医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

「酢ショウガ」の効果と作り方 1ヵ月で空腹時血糖値が改善した

「酢ショウガ」の効果と作り方 1ヵ月で空腹時血糖値が改善した

ショウガを酢に漬け込んで作る「酢ショウガ」には、さまざまな健康効果が期待できます。私が特に注目するのが、血中脂質や血糖値の改善効果です。酢ショウガを食べると、ショウガと酢のダブル効果で、動脈硬化を防ぎ、血糖値の上昇を抑えられるます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


解説者のプロフィール

平柳要(ひらやなぎ・かなめ)
食品医学研究所所長。
東京大学大学院医学研究科修了。ハーバード大学・マサチューセッツ工科大学客員研究員、日本大学医学部准教授などを経て、食品医学研究所を設立。
科学的根拠にもとづいた健康食品の研究、開発に携わる。ショウガ研究の第一人者で、『酢しょうがダイエット健康レシピ』(主婦と生活社)などの本がある。

●食品医学研究所
http://h-and-w.jp/

ショウガと酢のW効果で血管を守る

ショウガを酢に漬け込んで作る「酢ショウガ」には、さまざまな健康効果が期待できます。
私が特に注目するのが、血中脂質や血糖値の改善効果です。

生ショウガに多いジンゲロールという辛味成分は、脂肪や糖質の腸での吸収を抑える働きがあります。
ショウガを取ることで、動脈硬化を促進する血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、血糖値の上昇を抑えることができます。

一方の酢は、酸味の成分である酢酸やクエン酸が、中性脂肪と悪玉コレステロールを減らし、腸からの糖の吸収を遅らせて血糖値の上昇を抑えます。
酢ショウガを食べると、ショウガと酢のダブル効果で、動脈硬化を防ぎ、血糖値の上昇を抑えられるというわけです。

食品の効果を語るには、科学的根拠が不可欠です。
まず、ショウガの脂質改善効果を示す研究を紹介しましょう。

2013年、イランのダブリーズ医科大学のチームは、2型糖尿病の人(58人)を二つのグループに分け、試験を行いました。

一方のグループにはショウガ粉末を1日2g毎日摂取してもらい、一方のグループには同量の疑似食品(偽薬)を摂取してもらって8週間後の血中脂質を調べました。

ショウガ粉末のグループでは、悪玉コレステロール値(正常値140mg/dl未満)の平均が、80mg/dlから68mg/dlに低下し、中性脂肪値(正常値は150mg/dl未満)の平均が、152mg/dlから128mg/dlと正常になりました。

疑似食品を取ったグループでは、当然ながら、これらの変化は見られませんでした。

次に2015年、イランのテヘラン医科大学で行われた研究では、ショウガの血糖値降下作用が明らかになりました。

2型糖尿病の人(41人)を二つのグループに分け、一方にはショウガ粉末を1日2g毎日摂取してもらい、一方には同量の疑似食品を摂取してもらって12週間後の空腹時血糖値とヘモグロビンA1c(1~2ヵ月の血糖値を反映する数値)を調べました。

ショウガ粉末のグループでは、空腹時血糖値(基準値は110mg/dl未満。126mg/dl以上で糖尿病型)の平均が、162mg/dlから142mg/dlに低下。
ヘモグロビンA1cの平均が7.37%(正常値は6.5%未満)から6.6%と、ほぼ正常になりました。

疑似食品のグループでは、空腹時血糖の平均が155mg/dlから157mg/dlに、ヘモグロビンA1cは7.3%から7.32%と上昇しました。

1ヵ月で中性脂肪値や空腹時血糖値が改善

中性脂肪や悪玉コレステロールが高めの人は動脈硬化が起こりやすく、心筋梗塞(心臓の血管が詰まって起こる病気)や脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる病気)などを発症しやすくなります。

血糖値が高い人も、血管が傷みやすく動脈硬化が発症しやすいことから、同様のリスクが高くなります。
血中の脂質や血糖値が高めの人は、薬に頼り切らず、酢ショウガの摂取を含めた食事(高カロリー・高脂肪)習慣の見直しと運動習慣を心がけましょう。

