MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【玉ねぎヨーグルトで便秘解消】残便感のあるコロコロ便が治った

【玉ねぎヨーグルトで便秘解消】残便感のあるコロコロ便が治った

私は子どもの頃から便秘症で、お通じは2〜3日に1回しかなく、また、いくらいきんでも硬い便がコロコロッと出るだけなので、スッキリしません。いつも、おなかに残っている感じがありました。そんな慢性便秘が、玉ねぎヨーグルトを食べてしばらくすると、難なく解消したのです。【体験談】岡田菊枝(仮名・42歳・自営業)

慢性的な残便感が解消された

「玉ねぎヨーグルト」で芸能人のかたがやせたり便秘が解消したりしているのをテレビで見て、私も1カ月ほど前から食べはじめました。

 私は子どもの頃から便秘症で、お通じは2〜3日に1回しかなく、また、いくらいきんでも硬い便がコロコロッと出るだけなので、スッキリしません。いつも、おなかに残っている感じがありました。
 そんな慢性便秘が、玉ねぎヨーグルトを食べてしばらくすると、難なく解消したのです。

 朝と夜に玉ねぎヨーグルトを食べていたら、1週間目くらいに気持ちのいいお通じが来たのです。いきむことなく、スルッと、スッキリ出たので驚きました。また、いつものコロコロ便と違って、滅多に見ることのないバナナ便だったのにも驚かされました。

カサカサ肌が潤い指先で触ると気持ちいい

 便秘をしなくなったら、化粧ののりもよくなってきました。前は肌の水分が足りないのか、カサカサと毛羽立っていたので、ファンデーションを塗ると、いかにも「塗っています」という感じでした。でも最近は、肌に密着するようにスーッと伸びるので自然な感じです。指先で肌に触れるとスルッとすべるのが気持ちいいですね。うれしいので、鏡をのぞき込む回数も増えました。

 冷たかった足先も、以前ほど冷えを感じなくなっています。アンカがないと絶対に寝られなかったのですが、最近は、寝ているうちに熱くてふとんの外に蹴り出してしまいます。

 私の場合、玉ねぎヨーグルトをたくさん食べるので、それがよかったのかもしれません。
 玉ねぎヨーグルトは、ヨーグルト1パック(400ℊ)に玉ねぎ1個をスライスして作るのですが、私は1回に4分の1パックを食べるので、2日でなくなってしまいます。
 朝はそのまま食べますが、夜はトマトスープに入れたり、ミートソースにかけたり、大好きなトマト系の料理に加えて食べます。トマトと玉ねぎヨーグルトは特に相性がいいと思います。違和感なく、おいしく食べられるのでお勧めです。

 また、「玉ねぎヨーグルトを食べると、“やせ酸”の働きで、過食が抑えられる」という話も聞きましたが、自分の感覚として、たしかにそのとおりだと思います。以前は、過食グセと言いますか、食べ過ぎてしまってから後悔するようなことがよくありました。でも今は、そういったこともなくなってきました。

バナナのような便がいきまずにスルッと出せた

腸内の善玉菌が増えて頑固な便秘が解消した好例(元東京大学医学部講師・医学博士 齋藤嘉美)

玉ねぎとヨーグルトはともに、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。その結果として、腸の蠕動運動が活発になり、頑固な便秘も解消したのでしょう。玉ねぎの薬効によって血流が促進されると、冷えも改善すると考えられます。

さいとう よしみ
1932年、東京都生まれ。東京大学医学部卒業。東京大学医学部講師、文京第一医院院長を経て、現在は介護老人保健施設むくげのいえ施設長。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
人間本来の解毒作用による毒素の排出は、75%が便からで、20%弱が尿からといわれています。残りが汗、毛髪、爪からの排出です。ですから、健康を考える上で「便をスムーズに出す」ことは非常に重要だといえるのです。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)
食べ始めて4日ほどたった頃、劇的な変化がありました。1日おきだったお通じがなんと1日2回になったのです。朝食をとると、すぐトイレに行き、日中にもう1回お通じがあります。便秘解消のおかげか、吹き出物がなくなり、肌がきれいになりました。また、寝起きに起こっていた鼻づまりもなくなりました。【体験談】藤田久美子(主婦・60歳)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)