MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
血栓症になりやすい人は内臓肥満型!痩せていても要注意

血栓症になりやすい人は内臓肥満型!痩せていても要注意

現在、日本でいちばん怖れられている病気は、おそらくガンでしょう。しかし、私に言わせれば、ガン以上に怖いのが、脳梗塞や心筋梗塞(脳や心臓の血管が詰まって起こる病気)です。脳梗塞や心筋梗塞の原因となるのが、血栓症です。【解説】浦野哲盟(浜松医科大学副学長、医生理学講座教授)

ガンよりも怖いが、危機感が少ない

現在、日本でいちばん怖れられている病気は、おそらくガンでしょう。
しかし、私に言わせれば、ガン以上に怖いのが、脳梗塞や心筋梗塞(脳や心臓の血管が詰まって起こる病気)です。
最悪の場合、それまで健康だった人が瞬時に命を落とすこともあります。
たとえ命が助かっても、脳梗塞は重篤な後遺症(半身不随や言語障害など)に苦しむことになるケースも多く見られます。

脳梗塞や心筋梗塞の原因となるのが、血栓症です。
大きくなった血栓が血液に乗って飛んでいき、脳や心臓などの重要な血管を詰まらせるのです。

ガンは怖い病気ですが、いきなり体の自由が利かなくなったり、一瞬で死が訪れたりすることもほとんどありません。
死を迎えるにしても、そこに至るまでに時間的な余裕はあります。

にもかかわらず、血栓症に対しては、ガンほど危機感をもたれていないようです。
その理由は、血栓が詰まって発作が起きるまで、まったく無自覚だからです。

では、どういったタイプの人が血栓症になりやすいのでしょうか。

それは、高血圧や糖尿病、脂質異常症、動脈硬化などの病気がある人や、その予備軍の人たちです。
そして、これらの生活習慣病と深くかかわっているのが、肥満です。

太って見えなくても内臓肥満は要注意!

生活習慣病がある上に、太っている人は、血栓症のリスクが高くなります。
ちなみに、この場合の「太っている」とは、内臓の周りに脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」を指します。

内臓にたまった脂肪細胞は、「PAI‐ 1」という悪玉物質を分泌します。
PAI‐1は、血栓を溶かすのを邪魔する物質で、太れば太るほど増えます。

血栓は、血管の内皮細胞から分泌されるtPAという酵素によって開始される線溶系によって溶解します。
PAI‐1は、tPAの働きを阻害するのです。

ですから、PAI‐1が増えれば増えるほど、血栓が溶けにくくなってしまうのです。
内臓型肥満の人は、このPAI‐1が多く、血栓症になりやすいのです。

肥満とは、一般的にBMI(体格指数)が25以上の人をいいます。
しかし、一見すると太っては見えないタイプの内臓肥満もありますから、中性脂肪値の高い人、善玉(HDL)コレステロール値の低い人、ウエスト周りが太い人などは、注意してください。

定期的に頸動脈エコーで動脈硬化をチェックしよう

脳梗塞や心筋梗塞のリスクは、動脈硬化がどれくらい進行しているのかに大きく影響されます。

そこで、動脈硬化の進行具合を判断するのが、頸動脈エコーです。
首の動脈(頸動脈)の状態を超音波エコーでチェックする検査です。
脳や心臓の動脈に比べて、見やすいのが特長です。

この血管壁が厚くなっていたり、内腔が狭くなっていたら、全身の血管も似たような状態だと判断できます。
ですから、定期的に頸動脈エコーを受けることを、私はお勧めします。

頸動脈がきれいなら全身の血管もきれい


動脈硬化が進行している場合は、予防薬(コレステロールを下げる薬や抗血小板薬、抗凝固薬)の処方が必要になってきます。

私はこれまで数多くの頸動脈エコーを見てきました。
中には、コレステロールを下げる薬を30年以上飲んでいる患者さんもいます。
そういう患者さんは、頸動脈がきれいです。
頸動脈がきれいなら、全身の動脈もきれいだと判断できます。

現在の風評では、コレステロールを下げる薬に対する批判が強くあるようですが、動脈硬化が進行している場合は、薬の力に頼るのも大切だと、私は考えています。
薬の副作用よりも、脳梗塞や心筋梗塞によるダメージのほうがはるかに大きいからです。


次の記事では、悪玉物質のPAI‐1を減らして、血栓を溶かす力を復活させるセルフケアをご紹介します。

解説者のプロフィール

浦野哲盟 
浜松医科大学副学長、医生理学講座教授。
浜松医科大学医学部卒業。血栓研究の第一人者で、テレビや新聞、講演会を通じて、血栓の形成と溶解機構を一般の人にもわかりやすく解説している。
国際血栓止血学会の役員として「世界血栓症デー」活動等により、血栓症の啓発に努めている。

●浜松医科大学
https://www.hama-med.ac.jp/index.html

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
脳梗塞や心筋梗塞の予防には、アディポネクチンというホルモンの分泌が重要です。アディポネクチンには、傷ついた血管を修復し、血管のプラークを抑制する働きがあることがわかっています。さらに、アディポネクチンには、インスリンの働きをよくして、糖尿病を防ぐ働きもあります。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)
更新: 2019-04-18 18:00:00
心不全は、体に炎症を起こすサイトカイン(炎症性生理活性物質)の放出が続いている状態といえます。その炎症が運動によって抑制されることが、最近の研究で明確になっています。「かかと落とし」は、その柱の一つとなっている運動です。【解説】牧田茂(埼玉医科大学医学部教授・同大学国際医療センター心臓リハビリテーション科診療部長)
更新: 2018-11-26 06:00:00
ニンニクは、精力がつくといった強壮作用で知られています。一方で独特なにおいが苦手という人も少なくありません。しかし、ニンニクのにおい成分には、さまざまな健康効果があるのです。私たちは、におい成分の一つであるMATSに「血栓の形成を抑制する働き」があることを突き止めました。【解説】関泰一郎(日本大学生物資源科学部教授)
更新: 2018-09-15 23:11:48
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00