MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
「酢ショウガ」の効果と作り方 1ヵ月で空腹時血糖値が改善した

「酢ショウガ」の効果と作り方 1ヵ月で空腹時血糖値が改善した

ショウガを酢に漬け込んで作る「酢ショウガ」には、さまざまな健康効果が期待できます。私が特に注目するのが、血中脂質や血糖値の改善効果です。酢ショウガを食べると、ショウガと酢のダブル効果で、動脈硬化を防ぎ、血糖値の上昇を抑えられるます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)

解説者のプロフィール

平柳要(ひらやなぎ・かなめ)
食品医学研究所所長。
東京大学大学院医学研究科修了。ハーバード大学・マサチューセッツ工科大学客員研究員、日本大学医学部准教授などを経て、食品医学研究所を設立。
科学的根拠にもとづいた健康食品の研究、開発に携わる。ショウガ研究の第一人者で、『酢しょうがダイエット健康レシピ』(主婦と生活社)などの本がある。

●食品医学研究所
http://h-and-w.jp/

ショウガと酢のW効果で血管を守る

ショウガを酢に漬け込んで作る「酢ショウガ」には、さまざまな健康効果が期待できます。
私が特に注目するのが、血中脂質や血糖値の改善効果です。

生ショウガに多いジンゲロールという辛味成分は、脂肪や糖質の腸での吸収を抑える働きがあります。
ショウガを取ることで、動脈硬化を促進する血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、血糖値の上昇を抑えることができます。

一方の酢は、酸味の成分である酢酸やクエン酸が、中性脂肪と悪玉コレステロールを減らし、腸からの糖の吸収を遅らせて血糖値の上昇を抑えます。
酢ショウガを食べると、ショウガと酢のダブル効果で、動脈硬化を防ぎ、血糖値の上昇を抑えられるというわけです。

食品の効果を語るには、科学的根拠が不可欠です。
まず、ショウガの脂質改善効果を示す研究を紹介しましょう。

2013年、イランのダブリーズ医科大学のチームは、2型糖尿病の人(58人)を二つのグループに分け、試験を行いました。

一方のグループにはショウガ粉末を1日2g毎日摂取してもらい、一方のグループには同量の疑似食品(偽薬)を摂取してもらって8週間後の血中脂質を調べました。

ショウガ粉末のグループでは、悪玉コレステロール値(正常値140mg/dl未満)の平均が、80mg/dlから68mg/dlに低下し、中性脂肪値(正常値は150mg/dl未満)の平均が、152mg/dlから128mg/dlと正常になりました。

疑似食品を取ったグループでは、当然ながら、これらの変化は見られませんでした。

次に2015年、イランのテヘラン医科大学で行われた研究では、ショウガの血糖値降下作用が明らかになりました。

2型糖尿病の人(41人)を二つのグループに分け、一方にはショウガ粉末を1日2g毎日摂取してもらい、一方には同量の疑似食品を摂取してもらって12週間後の空腹時血糖値とヘモグロビンA1c(1~2ヵ月の血糖値を反映する数値)を調べました。

ショウガ粉末のグループでは、空腹時血糖値(基準値は110mg/dl未満。126mg/dl以上で糖尿病型)の平均が、162mg/dlから142mg/dlに低下。
ヘモグロビンA1cの平均が7.37%(正常値は6.5%未満)から6.6%と、ほぼ正常になりました。

疑似食品のグループでは、空腹時血糖の平均が155mg/dlから157mg/dlに、ヘモグロビンA1cは7.3%から7.32%と上昇しました。

1ヵ月で中性脂肪値や空腹時血糖値が改善

中性脂肪や悪玉コレステロールが高めの人は動脈硬化が起こりやすく、心筋梗塞(心臓の血管が詰まって起こる病気)や脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる病気)などを発症しやすくなります。

血糖値が高い人も、血管が傷みやすく動脈硬化が発症しやすいことから、同様のリスクが高くなります。
血中の脂質や血糖値が高めの人は、薬に頼り切らず、酢ショウガの摂取を含めた食事(高カロリー・高脂肪)習慣の見直しと運動習慣を心がけましょう。

実際に、酢ショウガで中性脂肪値や空腹時血糖値を改善したHさん(60歳・男性)を紹介します。
Hさんは、健康診断で中性脂肪値が142mg/dl、空腹時血糖値が119mg/dlと判明。

酢ショウガを1ヵ月ほど毎日食べたところ、中性脂肪値が86mg/dl、空腹時血糖値が102mg/dlまで下がりました。
劇的な変化に主治医が驚いたそうです。

みなさんも動脈硬化や糖尿病の予防に、ぜひ酢ショウガを役立ててください。
ジンゲロールはショウガの皮の下に多いので、皮はむかずに使います。

酢は、米酢、穀物酢、黒酢、リンゴ酢などから、お好みで選びましょう。
酢ショウガは、1日大さじ1杯程度を、2回に分けて取ることをお勧めします。

「酢ショウガ」の作り方

用意するもの

・ショウガ…200g(市販のもので2~3袋程度)
・酢(穀物酢)…200~300ml(ショウガが浸かる程度)
・ハチミツ…大さじ1
・密閉できる保存瓶

作り方

①ショウガをよく洗い、皮をむかずにみじん切りにする。

②①を耐熱容器に入れ、少量の水(分量外)を加えたあとにラップをし、電子レンジ(600w)で1分30秒ほど加熱する。

③粗熱が取れたら密封容器に移し、酢を注ぎ入れる。

④ハツミツを加えて全体を軽くかき混ぜる。冷蔵庫で一晩漬ければ出来上がり。
※冷蔵保存で2~3週間くらいで食べ切る。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00
主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)
更新: 2019-02-22 18:00:00
マグネシウムは体内では合成できないため、必ず食品から摂取しなければいけない「必須ミネラル」の1つです。現代の日本人の食生活は、カロリーは満たされていても、マグネシウムが足りない『新型栄養失調』状態にあるのです。その結果、糖尿病や脂質異常症、肥満をきたしやすくなるのです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)
更新: 2018-12-31 18:00:00
認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)
更新: 2018-11-12 18:00:00
ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)
更新: 2018-10-20 12:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt