【あがり症・夜泣き・多動症】「指つかみ」の効果とは 東日本大震災でも心のケアに活躍

【あがり症・夜泣き・多動症】「指つかみ」の効果とは 東日本大震災でも心のケアに活躍

指つかみは、指をつかむだけという、とてもシンプルな方法ですが、不安、緊張、怒り、悲しみといったマイナス感情を鎮め、全身のエネルギーの流れを整えて、体の不調も解消してくれます。【解説】森田知恵(国際医療スペシャリスト)


海外の医師や看護師から問い合わせがくる

私は、世界中の近代医療に、伝統医学を組み合わせた“統合療法”を、医師や医療関係者に指導する「国際医療スペシャリスト」として活動しています。

私が仁神術の「指つかみ」について知ったのは、10年ほど前のこと。
自然療法を勉強するためにフランスに留学していたときでした。
日本で生まれた仁神術は、戦後にアメリカで発展して、イギリス、ドイツ、フランスなど、ヨーロッパ各国にも広まっているのです。

指つかみは、指をつかむだけという、とてもシンプルな方法ですが、不安、緊張、怒り、悲しみといったマイナス感情を鎮め、全身のエネルギーの流れを整えて、体の不調も解消してくれます。
指つかみはメンタルコントロール法として、また、患者さんの心身を癒す方法として、とても効果的なので、海外の医療関係者からも注目されているのです。

実際、フランス人の医師から、「学会発表で緊張してしまう。あがり症を克服するために、指つかみのやり方を教えてほしい」と頼まれたり、看護師や介護士から「患者さんのケアに使いたい」と問い合わせがあったりして、彼らに指つかみを指導したこともあります。

叫ぶほどの痛みが治まり笑顔が戻った

私も、不調に悩むかたに指つかみを取り入れたマッサージを行って、喜ばれた経験が多くあります。
特に印象的だったのは、イギリスのガン専門病院に行ったときのことです。

末期ガンの患者さんは、耐えがたい痛みに襲われます。
私がマッサージを行った患者さんも、痛みのあまり絶えず叫び声を上げて、夜も眠れない状態でした。

ところが、指つかみを行い、鎮痛作用のある精油をつけて手指をマッサージすると、氷のように冷たかった手がだんだん温かくなり、叫ぶのをやめて「気持ちいい」と言ってくれたのです。
マッサージが終わる頃には顔に血色が戻り、笑顔まで見せてくれました。

翌日、看護師さんはうれしそうに「指つかみを受けたあとは落ち着いて、夜もぐっすり眠られていましたよ」と報告してくれました。

東日本大震災でも指つかみが活躍!

日本で指つかみが注目されるようになった1つのきっかけは、2011年に起きた東日本大震災だと思います。
震災後、私も所属する「国際アロマセラピスト連盟」の認定セラピストたちが、ボランティアとして被災地入りし、被災者の方々にアロマトリートメントを行ったのです。

避難所ではスペースや物資が限られているため、全身のトリートメントを行うのは難しいケースもありました。
そこで、指つかみなどの手軽にできるハンドマッサージを行い、被災者の方々から、たいへん感謝されたと聞いています。

不安や悲しみなど多大なストレスにさらされている、被災者の心のケアに、指つかみはまさに最適だったのだと思います。
手が持つ癒しの力は偉大です。

治療を意味する「手当」という言葉は、もともと、痛いところに手を当てる動作が由来なのです。
最近の研究では、手や指をマッサージすると「愛情ホルモン」と呼ばれるオキシトシンの分泌が増えたり、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が減ったりすることがわかっています。

また、脳の血流がアップするため、認知症の予防にもよいと言われています。

冷たい指に不調が現れる

私が指つかみを行うときは、まず、すべての指をまんべんなく触ってみて、どこが冷たいか、不快感があるか、痛いところはないかをチェックします。

「長期的なストレスや体調不良を抱えている人は、親指が冷たい」
「怒りやイライラ感など、交感神経(※体を活発にさせるときに働く神経。動脈の太さを調整する作用もある)が優位になっている人は、中指が冷たい」
「寂しさや孤独感の強い人は、小指が冷たい」
といった傾向があるのです。

冷えや不快感のある指を、そっと優しくつかみ続けていると、だんだん気持ちが落ち着いていきます。
指つかみは、自分で行うのはもちろん、入院中の人や高齢者、多動で落ち着きがない子ども、うつ傾向の人や不安感の強い人などにしてあげると、とても効果的です。

赤ちゃんの夜泣きも、指つかみを行うとピタリと治まります。
また、家族やパートナーに指つかみをしてあげると、心の絆が深まり、関係性を強化してくれるので、お勧めです。

最後に、人に指つかみを行うときは、最初に両手のひらをすり合わせて、手を温めてから行うと効果が高まってよいでしょう。

森田知恵
「国際医療スペシャリスト」として、統合療法を医師や医療従事者に指導するほか、アメリカ・フランスの医師や研究者と、商品の共同開発や、医療セミナーを行っている。テ㆑ビや雑誌で専門家として医療や美容のコメンテーターを勤める。医療の最先端であるニューヨークやフランス、ドイツで日々発表される学会報告や最新情報などの医学的見地に基づいた健康法は、専門分野からも高い評価を受けている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【男性更年期障害】うつ病との違いは? EDを改善する“筋トレ”と前立腺肥大の治療

【男性更年期障害】うつ病との違いは? EDを改善する“筋トレ”と前立腺肥大の治療

男性にも「更年期障害」があるのをご存じでしょうか。男性の更年期障害は、加齢に伴うテストステロン(男性ホルモンの一つ)の分泌量の低下が主な原因となり、50~60代以降の中高年男性に現れる心と体の不調をいいます。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


【高血圧の予防改善に効果】飲む点滴「甘酒」の効能そのまま!ひんやり甘い“甘酒氷”とは

【高血圧の予防改善に効果】飲む点滴「甘酒」の効能そのまま!ひんやり甘い“甘酒氷”とは

日本で古くから飲まれてきた甘酒が、現在、健康に役立つ食品として脚光を浴びています。便秘の改善や疲労回復、生活習慣病の予防など、さまざまな効果があることがわかってきたのです。甘酒は甘味を楽しみながらおいしく栄養補給して体力向上・健康維持に役立つ優れた食品なのです。【解説】小紺有花(発酵食大学教授・糀料理研究家)


【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

私のクリニックでは、「心を温めること」と「体を温めること」は治療の両輪です。うつ、不眠、適応障害、過食症、引きこもり、パニック障害、不登校など、さまざまな症状の患者さんの治療に、半身浴を取り入れています。半身浴で体を温めることが、精神面でも自己肯定感を高めることにつながります。【解説】於保哲外(オボクリニック院長)


【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

女性の場合、50歳以降に起こる体調不良を、世間一般では更年期と呼びます。しかし私は、定年を迎えた夫が家にいることによるストレスが原因ではないかと考えています。これを、夫源病といいます。読み方は「ふげんびょう」です。上沼恵美子さんの告白で話題になりました。【解説】石蔵文信(大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)