便が出そうなのに出ない違和感【残便感とは】 原因は大腸がん・直腸性便秘・内痔核

便が出そうなのに出ない違和感【残便感とは】 原因は大腸がん・直腸性便秘・内痔核

トイレで便を出した後、なんだか出きっていない感じや、お尻に違和感がありませんか?これを「残便感」といい、排便したにもかかわらず便が肛門の奥に残っているような感じがして、「まだ出そう。でも出ない」といった感覚のことを指します。残便感が起こる主な原因は三つあります。ご紹介しましょう。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【悩み】トイレで便を出した後も、なんだか出きっていない感じや、お尻に違和感があります。スッキリしないし、何か病気があるのかもと心配です。(60代女性)

まずは内視鏡検査でガンの可能性をつぶす

ご相談のお尻の違和感は、「残便感」と呼ばれるものです。
これは、排便したにもかかわらず、便が肛門の奥に残っているような感じがして、「まだ出そう。でも出ない」といった感覚のことを指します。

残便感が起こる主な原因は三つあります。

①大腸ガンなど腸の病気。
②腸のぜん動運動の異常。
③イボ痔ともいわれる内痔核によるもの。

①〜③はいずれとも、中年以降に起こりやすくなります。
相談者の方は60代ですから、三つの原因を一つずつ探っていく必要があります。

何よりも最初に行っていただきたいのが、大腸ガンのチェックです。

消化器内科か肛門科で大腸内視鏡検査を受け、ガンの有無を調べましょう。
肛門科だと、ガンと肛門を1回でチェックできます。

ちなみに、健康診断で便潜血反応がマイナスであっても、ガンがないとはいえません。
便に異常がなくても、2年に一度は内視鏡検査を受けるようにしたいものです。

ガンなど腸に病気がなかった場合、残便感の原因は②の腸のぜん動運動の異常か、③の内痔核ということになります。
それぞれの対策を説明しましょう。

腸のぜん動運動の異常でいちばん多いのが「直腸性便秘」です。
直腸まで便が達しているにもかかわらず、便意を感じなくなって起こる便秘で、女性に多くみられます。

直腸性便秘の原因には、便意を我慢してしまう習慣があります。
通常、直腸に便が到達すると「便が来た」という直腸の神経反射が起こり、それが脳に伝わります。

すると脳から直腸に「便を出しなさい」と指令が送られ排便を促します。
ところが、家事や仕事などの忙しさにまぎれて便意を我慢する習慣が続くと、脳から直腸に送られる指令が遮断されます。

その結果、直腸に便がたまっても便意を感じなくなり、ぜん動運動も起こりにくくなって便秘になります。
直腸性便秘を解消するには、便意を我慢しないことが重要です。

加えて、朝起き抜けにコップ2杯の水を飲みましょう。
水で胃が急に膨らみ、この刺激が自律神経を通じて大腸に伝わってぜん動運動を起こし、強い便意をもたらします。

朝、ストレッチや体操など軽い運動を行うことでも、腸のぜん動運動が促され便意を起こします。
また、便意を感じたときは、便座にやや前かがみに座ると、便がより出やすくなります。

便意が強くなったところで、軽くいきんで排便します。
ストンと便が出る快便感を覚えておき、トイレに入るたびに思い出しましょう。

気持ちよく便が出せるというイメージトレーニングも、便秘解消に効果を発揮します。

内痔核は3ヵ月で改善する

もう一つ、残便感の大きな要因となるのが③の内痔核です。
内痔核は、肛門の内部にできるイボ痔(痔核)です。

排便時の強いいきみや座りっぱなし、便秘などが原因で生じます。
痛みは少ないのですが、進行すると排便時に出血します。

内痔核が大きくなると便が出しにくくなり、残便感が起こります。
また、内痔核の腫れが刺激となり、直腸に便がたまっていないにもかかわらず、体が「便があるのではないか」と錯覚して、違和感や残便感につながります。

痔というと、出血や激しい痛みを伴わないと自覚がなかったり、いざとなっても、肛門科や手術への拒否感が先に立つかたも多いようです。
ですが、内痔核の手術の適用は12%程度で、残り88%は3ヵ月間、薬物治療と生活改善を行い、肛門内部の炎症を治めることで改善します。

日常生活の注意点は、1時間以上座り続けないことです。
タイマーを1時間で鳴るようにセットし、アラームが鳴ったら10メートルほど歩きましょう。

これだけでも、内痔核の悪化要因である肛門周辺の血管のうっ血を予防できます。
食物繊維をしっかり取って便を軟らかくすることも大切です。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を半々ずつ取りましょう。
いきまずに排便できるようになります。

食事は、ごはんにみそ、しょうゆ、ぬか漬けなど発酵食品を加えた和食がお勧めです。
腸内の善玉菌を増やすことで便通が整い、肛門内部の炎症を治めることができます。

日常生活の改善で症状が治まることも多いので、できることから心がけてみましょう。

平田 雅彦
平田肛門科医院院長。1953年、東京都生まれ。81年、筑波大学医学専門学群卒業後、慶應義塾大学医学部外科学教室に入局。社会保険中央総合病院大腸肛門病センターを経て、現職。「患者さん本位の親切医療」をめざし、最新の医療技術と心身両面の生活指導を通して、痔の約9割を手術なしで共存するという実績を上げている。著書に『痔の最新治療』(主婦の友社)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【夏の冷え性を防ぐ】生姜の健康効果で夏バテを撃退!「土佐山有機生姜」で作る手作りジンジャーエール

【夏の冷え性を防ぐ】生姜の健康効果で夏バテを撃退!「土佐山有機生姜」で作る手作りジンジャーエール

炎天下の屋外と、クーラーでキンキンに冷えた車内・室内。そのギャップが夏の冷え性の原因です。そこで、冷たくて、ゴクゴク水分補給ができて、でも体はポカポカ温まる―そんなこの時期にピッタリの飲み物「手作り美味ジンジャーエール」を紹介しましょう。ショウガの薬効があなたを守ってくれます。【解説】嶋田葉子(フードコーディネーター)


【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

カカオの有効成分が、血圧をはじめとした血液・血管への影響しているとお話ししましたが、実はそれ以外にも、驚くべき結果が得られました。高カカオ分のチョコレートを食べることで、認知機能が向上する可能性があることが明らかになったのです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


【頭痛のセルフケア】「耳に輪ゴムを巻く」だけの耳ツボ刺激でどこでも不調を解消

【頭痛のセルフケア】「耳に輪ゴムを巻く」だけの耳ツボ刺激でどこでも不調を解消

「耳に輪ゴム」で視力が上がった!不思議と不調や病気が次々改善!全身の健康状態は耳に現れていると言ってもいいでしょう。自分で耳を触ってみて、硬さやゴワゴワした感じがあったり、耳をもんだりすると、痛い部分がある人は注意が必要です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【1円玉療法】ツボ合谷に貼れば老化を予防・歯痛を和らげる効果 88歳の私は毎日実践!

【1円玉療法】ツボ合谷に貼れば老化を予防・歯痛を和らげる効果 88歳の私は毎日実践!

私が30年以上前から推奨する1円玉療法は、鍼治療と同等の効果が期待できる健康法です。そのやり方は実に簡単です。ツボや、痛みやこりなどの症状が出ている患部の皮膚上に1円玉をはり、テープで留めておくだけです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【手相と健康状態】結婚線・生命線・運命線は重要 "手相マッサージ"で病気を改善

【手相と健康状態】結婚線・生命線・運命線は重要 "手相マッサージ"で病気を改善

私は鍼灸師ですが、患者さんの手をひと目見るだけで、体のどこが悪いか、どういう体質なのかがわかります。手相の線やシワ、色ツヤ、肉づきなどから全身の各器官の健康状態が判断できるのです。そして、手相の異常のある部分に、マッサージや鍼灸治療を施します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


最新の投稿


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)