MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
慈恵医大を創設した軍医・高木兼寛は「大麦」の栄養に注目していた

慈恵医大を創設した軍医・高木兼寛は「大麦」の栄養に注目していた

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。大麦は、ビタミンB群やミネラル類を多く含む栄養豊富な食材です。成分の中でも特筆すべきなのが、食物繊維の多さです。【解説】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院 管理栄養士)

軍隊の流行病だった脚気を一掃した大麦

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。

最近、大麦の健康効果が次々と解明されており、注目を浴びていますが、それよりずっと以前、明治のころ、海軍の軍医であった高木兼寛が大麦に着目していました。

というのも、軍隊では、脚気(ビタミンB1欠乏症の一種で、心不全と末梢神経障害を起こす)という病気が流行し、軍隊としての機能が損なわれるほど重大な問題になっていたからです。

高木医師は、脚気の原因を白米主体によるビタミンB不足と考え、白米から大麦入りごはんに変える食事療法を行います。
結果は大成功で、脚気患者は急激に減りました。

この高木医師こそが、当病院の創設者なのです。
大麦は、ビタミンB群やミネラル類を多く含む栄養豊富な食材です。

成分の中でも特筆すべきなのが、食物繊維の多さです。
その量は、玄米の4~5倍。白米との比較では10~20倍もの差となります。

すごいのは量だけではありません。
食物繊維には、水に溶けにくい不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維がありますが、大麦にはその両方が豊富に含まれています。

この2種類の食物繊維の理想的なバランスは「不溶性2に対して、水溶性が1」です。
しかし、水溶性食物繊維を豊富に含む食品が少ないため、ほとんどの人の場合、水溶性食物繊維が不足しているのです。

大麦は、水溶性植物繊維が豊富という珍しい食品です。
そのため、大麦を食事に加えると、食物繊維の理想的なバランスに近づけることができるわけです。

高血圧の予防から肥満や便秘の解消まで役立つ

現在、大麦が注目を集めている理由は、それに加えて「β‐グルカン」と呼ばれる水溶性食物繊維が際立って多いからです。
それでは、大麦のβ‐グルカンの健康効果についてご説明しましょう。

①血糖値の急上昇の抑制
粘性や吸着性があり、胃の中で食物とからまります。

すると食物の消化吸収がゆるやかになり、糖の吸収を抑えます。
その結果、血糖値の急上昇が抑制されるのです。

この効果は、大麦を食べてから半日ほど残るため、朝食で大麦を食べれば、昼食と夕食の血糖値上昇も抑制されるのです。

②コレステロールの低減
余分なコレステロールを吸着し、排泄を促す作用があります。
その結果、コレステロール値を下げる効果も期待できます。

③高血圧の予防
塩分の吸収を抑制し、高血圧を予防する効果があることが、海外の研究によって報告されています。

また、大麦にはカリウムとカルシウムが豊富に含まれていまます。
カリウムは余分な塩分を排泄し、カルシウムは血圧を安定させるので、それらの相乗効果も期待できるでしょう。

④便秘の解消
腸で善玉菌のエサとなります。

すると善玉菌の活動が活発になり、腸内環境が整います。
また、大麦に含まれる不溶性食物繊維も、便の量を増やすとともに、腸壁を刺激して腸の蠕動運動を促してくれます。

⑤免疫力の向上
腸には細菌などから体を守る免疫組織が多く存在しています。
大麦のβ‐グルカンは、腸内環境を整えることで、腸の免疫機能を向上させてくれます。

⑥肥満の予防
小腸で余分な脂肪が吸収されるのを抑制します。
また腹持ちがいいので、おなかも空きにくくなります。

研究では、大麦を1日に3g食べると、これらの効果が得られることが実証されています。
これは、白米に3割の大麦を加えた麦ごはんの場合、お茶わん4杯分の量になります。

毎食、お茶わん1杯の麦ごはんを食べ、残りはおかずに大麦を混ぜて取るとよいでしょう。
大麦は調理に手間がかからないのも長所です。

麦入りごはんなら水の量や浸水時間を守れば、あとは炊飯器で炊くだけです。
おかずに使う場合も、煮物や汁物に大麦をそのまま加えて煮込んだり、フライパンで炒ってサラダにトッピングしたりすればおいしくいただけます。

前述の効果を実感するためには、最低2週間は大麦を食べ続けることをお勧めします。
お通じについては、早ければ3日程度で変化が感じられるでしょう。

実際、患者さんからは「大麦を食べるようになってから、お通じがよくなった」「体重が減ってきた」といった声を多くいただいています。
別の記事では、大麦を使ったお勧めのレシピをご紹介します。ぜひご活用ください。

解説者のプロフィール

濱裕宣
東京慈恵会医科大学附属病院栄養部課長。管理栄養士。医大発のレシピ本が続々と出る中、慈恵医大ならではの特色を生かしたレシピ本といえばこれしかないと思い、企画した『慈恵大学病院のおいしい大麦レシピ』(出版文化社)が大好評となる。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
更新: 2018-10-31 14:06:43
日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)
更新: 2018-08-31 12:00:00
私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
更新: 2018-09-10 15:26:52
目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。血液の質と血流が向上すれば、その好影響は目の症状にも及びます。【監修】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)
更新: 2018-09-28 17:27:08
糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)
更新: 2018-09-11 02:16:43
最新記事
始めて1カ月ぐらいたったころから「やせた?」と聞かれたり「キレイになったね」と言われたりするようになりました。私は嫌な感情が出てくると1日に何度もピンク呼吸をするようにしました。何事も「まぁ、だいじょうぶか!」と気楽に考えられるようになり、仕事や人間関係で悩む回数が減りました。【体験談】夏陽りんこ(声優・32歳)
更新: 2019-03-26 18:00:00
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2019-03-26 10:54:05
おならが止まらない、お腹にガスがたまるガス腹、苦しいですね。たまりすぎると、おなかがパンパンに張ってしまうし、出るガス(おなら)も臭くなります。また、臭いガスにはニトロソアミンなどの発ガン物質が含まれており、大腸ガンの原因になります。【解説】後藤利夫(新宿大腸クリニック院長)
更新: 2019-03-26 10:53:47
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-03-25 18:00:00
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt