【ダイエット効果】生活習慣病の患者さんたちが2週間で2kg痩せ「酢生姜」とは 私自身も10kg減!

【ダイエット効果】生活習慣病の患者さんたちが2週間で2kg痩せ「酢生姜」とは 私自身も10kg減!

酢ショウガは、ダイエットにも抜群の効果を発揮します。当クリニックで高血圧や糖尿病など、生活習慣病の改善を目的に酢ショウガを食べている患者さんは、平均すると2週間で2kg程度やせています。酢ショウガが肥満解消に働きかけるメカニズムをご紹介しましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


自然に体重が落ちていく

酢ショウガは、ダイエットにも抜群の効果を発揮します。
当クリニックで高血圧や糖尿病など、生活習慣病の改善を目的に酢ショウガを食べている患者さんは、平均すると2週間で2㎏程度やせています。

「生活を全然変えていないのにウエストが細くなりました」「便通がよくなり、おなかがペッタンコになりました」「むくみが取れました」といった患者さんの声は枚挙にいとまがありません。

スルッと3~4㎏やせた人も多いのです。
酢ショウガは、次のメカニズムで肥満解消に働きかけます。

①基礎代謝を高めてやせ体質に
ショウガの辛みの主成分であるジンゲロールとショウガオールは、血流を促進し体温を上げます。

体温が上がると基礎代謝(安静時でも消費されるエネルギー)や消費カロリーも増えて、やせやすい体質になります。

②糖や脂肪の燃焼を促進
酢に多く含まれる酢酸も、ダイエットの味方です。

細胞内のミトコンドリアでは、糖や脂肪を材料にしてエネルギーを作り出す「クエン酸回路」という仕組みがあります。
酢酸は体内でクエン酸に変化し、クエン酸回路の働きをスムーズにします。

酢を取ると、糖や脂肪の消費が促されます。
なお、酢ショウガを作るときにアミノ酸の多い黒酢を使うと、ダイエット効果が高まるのでお勧めです。

③「出せる体」になる
ダイエットの基本は、「余分なものを出す」ことに尽きます。

この点でも酢ショウガは大いに役立ちます。
ショウガの血流促進作用によって腎臓の働きが高まり、尿がよく出るようになります。

また、ショウガの辛み成分には、発汗作用や整腸作用があり、汗や便の出もよくなります。
体内の老廃物をスムーズに排出できれば、肌のくすみや吹き出物の解消など美容効果も得られます。

④むくみ太りを解消
現代人は総じて運動不足で、汗をかかないまま、水分をたくさん取る傾向があります。

このように水はけが悪い状態を漢方で「水毒」といいます。
水毒の状態だと出せるものも出せず、むくみ太りが起こりやすくなります。

酢ショウガは、この水毒を解消し、むくみ太りを撃退します。

ショウガパワーで10㎏やせた!

実は私自身、ショウガで10㎏やせた経験があります。
まだ研修医だった10年前のことです。

当時は、慢性的に睡眠不足で、コーヒーをガブ飲みして夜勤に向かい、「お風呂は面倒だから」とシャワーですませ、疲労の極致の毎日でした。

当然のことながら体は冷え切り、月経が止まり、多汗症、頭痛、肩こり、切れ痔、巨大ニキビ、肌のくすみ、かかとのガサガサ、そして肥満と、あらゆる不調に悩まされました。

「このままの体調が続いたら、将来、子どもを授かれないかも……」という不安もあり、体を温めて、冷えを根本から改善しようと決心しました。
冷え脱出の決め手がショウガです。

酢ショウガやすりおろしたショウガなど、合わせて1日に100~150gのショウガを取りました。
もともとガリが大好物でしたから、おすし屋さんでは、容器に入っているガリを半分以上食べ、家族からは「おすしよりガリばかり食べている」と笑われたほどです。

ショウガを積極的にとるかたわら、冷えたおなかを温めるために腹巻きを一年中着け、毎晩、お風呂にゆっくり浸かるようにしました。
また、筋肉を増やすためにジョギングとスクワットも始めました。

こうしたケアを続けたところ、先にお話ししたように10㎏のダイエットに成功しました。
抱えていた不調はすべて解消し、肌の調子もよくなりました。

今、当時のことを言うと「信じられない」とよく驚かれます。
また、2人の子宝にも恵まれました。

体を温める生活を続けてかれこれ10年。
現在は診療がハードでも疲れがたまらず、気力、体力とも充実した日々を送っています。

健康維持も美容もダイエットも、すべて冷えを取り血流をよくすることが基本です。
酢ショウガをしっかり取って、若さと健康を保ってください。

→酢ショウガの作り方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

片手で次男を抱き、片手で家事をこなす日々が続いたせいで、肩こりだけでなく、腕や腰にも痛みが走るようになり、ズキズキする頭痛まで起こり始めました。足指歩きを始めて半年くらいたった頃でしょうか。「肩がこったな」と感じると、足指歩きをするだけでこりが和らぎ、疲れも取れるようになってきました。【体験談】岩内景子(主婦・38歳)


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

筋肉は、筋膜という薄い膜に覆われており、連動して動いています。おでこ冷やしで頭の血流がよくなり、そこの皮膚や筋肉がほぐれれば、全身の筋膜や筋肉も緩みます。すると体を動かしやすくなるので、結果的に全身の血流がよくなるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長・柔道整復師)


【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

47歳のころ、突然カゼのような症状に襲われました。のどが痛くなり、微熱が続いて、すごく汗をかくのです。寝汗もひどくて、Tシャツを一晩に7〜8枚着替えるほどでした。カゼ薬を飲みましたが、全く改善しません。体がだるくて鉛のように重くなり、ものすごく疲れるのに、眠れなくなったのです。【体験談】川上由衣子(仮名・58歳・主婦)


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


最新の投稿


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)