MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
血流アップで自律神経を整える「おでこ冷やし」の健康効果とやり方

血流アップで自律神経を整える「おでこ冷やし」の健康効果とやり方

「おでこを冷やす健康法」と聞いて、みなさんはどう思いますか? おそらくほとんどの人は「それは、熱を下げる方法では?」と考えるでしょう。しかし、氷嚢でおでこを冷やすと、みなさんが思ってもいないような健康効果が得られるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長)

冷やすほうが血行はよくなる

「おでこを冷やす健康法」と聞いて、みなさんはどう思いますか?
おそらくほとんどの人は「それは、熱を下げる方法では?」と考えるでしょう。

しかし、私が氷嚢でおでこを冷やす「おでこ冷やし」を勧めるのは、そのためではありません。
おでこを冷やすと、みなさんが思ってもいないような健康効果が得られるのです。

実際、おでこを冷やしても熱は下がりません。
むしろ、体が温まってきます。

冷たいシャワーを浴びると、そのときは冷たくても、後でカーッと体が熱くなった、という経験はないでしょうか。
おでこ冷やしもそれと同じで、冷やした後は、体がポカポカしてきます。

これは血流がよくなるからです。
人間の体には、体を常に一定の状態に保とうとする働きがあります。

ですから、体が急激に冷えると、そこを温めようとして、血流がよくなります。
そのため、冷やすとかえって体が温まるのです。

「冷やすと逆に体が温まる」ことを理解していただいた上で、なぜおでこ冷やしが健康によいのか、お話ししましょう。

おでこ冷やしが健康にいい5つの理由

①脳の血流がよくなる
おでこを冷やすと、脳をダイレクトに冷やすことができます。

正確には直接冷やしているわけではありませんが、おでこのすぐ裏には脳(前頭前野)があります。
しかも、おでこは脂肪や筋肉が少なく、髪の毛もないので、脳に直接冷たさが伝わります。

脳を冷やせば、そこに血液を集めようとして血流がよくなり、脳の機能が活発になります。
特に前頭前野は、思考やコミュニケーション、集中力、感情抑制などをつかさどっており、人間が人間らしく生きる上で、非常に重要な部位です。

前頭前野の奥には、「天然の痛み止め」と呼ばれるオピオイドという鎮痛物質や、ドーパミンやセロトニンといった「幸福ホルモン」を分泌するところがあります。
脳の血流がよくなればそれらのホルモンも増えて、痛みの軽減や情緒の安定に役立つと考えられます。

②脳脊髄液の流れがよくなる
脳の血流がよくなると、頭を覆っている頭皮や筋肉がほぐれて、頭蓋骨の動きがよくなります。

それによって、頭蓋骨と背骨の中を循環している、脳脊髄液の流れがよくなります。
頭蓋骨は小さな骨が組み合わさってできています。

骨と骨は「縫合」といって、縫い合わさるように接合しており、その間に小さなすき間が開いています。
それが呼吸や咀嚼に合わせてわずかに動くことにより、脳脊髄液が流れていきます。

しかし、頭皮や頭の筋肉が硬くなると、頭蓋骨が固まって縫合のすき間がなくなり、脳脊髄液が流れにくくなります。
脳脊髄液は、脳や脊髄の神経に栄養を送る大事な液体で、この流れが滞ると、中枢神経だけでなく自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)の働きも悪くなります。その結果、さまざまな不調が出てきます。

③全身の筋肉がゆるむ
筋肉は、筋膜という薄い膜に覆われており、連動して動いています。

頭や顔の筋肉がゆるめば、全身の筋膜や筋肉もゆるんで、体を動かしやすくなり、全身の血流がよくなります。
実際に、おでこ冷やしをした前後で屈伸運動をすると、冷やした後のほうが、明らかに体が柔軟になります。

④肝・腎のツボが活性化する
おでこには大事なツボが集中しており、特に肝経と腎経のツボがたくさんあります。

肝経は目、腎経は耳の機能に関係するツボなので、それらのツボがおでこ冷やしで刺激されると、目や耳の症状が改善します。
また、どちらのツボも下半身の症状によく効くので、腰痛、下肢のしびれ、むくみ、痛みなどを緩和します。

