの肝臓マッサージで、横隔膜などの筋肉のこりをほぐすことで、肝臓の動きがスムーズになります。

肝機能が改善し、全身のデトックス力が高まれば、生理にまつわるトラブルの緩和、消化機能の改善につながります。
また、横隔膜が柔軟になって、呼吸が深くなり、自律神経のバランスも整います。
それによって、冷えや頭痛といった血流障害や、慢性疲労にも効果を期待できるでしょう。

肝臓周辺のこわばりが取れると、姿勢がよくなり、肩こりや腰痛にも効果的です。
特に、右肩のこりは、肝臓の不調と深い関係があります。
肩こりで悩んでいるかたに、肝臓マッサージをすると、ウソのように改善することがあるのです。

四十肩や五十肩にも効果はてきめんで、痛みが和らぐ人が多くいます。

当院のクライアントで、「老眼が一気に進んで、短期間で何度もメガネを作り変えた」というかたがいました。
話を聞くと右肩に痛みがあるとのこと。
肝臓マッサージをしたところ、老眼の悪化がストップしたこともありました。

肝臓が持つ健康への影響はこのようにとても複雑です。
ぜひマッサージで肝臓をいたわり、不調の改善に役立ててください。

石垣英俊
神楽坂ホリスティック・クーラ代表。2004年に開業し、体の痛みや不調に悩んでいる人々へ、よりよい施術、環境、アドバイスを提供すべく研鑽を積んでいる。一般社団法人日本ヘルスファウンデーション協会理事。セラピストカレッジ「ナーチャ」校長。鍼師、灸師、按摩マッサージ指圧師。オーストラリア政府公認カイロプラティック理学士。応用理学士。著書に『健康の「肝」を知るだけで人生が変わる!肝臓の気もち。』(BAB ジャパン)など。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

明治生まれの祖母は、のどが痛いときやカゼのひき始めには、梅干しを焼き網で焼いて、熱いお茶を注いで飲むと治ると話していたことも思い出しました。そこで私は、かつて祖母から伝え聞いた記憶を頼りに、梅干しの黒焼きを自分で作ってみようと考えたのです。【体験談】永井恒雄(梅生産者・77歳)


【ダイエット体験談】姿勢を矯正するタオルエクサで背中のぜい肉が取れた

【ダイエット体験談】姿勢を矯正するタオルエクサで背中のぜい肉が取れた

運動がそれほど好きでもない私が、近所のスポーツクラブに通い始めたのは4年ぐらい前のことです。その頃、長年勤めた幼児教室を辞めたことと、飼っていた犬が死んでしまったことが重なり、運動不足で太ってきたのです。【体験談】市村由貴(60歳・主婦)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)