【糖尿病改善】動脈硬化を防ぐ「酢生姜」の効果 中性脂肪値が1ヵ月で降下した!

【糖尿病改善】動脈硬化を防ぐ「酢生姜」の効果 中性脂肪値が1ヵ月で降下した!

ショウガを酢に漬け込んで作る「酢ショウガ」には、さまざまな健康効果が期待できます。私が特に注目するのが、血中脂質や血糖値の改善効果です。酢ショウガを食べると、ショウガと酢のダブル効果で、動脈硬化を防ぎ、血糖値の上昇を抑えられるます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


平柳要
東京大学大学院医学研究科修了。ハーバード大学・マサチューセッツ工科大学客員研究員、日本大学医学部准教授などを経て、食品医学研究所を設立。科学的根拠にもとづいた健康食品の研究、開発に携わる。ショウガ研究の第一人者で、『酢しょうがダイエット健康レシピ』(主婦と生活社)などの本がある。

ショウガと酢のW効果で血管を守る

ショウガを酢に漬け込んで作る「酢ショウガ」には、さまざまな健康効果が期待できます。
私が特に注目するのが、血中脂質や血糖値の改善効果です。

生ショウガに多いジンゲロールという辛味成分は、脂肪や糖質の腸での吸収を抑える働きがあります。
ショウガを取ることで、動脈硬化を促進する血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、血糖値の上昇を抑えることができます。

一方の酢は、酸味の成分である酢酸やクエン酸が、中性脂肪と悪玉コレステロールを減らし、腸からの糖の吸収を遅らせて血糖値の上昇を抑えます。
酢ショウガを食べると、ショウガと酢のダブル効果で、動脈硬化を防ぎ、血糖値の上昇を抑えられるというわけです。

食品の効果を語るには、科学的根拠が不可欠です。
まず、ショウガの脂質改善効果を示す研究を紹介しましょう。

2013年、イランのダブリーズ医科大学のチームは、2型糖尿病の人(58人)を二つのグループに分け、試験を行いました。

一方のグループにはショウガ粉末を1日2g毎日摂取してもらい、一方のグループには同量の疑似食品(偽薬)を摂取してもらって8週間後の血中脂質を調べました。

ショウガ粉末のグループでは、悪玉コレステロール値(正常値140mg/dl未満)の平均が、80mg/dlから68mg/dlに低下し、中性脂肪値(正常値は150mg/dl未満)の平均が、152mg/dlから128mg/dlと正常になりました。

疑似食品を取ったグループでは、当然ながら、これらの変化は見られませんでした。

次に2015年、イランのテヘラン医科大学で行われた研究では、ショウガの血糖値降下作用が明らかになりました。

2型糖尿病の人(41人)を二つのグループに分け、一方にはショウガ粉末を1日2g毎日摂取してもらい、一方には同量の疑似食品を摂取してもらって12週間後の空腹時血糖値とヘモグロビンA1c(1~2ヵ月の血糖値を反映する数値)を調べました。

ショウガ粉末のグループでは、空腹時血糖値(基準値は110mg/dl未満。126mg/dl以上で糖尿病型)の平均が、162mg/dlから142mg/dlに低下。
ヘモグロビンA1cの平均が7.37%(正常値は6.5%未満)から6.6%と、ほぼ正常になりました。

疑似食品のグループでは、空腹時血糖の平均が155mg/dlから157mg/dlに、ヘモグロビンA1cは7.3%から7.32%と上昇しました。

1ヵ月で中性脂肪値や空腹時血糖値が改善

中性脂肪や悪玉コレステロールが高めの人は動脈硬化が起こりやすく、心筋梗塞(心臓の血管が詰まって起こる病気)や脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる病気)などを発症しやすくなります。

血糖値が高い人も、血管が傷みやすく動脈硬化が発症しやすいことから、同様のリスクが高くなります。
血中の脂質や血糖値が高めの人は、薬に頼り切らず、酢ショウガの摂取を含めた食事(高カロリー・高脂肪)習慣の見直しと運動習慣を心がけましょう。

実際に、酢ショウガで中性脂肪値や空腹時血糖値を改善したHさん(60歳・男性)を紹介します。
Hさんは、健康診断で中性脂肪値が142mg/dl、空腹時血糖値が119mg/dlと判明。

