【コレステロール値を下げる食べ物】善玉と悪玉の違い 動脈硬化を予防する生活習慣

【コレステロール値を下げる食べ物】善玉と悪玉の違い 動脈硬化を予防する生活習慣

コレステロールといえば、今や動脈硬化を進める「悪役」として知られています。コレステロールは、細胞膜やホルモンなどの材料として重要ですが、一方で、血管壁に過剰にたまると、動脈硬化を進めるのも事実です。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)


南和友 
京都府立医科大学卒業後、ドイツに渡航し、心臓外科医として活躍。年間手術数6000例という世界一の規模の心臓センターをドイツで立ち上げる。2005年に帰国し、最先端の治療を普及するとともに次世代の心臓外科医の育成にも力を注ぐ。

コレステロールには善玉と悪玉の2種類ある

コレステロールといえば、今や動脈硬化を進める「悪役」として知られています。
コレステロールは、細胞膜やホルモンなどの材料として重要ですが、一方で、血管壁に過剰にたまると、動脈硬化を進めるのも事実です。
動脈硬化が進むほど、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす血栓もできやすくなります。

ただし、ここで一つ、注意すべきことがあります。
血中に増えて悪さをするのは、コレステロールの中の「悪玉コレステロール」だということです。

最近では、広く知られるようになりましたが、血中コレステロールには、悪玉と善玉があります。
同じコレステロールでも、善玉は動脈硬化を進めません。
それどころか、善玉コレステロールが多ければ、逆に動脈硬化の抑制に働いてくれます。

もう少し詳しく説明しましょう。
悪玉コレステロールは、正式にはLDLコレステロールといいます。
大部分のコレステロールは、「たんぱく質のカプセル」に入って血液中を移動しています。
これは血液中を旅する船のようなもので、中にコレステロールという乗組員がいると考えるとわかりやすいでしょう。

LDLは、その船の種類の名前で、コレステロールを作り出す肝臓から、血管などの組織にコレステロールを運びます。
この船が増え過ぎると、過剰なコレステロールが血管壁にたまって動脈硬化が進むのです。

それで、LDLに乗り込んでいるコレステロールを、悪玉コレステロールと呼ぶわけです。

善玉コレステロールは動脈硬化を抑制する

善玉コレステロールは、正式にはHDLコレステロールといい、HDLという船に乗り込んでいるコレステロールです。
HDLはLDLとは逆に、血管などの組織から肝臓にコレステロールを運びます(肝臓は余分なコレステロールの処理場でもあります)。
血管の余分なコレステロールの掃除屋のようなものです。
この船が多ければ、血管にコレステロールがたまりにくく、動脈硬化が抑制されます。

それで、HDLに乗り込んでいるコレステロールを、善玉コレステロールと呼ぶのです。

血液検査でわかる「総コレステロール」の数値には、善玉も悪玉も含まれています。
総コレステロールが同じでも、悪玉が多い人もいれば善玉が多い人もいます。
両者の割合次第で、動脈硬化が進む危険性はまったく違ってくるのです。

悪玉と善玉の比率が重要

そこで、総コレステロールより、「悪玉コレステロールと善玉コレステロールの割合こそ重要」という視点から、最近、重要視され始めたのが、「LH比」という数値です。

LH比とは、「悪玉(LDL)コレステロール値÷善玉(HDL)コレステロール値」で簡単に計算できます(健康診断結果への表示も増えています)。

LH比は「動脈硬化指数」とも呼ばれ、動脈硬化の進みやすさを示す指標です。
2未満が基準値で、2以上2.5未満は動脈硬化が疑われる黄信号、2.5以上は動脈硬化が進行し、血栓もできている恐れもある赤信号とされます。

総コレステロールの正常値は150〜199mg/dL、境界域(予備群)は200〜219mg/dLです。

この基準だけ見ると、例えば250mg/dLは異常値になります。
しかし、悪玉コレステロールが150mg/dLで善玉コレステロールが100mg/dLだった場合、LH比は1.5で、動脈硬化の進みにくい安心できる状態といえます。

逆に、総コレステロールが160mg/dLという正常値でも、悪玉コレステロールが120mg/dLで善玉コレステロールが40mg/dLだった場合、LH比は3となります。
動脈硬化が進んでいる危険性が高く、血栓にも要注意の状態といえるのです。

総コレステロールの数値よりもLH比に注目

この場合、コレステロール関連のどの数値も異常値ではないにもかかわらず、LH比が危険な値になっていることにも注意が必要です(LDLコレステロールの正常値140mg/dL未満、HDLコレステロールの正常値40mg/dL以上)。

したがって、血液検査の結果でわかる総コレステロールの数値より、LH比にぜひ注目してください。
LH比が2以上、特に2.5以上の場合は、早急に食事や生活を見直して、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす対策をこうじましょう。

手軽に実行できる対策としては、以下のような方法があります。

善玉を増やし悪玉を減らす生活習慣

善玉コレステロールを増やす

①積極的にトマトを食べる
トマトに豊富に含まれるリコピンには、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

②適量の赤ワインを飲む
赤ワインに豊富なポリフェノールにも善玉コレステロールを増やす働きがあります。
適量は1日グラス1〜2杯です。

ほかに、ブドウ、イチゴ、ブルーベリー、緑茶などでポリフェノールを取るのもお勧めです。

③シイタケやアオサを食べる
シイタケや海藻の一種であるアオサにも、善玉コレステロールを増やす働きがあることがわかっています。

④ウォーキングをする
適度な運動は善玉コレステロールを増やします。
ジョギングやランニングは心臓への負担が大きくなって危険な場合があるので、1日30分程度のウォーキングを推奨します。

悪玉コレステロールを減らす

①肉より魚介類を多めに取る
魚介類に多いDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などの成分には、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

②炭水化物を取り過ぎない
ごはん、パン、めん類、菓子類などの炭水化物や糖類を取り過ぎると、中性脂肪が増え、それが悪玉コレステロールの材料になります。
太ってきたら炭水化物を取り過ぎていると判断できます。
上記の食品を減らし、太らない範囲で適度に取りましょう。


以上を実行すると、LH比が好転し、動脈硬化の危険性が減らせます。
お試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

テレビ番組の企画で、脳のMRI検査を受けたところ、「隠れ脳梗塞」が見つかったのです。隠れ脳梗塞とは、まだ症状はないけれど、画像検査で見つかる小さな脳梗塞のことだそうです。脳梗塞対策に、干し納豆をしっかり食べようと思った私は、通販で取り寄せて、ほぼ毎日食べるようにしたのです。【体験談】さとう珠緒(タレント)


下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

「トマトは体にいい」そういうイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、どんな健康効果があるのかといえば、意外に漠然としているのではないでしょうか。そこで、トマトの健康効果を検証した一つの研究をご紹介しましょう。【解説】寺内公一(東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科・女性健康医学講座教授)


【リコピンの効果を高める】肌・血管の老化を強力に防いでくれる「トマトスープ」がアンチエイジングに最適

【リコピンの効果を高める】肌・血管の老化を強力に防いでくれる「トマトスープ」がアンチエイジングに最適

私の実家はトマト農家で、幼少の頃から新鮮なトマトをたくさん食べて育ちました。さらに大学院へ進学後、トマトの成分と遺伝子の研究をするようになった私は、トマトの健康効果についての論文に触れ、世界中の知見を得る機会に恵まれました。そこで、トマトの力に改めて驚かされました。【解説】石井賢二(トマト研究家)


【下肢静脈瘤】は正しい歩き方・立ち方で予防できる? ウォーキングでの改善効果に期待

【下肢静脈瘤】は正しい歩き方・立ち方で予防できる? ウォーキングでの改善効果に期待

血管、リンパ管に滞りができると、機能の低下や病気を引き起こしてしまいますが、プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が整うため、体が健康な状態に向かいます。【解説】森嶌淳友(ラ・ヴィータメディカルクリニック院長)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)