⑤肌の老化を予防する
顔と頭は1枚の皮でつながっています。

ですから、頭の筋肉がゆるめば顔の筋肉もゆるみ、顔の血流がよくなります。
すると、皮膚細胞に酸素や栄養が行き渡り、肌が健康になります。

また、肌の老化は保湿に左右され、水分が減るほど肌は老化します。
しかし、血流がよくなって細胞が水分で満たされれば、肌にハリが出て、シワやたるみなどを抑えられます。

このように、おでこ冷やしにはさまざまな効果があります。
なかでもよく聞かれるのは「ぐっすり眠れるようになった」「腰痛や肩こりが改善した」「冷え症が改善した」というものです。

ほかにも「うつ症状が改善した」「薄毛だったのが、髪の毛が増えてきた」といった喜びの声もいただいています。
試しに、1回やってみてください。終わった後の頭のスッキリ感にビックリするはずです。

脳の血流がよくなる!体が温まる!おでこ冷やしのやり方

POINT
●冷やす時間は1分まで。タイマーなどを使うと便利。
冷やし過ぎは凍傷などのおそれがあるため、厳禁。

●朝晩1日2回行うと効果的。

●入浴前や脳の疾患がある人は行わない。

●保冷枕や保冷剤でも代用可。おでこに密着するものを選ぶこと。

●熱冷まし用のシートは不可。

おでこ冷やしQ&A


Q:おでこ冷やしをやってはいけない人はいますか。

A:脳腫瘍、脳梗塞など脳に病気のある人や、血栓のできやすい人(エコノミークラス症候群や塞栓症など)はやらないでください。
また、おでこ冷やしをした後でお風呂に入ったり、お酒を飲んだりするのは控えてください。
血流が急激によくなり過ぎて、危険な場合があります。



Q:氷嚢が落ちてしまうのですが、手で持ってもいいですか。

A:基本的には、横になって手のひらを上に向け、リラックスした姿勢でするのが、いちばん効果があります。
枕を変えて頭を水平に保ったり、ソフトタイプの冷却枕のようにおでこに密着するものを使ったりなど、落ちない工夫をしてください。
しかし、片手で氷嚢を持っても、やらないよりは、やったほうがずっといいです。



Q:気持ちがいいので何回もやりたいのですが、問題はありませんか。

A:やればやるほど効果があるわけではないので、1日の回数は、2回までにしてください。
血流がよくなり過ぎると、立ち上がったときにふらついたりして、倒れる危険性があります。
また、1分以上続けて冷やすと、凍傷を起こすおそれもあるので、長くても1分までにしてください。



Q:おでこを冷やす氷嚢(ビニール袋)に塩を入れるのはなぜですか。

A:氷でも水の温度は下がりますが、塩を入れるとさらに下がり、氷点下(マイナス1~2℃)になります。
それによって効率的におでこを冷やすことができ、冷刺激も強くなります。
塩はどんな塩でも構いません。



Q:冷却枕(商品名:アイスノンなど)や、熱冷まし用のシートを使ってもいいですか。

A:冷却枕ならいいですが、熱冷まし用シートはおでこの表面しか冷やさないので、あまり効果はありません。
冷却枕を使う場合、おでこに密着するソフトタイプがお勧めです。
大判のもので、なるべくおでこの全面を覆ってください。この場合も、冷やす時間は1分までです。



Q:冷た過ぎて1分も続けられません。どうしたらいいでしょうか。

A:できる範囲でやってください。
また、ティッシュペーパーをおでこに2~3枚のせ、その上から氷嚢を置くと、冷たさが和らぎます。



Q:おでこにニキビやアトピーの症状がありますが、やっても大丈夫ですか。

A:基本的には大丈夫です。
ただ、まれにチクチクしたり痛くなったりすることがありますから、そういうときは様子を見て、症状が落ち着いてからするといいでしょう。



また、上の回答にもあるように、ティッシュペーパーを氷嚢の下にはさんで行うと、刺激が間接的になります。

解説者のプロフィール

小林敬和(こばやし・のりかず)
タンタン整骨院院長。
柔道整復師、頸椎セラピスト。
患者が自分自身の手で不調を根本から改善していくためのアドバイスには定評がある。
著書に『「おでこを冷やす」だけで心と体が元気になる!』(三笠書房)などがある。

●タンタン整骨院
東京都豊島区東池袋2-31-14リヴェール102 号
TEL 03-3590-0556
http://www.tantan-seikotsuin.net/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-01-31 10:12:24
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt