【亜麻仁油の効能】アマニ油と納豆のコンビは 認知症予防 高脂血症の改善に効果

【亜麻仁油の効能】アマニ油と納豆のコンビは 認知症予防 高脂血症の改善に効果

納豆は、コレステロールや脂質の含有量が少なく、糖尿病や脂質異常症を引き起こす可能性が低い、優れた食材です。ナットウキナーゼには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、血栓を作りにくくする効果があり動脈硬化を予防します。アマニ油と摂ると血管若返りに効果が期待できます【解説】広川慶裕(認知症予防医・ひろかわクリニック院長)


アマニ油は小さじ1杯かける

納豆は日本が誇る認知症予防食

 認知症の予防や改善のために、もっともパワフルな食品は納豆です。私は日々、「納豆は日本が生んだ最高の食べ物です!」と、声を大にして患者さんに訴えかけています。

 大豆から作られる納豆は、植物性の良質のたんぱく質が豊富です。動物性たんぱくの摂取源となる肉や卵と比べると、納豆はコレステロールや脂質の含有量が少なく、糖尿病や脂質異常症につながる可能性が低い点でも優れています。

 ほかにも、大豆にはレシチンという成分が含まれています。これは、脳内で記憶力や学習能力を高めるアセチルコリンという神経伝達物質の材料となり、認知症予防の効果が期待できます。動脈硬化の予防効果もありますから、生活習慣病予防にも役立ちます。

 さらに、納豆には、ナットウキナーゼという酵素がたくさん含まれています。
 ナットウキナーゼには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、血栓(血液の塊)を防ぐ効果があります。この働きで動脈硬化が予防されれば、血管を若々しく保てます。

 このように納豆は、生活習慣病や認知症の予防のために理想的な食品なのです。

アマニ油が血管を若返らせる

 納豆の効果を得るためには、最低でも毎日1パックは食べてください。可能ならば、1日3回、毎食1パック食べてほしいくらいです。私のお勧めは、引き割りタイプの納豆です。

 この納豆の効能をさらに高めるレシピとして、私が推奨しているのが「アマニ油かけ納豆(アマニ納豆)」です。これは、アマニ油を小さじ1杯(5mL)程度、1パック分の納豆にかけて食べる方法です。
 認知症を防ぐためには、油に関して、必要以上に取らないものと、積極的に取るべきものを選ぶ必要があります。アマニ油は、後者の代表です。
 アマニ油は、イワシやサバ、サンマといった青魚やマグロ類が含むDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)と同じ、オメガ3系脂肪酸です。

 アマニ油の健康効果としては、具体的には以下の五つの報告があります。

①血管内で血栓(血液の塊)をできにくくする

②赤血球の変化を促し、血流を高める

③血管を広げて高血圧を予防する

④血液中の悪玉コレステロール値や中性脂肪を低く保つ

⑤血管壁の弾力性を強くする

 アマニ油が含むα‒リノレン酸は、体内で魚油に豊富なDHAやEPAに変化し、①から⑤の効果を発揮して、動脈硬化の進行を防ぐのです。

 そして、全身の血管が若返ってしなやかになります。血流が促されて体の隅々にまで酸素や栄養が行き渡るため、全身に活力がみなぎり、認知症の予防に役立つのです。
 シソ油やエゴマ油も、オメガ3系脂肪酸です。この二つの油は、高価過ぎたり、味にクセがあったりするため、アマニ油がもっとも使いやすいでしょう。

 アマニ納豆で、毎日、アマニ油を摂取すれば、このオメガ3系脂肪酸を継続的に摂取できます。青魚を毎日食べるよりも、アマニ納豆のほうが継続しやすいのではないでしょうか。

脳梗塞を予防するには夕食時がいい

 アマニ納豆は、毎食取ってもいいのですが、1日1回という場合には、夕食時に取るといいでしょう。
 納豆に含まれるナットウキナーゼが血液や血管に作用して血栓予防などの効果を発揮するのには、食後5時間前後かかります。脳の血管が詰まって脳梗塞が起こりやすいのは、午前1~5時くらいの時間帯です。
 その時間帯に合わせて納豆の血栓予防の効果を発揮してもらうには、夕食時に食べるのがいちばんいい選択ということになります。

 アマニ納豆を食べる際、納豆に付いているしょうゆなどの調味料はかけないのが理想です。しかし、塩味がないと物足りないと感じるのならば、最初は少量をかけても構いません。

 納豆にかけるのがアマニ油だけで飽きるという人には、オメガ3系のシソ油やエゴマ油、オメガ9系の油には、オリーブ油やキャノーラ油。米ぬか油などもあります。
 油を変えれば、風味も変化します。納豆を飽きずに食べ続けることにも役立つでしょう。脳に刺激を与える意味でも、こうした工夫は効果的です。

 オメガ3系とオメガ9系の油は、認知症ばかりか、生活習慣病も予防します。
 逆に、ウシやブタ、トリなどの陸生動物の肉に含まれる油や、植物性でもコーン油や大豆油、パーム油などは、各種の生活習慣病や脳卒中、心筋梗塞(心臓の血管が詰まって起こる病気)、そして認知症を引き起こす可能性があります。
 こうした油は、意識的に控えるようにしましょう。

 なお、血液をサラサラにする効果のある「ワルファリン」という薬剤を飲んでいる人は、納豆を食べ過ぎると、薬の効果が阻害されてしまう恐れがあります。そのような人は、医師に相談してください。

広川慶裕
 1955年、大阪府生まれ。1984年、京都大学医学部卒業。麻酔科専門医・指導医を経て、精神科医に転科し、認知症やうつ病、統合失調症などの治療に専念する。2014年、京都府宇治市に認知症予防の専門クリニック「ひろかわクリニック」、東京都港区に「品川駅前MCI相談室」を開院。著書に、『認知症予防トレーニング 認トレ 一生ボケない!38の方法』(すばる舎)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

テレビ番組の企画で、脳のMRI検査を受けたところ、「隠れ脳梗塞」が見つかったのです。隠れ脳梗塞とは、まだ症状はないけれど、画像検査で見つかる小さな脳梗塞のことだそうです。脳梗塞対策に、干し納豆をしっかり食べようと思った私は、通販で取り寄せて、ほぼ毎日食べるようにしたのです。【体験談】さとう珠緒(タレント)


50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。しかし、これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。【解説】新開省二(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)


お腹が弱い人には【干し納豆】がおすすめ!辺境を食べ歩く私は食あたりなし

お腹が弱い人には【干し納豆】がおすすめ!辺境を食べ歩く私は食あたりなし

東北では、納豆を干しておく習慣があります。冬が長いので、冷蔵庫が普及していなかった時代には、非常食としての保存の意味もあったのでしょう。納豆には、整腸作用や殺菌作用があり、食中毒の予防にも役立つので、私にとって、干し納豆は絶対に欠かせない旅の救世主となったのです。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)