医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【慈恵医大式】押し麦を使った「大麦レシピ」で便秘を解消

【慈恵医大式】押し麦を使った「大麦レシピ」で便秘を解消

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。調理が簡単で美味!便秘を解消し免疫力もアップと人気の慈恵医大式「大麦レシピ」をご紹介します。【監修】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院・管理栄養士)


麦ごはんの作り方

【材料】
米7に対し、大麦3の割合で用意する。
※米1合に対して大麦は約60g

【作り方】
①米をいつもどおりに研ぎ、炊飯器に入れて、目盛りに合わせて水加減をする。

②米7に対し、3の割合で大麦を加える。

③加えた大麦の2倍の量の水を足す(※)。

④約30分浸水させてから、炊く。

⑤炊き上がったら、よく混ぜる。
※大麦60gなら、水は120g入れる

ヒジキのサラダの作り方

1人分…141kcal、塩分…1g

【材料】
・押麦………7g
・キュウリ…5g
・コーン缶…5g
・芽ヒジキ…3g
・ニンジン…5g
・A{マヨネーズ…10g、めんつゆ(市販)…5g}
・トッピング{ゴボウ…5g、サラダ油…1g}

【作り方】
①押麦を20分ゆでて、ザルに上げ、流水でぬめりを取る。

②芽ヒジキは水で洗い、5分ほど水に浸してから熱湯で軽くゆで、ザルに上げる。

③キュウリとニンジンは、千切りにする。

④①と②をボウルに入れ、Aを合わせて入れる。

⑤④にキュウリ、ニンジン、コーン缶を入れて軽く混ぜる。

⑥⑤を器に盛り、トッピングに素揚げしたゴボウをのせる。

豆腐ハンバーグの作り方

1人分…241kcal、塩分…0.8g

【材料】
・タマネギ……… 40g
・木綿豆腐……… 60g
・鶏ひき肉……… 30g
・パン粉………… 15g
・塩……………… 0.6g
・サラダ油(全量で)3g
・大葉…………… 1枚
・押麦…………… 10g
・薄力粉………… 4g
・コショウ……… 適量
・付け合わせ{ゆでたブロッコリー…3房、ミニトマト…3個}

【作り方】
①タマネギはみじん切りにし、サラダ油でキツネ色になるまで炒めて冷ます。

②豆腐は水気をよく切る。大葉は千切りにする。
押麦は20分ゆでて、ザルに上げ、流水でぬめりを取る。

③①、②、残りの材料をすべてボウルに入れ、粘りが出るまでよくこねる。

④③を3等分して、空気を抜きながら丸く成形する。

⑤フライパンにサラダ油をひき、④を焼く。
具材がとても柔らかいので、型くずれしないよう、やさしくフライパンに並べる。

⑥片面に焼き目がついたら裏返して、中までしっかり火が通るまで両面を焼く。

⑦⑥を皿に盛り、付け合わせを添える。

ふろふき大根の作り方

1人分…128kcal、塩分…1.2g

【材料】
・大根…………… 100g
・コンブ………… 0.2g
・押麦…………… 10g
・鶏ひき肉……… 20g
・A{赤みそ…10g、砂糖…5g、みりん…2g}
・ユズ…………… 1g

【作り方】
①大根は輪切りにして皮をむく。
輪切りにした片方の断面に、十文字に1/3程度まで包丁で切り込みを入れて、下ゆでをする。

②押麦は20分ゆでて、ザルに上げ、流水でぬめりを取る。

③鍋に①とコンブを入れ、水をヒタヒタに入れて火にかける。
沸騰させないように弱火で30~40分煮る。串がスッと通るまで煮る。

④鶏ひき肉をいため、火が通ったらAを入れ、焦げないように混ぜながら、なめらかになるまで煮立たせる。

⑤④に②と刻んだユズを加えて、麦みその出来上がり。

⑥③を器に盛り、⑤をのせる。大葉の千切り(分量外)をのせてもよい。

解説者のプロフィール

濱裕宣
東京慈恵会医科大学附属病院栄養部課長。管理栄養士。医大発のレシピ本が続々と出る中、慈恵医大ならではの特色を生かしたレシピ本といえばこれしかないと思い、企画した『慈恵大学病院のおいしい大麦レシピ』(出版文化社)が大好評となる。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


大麦 肥満 高血圧 便秘

関連する投稿


「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)


血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)


便秘に効くツボを一気に刺激! 頑固な便秘にも効果「おじぎ腹式呼吸法」のやり方

便秘に効くツボを一気に刺激! 頑固な便秘にも効果「おじぎ腹式呼吸法」のやり方

気功を行えば、自然と腸が健康になります。私は「より即効的に便秘を改善する方法はないか」と、考えました。そして、25年にわたる気功研究の中で考案したのが、今回ご紹介する快便呼吸です。腹部のポイントを指先で押しながら呼吸をすることで、便意を促し、スムーズな排便が期待できます。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


軽い気持ちで始めたら血圧が下がってビックリ! アキレス腱トントン体操の効果

軽い気持ちで始めたら血圧が下がってビックリ! アキレス腱トントン体操の効果

効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)


【酢ニンジン体験談】肥満による高血圧が改善! ふらつきとめまいから解放された

【酢ニンジン体験談】肥満による高血圧が改善! ふらつきとめまいから解放された

酢ニンジンを食べ続けていたところ、月に1~2kgのペースで、体重が落ち始めました。以降もおもしろいようにやせ続け、1年で14kgもの減量に成功!ミセスサイズの13号を着ていましたが、9号が着られるようになったのです。ほとんどの服を買い替えることになりました。うれしい悲鳴です。【体験談】寺門徹子(仮名・主婦・77歳)


最新の投稿


「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

日本の食卓によく並ぶキュウリ。「世界一カロリーが低い野菜」としてギネスブックにも認定されています。そんな低カロリーの中にも、キュウリにはうれしい健康効果が多数秘められているのをご存じでしょうか。実は最近、キュウリには、ホスホリパーゼという脂肪分解酵素が含まれていることが発見されました。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)