実際に、酢ショウガで中性脂肪値や空腹時血糖値を改善したHさん(60歳・男性)を紹介します。
Hさんは、健康診断で中性脂肪値が142mg/dl、空腹時血糖値が119mg/dlと判明。

酢ショウガを1ヵ月ほど毎日食べたところ、中性脂肪値が86mg/dl、空腹時血糖値が102mg/dlまで下がりました。
劇的な変化に主治医が驚いたそうです。

みなさんも動脈硬化や糖尿病の予防に、ぜひ酢ショウガを役立ててください。
ジンゲロールはショウガの皮の下に多いので、皮はむかずに使います。

酢は、米酢、穀物酢、黒酢、リンゴ酢などから、お好みで選びましょう。
酢ショウガは、1日大さじ1杯程度を、2回に分けて取ることをお勧めします。

「酢ショウガ」の作り方

用意するもの

・ショウガ…200g(市販のもので2~3袋程度)
・酢(穀物酢)…200~300ml(ショウガが浸かる程度)
・ハチミツ…大さじ1
・密閉できる保存瓶

作り方

①ショウガをよく洗い、皮をむかずにみじん切りにする。

②①を耐熱容器に入れ、少量の水(分量外)を加えたあとにラップをし、電子レンジ(600w)で1分30秒ほど加熱する。

③粗熱が取れたら密封容器に移し、酢を注ぎ入れる。

④ハツミツを加えて全体を軽くかき混ぜる。冷蔵庫で一晩漬ければ出来上がり。
※冷蔵保存で2~3週間くらいで食べ切る。

酢ショウガ活用レシピ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

2003年、私たちは、成熟した生のトマトから、トマトサポニンを取り出すことに、初めて成功しました。トマトサポニンが、ステロイドホルモンとして体内に作用した結果、動脈硬化症をはじめ、高血圧症や糖尿病、更年期障害、骨粗鬆症などを改善すると考えられるのです。【解説】野原稔弘(熊本大学名誉教授・薬学博士)


「ごちそうさん」に登場した魔法の水「昆布酒」の作り方と活用レシピ

「ごちそうさん」に登場した魔法の水「昆布酒」の作り方と活用レシピ

連続テレビ小説『ごちそうさん』の中で「魔法の水」として登場した「コンブ酒」。安酒にコンブを入れると、うまみが格段にアップして上等酒に変わる、と紹介されていました。コンブの成分には塩分やコレステロールを排出させる働きがあり健康効果も抜群!昆布酒の作り方とレシピを紹介しましょう。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

コンブに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸には、コレステロールの一部を吸着して、便として排出する作用があります。フコイダンには血栓をできにくくする作用があるため血液がサラサラになり、血管が丈夫になるので、動脈硬化の予防や改善が期待できます。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長)


血栓予防作用がアスピリンと同じ!ニンニクのにおい成分「MATS」の効果

血栓予防作用がアスピリンと同じ!ニンニクのにおい成分「MATS」の効果

ニンニクは、精力がつくといった強壮作用で知られています。一方で独特なにおいが苦手という人も少なくありません。しかし、ニンニクのにおい成分には、さまざまな健康効果があるのです。私たちは、におい成分の一つであるMATSに「血栓の形成を抑制する働き」があることを突き止めました。【解説】関泰一郎(日本大学生物資源科学部教授)


「座りっぱなし」が長い人は要注意!心筋梗塞・脳梗塞を防ぐ運動法

「座りっぱなし」が長い人は要注意!心筋梗塞・脳梗塞を防ぐ運動法

「じっと座ったまま」など、同じ姿勢で動かないでいることを「不活動状態」といいます。この不活動状態を、簡単な運動で適度に中断することが健康維持のカギであることが、明らかになってきています。最適なものの一つが「スワイショウ」という腕ふり運動だと考えています。【解説】塩谷英之(神戸大学大学院保健学研究科教授)


最新の投稿


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)