MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
激しい動悸・胸の痛みを抑える「指つかみ」のやり方

激しい動悸・胸の痛みを抑える「指つかみ」のやり方

仁神術は、患者さんの体に手を当てて、東洋医学でいうところの“気”の流れを整え、心身の不調や、体の痛みを治していきます。鍼やお灸といった道具を使わずに行うことができ、治療効果も高いため、私が校長を務める東洋鍼灸専門学校でも、課外授業で学生たちに教えています。【解説】竹内廣尚(東洋鍼灸専門学校校長)

鍼灸の専門学校でも教えられている

私は、仁神術を創始した村井次郎師の弟子である加藤春樹先生(加藤貞樹先生の父)に師事し、仁神術を学びました。
最初の2年間は、東洋医学の基礎を勉強し直すところから始まり、仁神術のすべてを習得するまでに10年以上かかっています。

仁神術は、患者さんの体に手を当てて、東洋医学でいうところの“気”の流れを整え、心身の不調や、体の痛みを治していきます。
鍼やお灸といった道具を使わずに行うことができ、治療効果も高いため、私が校長を務める東洋鍼灸専門学が校でも、課外授業で学生たちに教えています。

「おなかにたまったガスを出す方法」や「熱を下げる方法」など、応急処置として使える手技も多いので、学生からも好評です。
もちろん私も、患者さんへの施術や、自分の健康管理に、仁神術を活用しています。

とりわけ役立ったのは、心臓の痛みを鎮める「指つかみ」です。
これのおかげで、5人の命を救うことができました。

心臓発作の再発が起こらなかった

1人めは、私が往診治療に通っていた家の、高齢の女性です。
ある日、その家で治療していると、隣の部屋から騒ぎ声が聞こえました。

部屋をのぞくと、彼女が胸を押さえ、脂汗をかいて苦しんでいるのです。
即座に私は、加藤先生から教わった指つかみを彼女に行いました。

すると、彼女は大きく息を吐き出し、すぐに脂汗が引いたのです。
落ち着いてからタクシーを呼び、病院に行かせました。

医師から「心筋梗塞(心臓の血管が詰まり、心筋に血液が届かなくなる病気)です。
これでよく助かりましたね」と言われたそうです。

また、彼女は重度の糖尿病で、心臓や腎臓を悪くして入退院を繰り返していました。
「あと10年、生かしてほしい」という願いに応えるため、ご本人や家族に、指つかみのやり方を教え、心臓が苦しくなったときに、実行してもらいました。

結果、それ以来一度も心臓発作を起こすことなく、12年も生き長らえることができたのです。

心臓の苦しさが治まった

2人めは、片道1時間近くかけて電車で通院されていた、男性の患者さんです。
いつも「治療院に通うとき、心臓が苦しい」とおっしゃっていたので、1人めの患者さんと同様、指つかみのやり方を教えました。
この患者さんは毎日、朝昼晩と指つかみを続けるうちに、心臓の苦しさや痛みがすっかり治まりました。

3人めは、狭心症(血流異常で心筋が酸素不足になる症状)の男性です。
夜中に患者さんのご家族から「お父さんが死んでしまう。すぐに来て!」と電話があったので、すぐに駆けつけ、指つかみで応急処置をしました。

4人めは、「胸が苦しい……」と、真っ青な顔でやって来た患者さん。
このかたも、指つかみで楽にしてから、病院に行かせました。
検査結果は心筋梗塞でした。

「指つかみ」のやり方

血管の詰まりを指つかみで応急処置

そして5人めは、私自身です。
私の自宅から最寄り駅までは、徒歩で10分ほどかかるのですが、学校に通勤するとき、いつも駅に着く頃には心臓が苦しくなっていました。

そこで、駅のベンチに座って指つかみを行い、心臓が楽になるのを待ってから特急電車に乗るのが、いつもの日課でした。
3年前の冬、一度きちんと検査を受けておこうと思い、病院で心臓を診てもらいました。

すると、医師から「狭心症のため冠動脈バイパス手術を受けられた、天皇陛下より悪い状態です。
すぐに手術をしないと危ない」と言われるほど、冠動脈が詰まって血流が悪くなっていたのです。

とはいえ、卒業・入学を控えた時期だったので、学校を長期間休むことはできません。
そこで、2泊3日のステント手術を選びました。

手術後は定期的に検査を受けていますが、心臓に問題はありません。
もし指つかみを知らなかったら、遅かれ早かれ心筋梗塞を起こして、命を落としていたと思います。

私や患者さんが行った指つかみのやり方は、上を参考にしてください。
上で紹介した指つかみより、簡単なやり方として、左手の小指と薬指をギュッと強く握る方法もあります。

激しい動悸や胸の痛みに効果的です。
覚えておくといいでしょう。

解説者のプロフィール

竹内廣尚(たけうち・ひろなお)
東洋鍼灸専門学校校長。
柔道整復師、鍼灸師、あん摩・マッサージ師、柔道整復師専門専科教員、鍼灸マッサージ教員。1947年群馬県生まれ。70年に東洋鍼灸専門学校本科を卒業後、75年に竹内鍼灸治療院を開院。81年には同治療院に併設するかたちで竹内整骨院を開設、院長を務める。メディカルトレーナー専門学校教師、東洋鍼灸専門学校助手、講師を経て、2010年より現職。治療や専門学校運営に携わるかたわら、学会発表や講演活動にも精力的に取り組んでいる。

●東洋鍼灸専門学校
https://www.toyoshinkyu.ac.jp/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
脳梗塞や心筋梗塞の予防には、アディポネクチンというホルモンの分泌が重要です。アディポネクチンには、傷ついた血管を修復し、血管のプラークを抑制する働きがあることがわかっています。さらに、アディポネクチンには、インスリンの働きをよくして、糖尿病を防ぐ働きもあります。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)
心不全は、体に炎症を起こすサイトカイン(炎症性生理活性物質)の放出が続いている状態といえます。その炎症が運動によって抑制されることが、最近の研究で明確になっています。「かかと落とし」は、その柱の一つとなっている運動です。【解説】牧田茂(埼玉医科大学医学部教授・同大学国際医療センター心臓リハビリテーション科診療部長)
ニンニクは、精力がつくといった強壮作用で知られています。一方で独特なにおいが苦手という人も少なくありません。しかし、ニンニクのにおい成分には、さまざまな健康効果があるのです。私たちは、におい成分の一つであるMATSに「血栓の形成を抑制する働き」があることを突き止めました。【解説】関泰一郎(日本大学生物資源科学部教授)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)