医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

便が出そうで出ない【残便感の原因】大腸がん・直腸性便秘・内痔核の可能性

便が出そうで出ない【残便感の原因】大腸がん・直腸性便秘・内痔核の可能性

トイレで便を出した後、なんだか出きっていない感じや、お尻に違和感がありませんか?これを「残便感」といい、排便したにもかかわらず便が肛門の奥に残っているような感じがして、「まだ出そう。でも出ない」といった感覚のことを指します。残便感が起こる主な原因は三つあります。ご紹介しましょう。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


解説者のプロフィール

平田 雅彦
平田肛門科医院院長。1953年、東京都生まれ。81年、筑波大学医学専門学群卒業後、慶應義塾大学医学部外科学教室に入局。社会保険中央総合病院大腸肛門病センターを経て、現職。「患者さん本位の親切医療」をめざし、最新の医療技術と心身両面の生活指導を通して、痔の約9割を手術なしで共存するという実績を上げている。著書に『痔の最新治療』(主婦の友社)などがある。

【悩み】トイレで便を出した後も、なんだか出きっていない感じや、お尻に違和感があります。スッキリしないし、何か病気があるのかもと心配です。(60代女性)

まずは内視鏡検査でガンの可能性をつぶす

ご相談のお尻の違和感は、「残便感」と呼ばれるものです。
これは、排便したにもかかわらず、便が肛門の奥に残っているような感じがして、「まだ出そう。でも出ない」といった感覚のことを指します。

残便感が起こる主な原因は三つあります。

①大腸ガンなど腸の病気。
②腸のぜん動運動の異常。
③イボ痔ともいわれる内痔核によるもの。

①〜③はいずれとも、中年以降に起こりやすくなります。
相談者の方は60代ですから、三つの原因を一つずつ探っていく必要があります。

何よりも最初に行っていただきたいのが、大腸ガンのチェックです。

消化器内科か肛門科で大腸内視鏡検査を受け、ガンの有無を調べましょう。
肛門科だと、ガンと肛門を1回でチェックできます。

ちなみに、健康診断で便潜血反応がマイナスであっても、ガンがないとはいえません。
便に異常がなくても、2年に一度は内視鏡検査を受けるようにしたいものです。

ガンなど腸に病気がなかった場合、残便感の原因は②の腸のぜん動運動の異常か、③の内痔核ということになります。
それぞれの対策を説明しましょう。

腸のぜん動運動の異常でいちばん多いのが「直腸性便秘」です。
直腸まで便が達しているにもかかわらず、便意を感じなくなって起こる便秘で、女性に多くみられます。

直腸性便秘の原因には、便意を我慢してしまう習慣があります。
通常、直腸に便が到達すると「便が来た」という直腸の神経反射が起こり、それが脳に伝わります。

すると脳から直腸に「便を出しなさい」と指令が送られ排便を促します。
ところが、家事や仕事などの忙しさにまぎれて便意を我慢する習慣が続くと、脳から直腸に送られる指令が遮断されます。

その結果、直腸に便がたまっても便意を感じなくなり、ぜん動運動も起こりにくくなって便秘になります。
直腸性便秘を解消するには、便意を我慢しないことが重要です。

加えて、朝起き抜けにコップ2杯の水を飲みましょう。
水で胃が急に膨らみ、この刺激が自律神経を通じて大腸に伝わってぜん動運動を起こし、強い便意をもたらします。

朝、ストレッチや体操など軽い運動を行うことでも、腸のぜん動運動が促され便意を起こします。
また、便意を感じたときは、便座にやや前かがみに座ると、便がより出やすくなります。

便意が強くなったところで、軽くいきんで排便します。
ストンと便が出る快便感を覚えておき、トイレに入るたびに思い出しましょう。

気持ちよく便が出せるというイメージトレーニングも、便秘解消に効果を発揮します。

残便感の原因と対策

内痔核は3ヵ月で改善する

もう一つ、残便感の大きな要因となるのが③の内痔核です。
内痔核は、肛門の内部にできるイボ痔(痔核)です。

排便時の強いいきみや座りっぱなし、便秘などが原因で生じます。
痛みは少ないのですが、進行すると排便時に出血します。

内痔核が大きくなると便が出しにくくなり、残便感が起こります。
また、内痔核の腫れが刺激となり、直腸に便がたまっていないにもかかわらず、体が「便があるのではないか」と錯覚して、違和感や残便感につながります。

痔というと、出血や激しい痛みを伴わないと自覚がなかったり、いざとなっても、肛門科や手術への拒否感が先に立つかたも多いようです。
ですが、内痔核の手術の適用は12%程度で、残り88%は3ヵ月間、薬物治療と生活改善を行い、肛門内部の炎症を治めることで改善します。

日常生活の注意点は、1時間以上座り続けないことです。
タイマーを1時間で鳴るようにセットし、アラームが鳴ったら10メートルほど歩きましょう。

これだけでも、内痔核の悪化要因である肛門周辺の血管のうっ血を予防できます。
食物繊維をしっかり取って便を軟らかくすることも大切です。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を半々ずつ取りましょう。
いきまずに排便できるようになります。

食事は、ごはんにみそ、しょうゆ、ぬか漬けなど発酵食品を加えた和食がお勧めです。
腸内の善玉菌を増やすことで便通が整い、肛門内部の炎症を治めることができます。

日常生活の改善で症状が治まることも多いので、できることから心がけてみましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

我が家では、かれこれ1年以上、酢キャベツを食べています。きっかけは、3年前から通っている村上祥子先生の料理教室でした。実際に口にすると、意外なほど食べやすく、「へぇ、こんなにおいしいんだ」と驚いたのを覚えています。半年前からは、降圧剤の服用をやめることができました。【体験談】竹下俊子(79歳・主婦)


糖尿病予防に【干しぶどう酢】が効果!健康寿命を延ばす「レスベラトロール」とは

糖尿病予防に【干しぶどう酢】が効果!健康寿命を延ばす「レスベラトロール」とは

干しブドウには、血圧の上昇を抑えるカリウム、ダイエットや便秘改善作用などを持つ食物繊維なども豊富です。その干しブドウを酢に漬けると、軟らかくなって食べやすくなるうえ、酢の健康効果である高血圧を防ぎ、血管の機能を高めて動脈硬化を防ぐ働きも加わります。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

私は、村上祥子先生の料理教室に通い始めてから、日常的にさまざまな常備菜や保存食を作るようになりました。先生から教えてもらう料理は、どれも手軽に作れておいしいのが魅力。なかでも半年前から食卓に出している酢キャベツは、家族にとても好評です。【体験談】村田佳代子(仮名・62歳・主婦)


腹痛を伴うガス腹・便秘は「腸もみ」で解消!【腸内ガス研究の名医解説】

腹痛を伴うガス腹・便秘は「腸もみ」で解消!【腸内ガス研究の名医解説】

高齢になるにつれ、腸の動きは衰えます。腹痛や便秘だけにとどまらず、腸の機能の低下は免疫力も落とし、それが体全体への悪影響となって現れます。末永く健康を維持するためにも、腸もみをうまく活用するといいでしょう。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長総合診療科教授)


【干しブドウ酢】は2型糖尿病の血糖値を下げる!効能と摂取量の目安

【干しブドウ酢】は2型糖尿病の血糖値を下げる!効能と摂取量の目安

いろいろな果物で作られるドライフルーツですが、なかでも手軽に食べられるのが干しブドウでしょう。それを酢に漬けた「干しブドウ酢」は、ほどよい酸味が加わっておいしくなるうえ、さまざまな健康効果が期待できます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)