酢ショウガを1ヵ月ほど毎日食べたところ、中性脂肪値が86mg/dl、空腹時血糖値が102mg/dlまで下がりました。
劇的な変化に主治医が驚いたそうです。

みなさんも動脈硬化や糖尿病の予防に、ぜひ酢ショウガを役立ててください。
ジンゲロールはショウガの皮の下に多いので、皮はむかずに使います。

酢は、米酢、穀物酢、黒酢、リンゴ酢などから、お好みで選びましょう。
酢ショウガは、1日大さじ1杯程度を、2回に分けて取ることをお勧めします。

「酢ショウガ」の作り方

用意するもの

・ショウガ…200g(市販のもので2~3袋程度)
・酢(穀物酢)…200~300ml(ショウガが浸かる程度)
・ハチミツ…大さじ1
・密閉できる保存瓶

作り方

①ショウガをよく洗い、皮をむかずにみじん切りにする。

②①を耐熱容器に入れ、少量の水(分量外)を加えたあとにラップをし、電子レンジ(600w)で1分30秒ほど加熱する。

③粗熱が取れたら密封容器に移し、酢を注ぎ入れる。

④ハツミツを加えて全体を軽くかき混ぜる。冷蔵庫で一晩漬ければ出来上がり。
※冷蔵保存で2~3週間くらいで食べ切る。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」は血糖値を下げるだけでなく骨も強化できる!

【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」は血糖値を下げるだけでなく骨も強化できる!

運動不足の悪影響は、骨だけに止まりません。当然、筋力は低下し筋肉も硬化し、痛みやコリが生まれる原因になります。筋肉の状態が悪くなれば内臓の動きが悪化し、内臓機能の低下につながります。悪循環を断ち切るのに、お勧めの運動が「かかと落とし」です。【解説】斎藤究(医師・さいとう整形外科リウマチ科理事長)


【糖質制限ダイエット】寿司と日本酒はOK?血糖値コントロール日記を医師が解説

【糖質制限ダイエット】寿司と日本酒はOK?血糖値コントロール日記を医師が解説

私はもともと、忙しければ食べなくても平気なタイプ。「おやつで最低限のカロリーを取れば、体は動くし」と、空腹になればお菓子をつまむ、医者失格な食生活だった。ここでは医師である私が、体当たり調査してつけた「血糖値ダイアリー」と「体にいい糖質の食べ方」をお見せします。【解説】松宮詩衣(天現寺ソラリアクリニック院長)


【食後高血糖を予防】毎日血糖値を記録してわかった「糖質の安全な食べ方・危険な食べ方」

【食後高血糖を予防】毎日血糖値を記録してわかった「糖質の安全な食べ方・危険な食べ方」

私は血糖値ダイアリーをつけています。以前の私は、食後に頭がぼんやりしたり、だるくなったり、仕事の合間に仮眠をとることもしょっちゅうでした。食後高血糖を疑い、食後の血糖値を測ってみました。すると、300mg/dlを超えることもあるなど、重度の糖尿病並みの数値でした。【解説】松宮詩衣(天現寺ソラリアクリニック院長)


【歯周病と病気の関係】歯周病を放置するとどうなるか? 糖尿病 脳梗塞 認知症のリスク増

【歯周病と病気の関係】歯周病を放置するとどうなるか? 糖尿病 脳梗塞 認知症のリスク増

歯周病は、今や成人の約8割がかかっているとされる「国民病」です。早い人では10代から、歯周病の初期段階である歯肉炎が始まり、40代、50代で患者数が最も多くなります。歯周病も生活習慣病の一つだと私は考えています。【解説】森永宏喜(森永歯科医院院長、米国抗加齢医学会認定医)


レモン酢で血圧が下がった!【歌手・松崎しげるさん】「肌は黒いがシミはない」

レモン酢で血圧が下がった!【歌手・松崎しげるさん】「肌は黒いがシミはない」

5~6年前に最大血圧が190㎜Hg台まで上がり、「酢ショウガは血圧を下げる」と聞いて食べるようになった。そのおかげか、最大血圧は170~180㎜Hg台までに下がった。それで「酢ショウガってスゴイんだね」って小堺一機さんに話したら、「松崎さん、実はレモン酢がもっとスゴイんですよ。」との話でした【体験談】松崎しげる(歌手)


最新の投稿


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)