医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【野菜スープの効能】シミや老人斑が薄くなった 名医がその効果を実感

【野菜スープの効能】シミや老人斑が薄くなった 名医がその効果を実感

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


解説者のプロフィール

富永祐民
1937年、兵庫県生まれ。1962年、大阪大学医学部卒業。米国メリーランド大学医学部准教授、愛知県がんセンター研究所疫学部長などを経て、2001年、愛知県がんセンター総長に就任。2003年、同上退職、名誉総長。日本における疫学研究・予防医学の先達で、主に循環器やがんの疫学に長く取り組む。日本癌学会会長、日本がん予防学会理事長、日本疫学学会会長なども歴任。

科学的根拠のある野菜スープ

「おや、これはおもしろい」1995年のある日、私は当時、愛知がんセンター研究所長を務めていたのですが、熊本大学医学部教授(現名誉教授)の前田浩先生から、『野菜はがん予防に有効か』(絶版)の著書を贈っていただいたのです。
私の専門は疫学です。

疫学とは、病気や健康状態について広い地域や多数の集団を対象とした調査を行い、その原因や発生状況を統計学的に明らかにする学問で、「病気の予防」を大きな目的としています。
それだけに、本のタイトルにある「がん予防」という言葉に惹きつけられたのです。

さっそくその本を読んだところ、「野菜類を煮てスープにすると、活性酸素を消去する抗酸化作用が増強し、がんや老化の予防には、生野菜よりも有効」という内容が書かれていました。
活性酸素は、私たちが生きている限り、体内で発生する有害物で、がんをはじめとするさまざまな病気や老化を進める主因となります。

前田先生のご著書では、その活性酸素から身を守る方法として、野菜スープという身近なものを勧めていたのです。
しかも、その裏付けとなる実験結果などの科学的根拠がしっかり記載されていました。

私は「すばらしい本だ」と感激し、以後、講演会など、いろいろな機会にこの本を勧めるようになりました。
同時に、自分でも野菜スープをとりはじめたのです。

「自分にとって食べやすく、しかもおいしい方法でないと続かない」と思ったので、私は知恵を絞り、「鍋物」として野菜スープをとることにしました。
私は鍋物が大好きで、当時も今もよく食べます。

鍋物にハクサイ、ダイコン、ニンジンなどの野菜をたっぷり入れて煮込み、汁ごととれば、すなわち野菜スープになります。
そこで、週のうち5日くらいは鍋物を食べるようにしました。

しょうゆやみそで味つけすると塩分をとり過ぎるので、味はつけずに水炊きにします。
私も妻も、ふだんから塩分は極力とらないようにしていて薄味に慣れているので、そのままでもじゅうぶんおいしく食べられます。

こうして夕食で、汁ごと3分の2ほどを食べ、残りの3分の1は翌朝食べるようにしました。

野菜スープで白内障が消えた?

そんなふうに野菜スープをとっていたところ、2004年になって、野菜スープにまつわる耳寄りな情報を知りました。
この年、福岡で開かれた日本癌学会の懇親会に出席したところ、たまたま同じテーブルにおられた九州大学名誉教授の倉恒匡徳先生が、「前田教授の勧めにしたがって野菜スープを飲んでいたら、白内障が改善しましたよ」とおっしゃったのです。

我が身を振り返ると、その10年ほど前、私も人間ドックで白内障を指摘されていました。
しかし、日常生活に支障がないので、そのまま放置していたのです。

通常、何の対策もしないで10年もたてば、白内障が進んで徐々に視界がかすんでくるものです。
ところが、まったくその気配はありません。

私は、白内障と診断されたあとに、前田先生の本を読み、鍋物スタイルで野菜スープをとり始めたので、「倉恒先生と同じように、自分の白内障も消えてしまったのではないか」と考えました。
少なくとも進行していないのは野菜スープのおかげだと思い、ますます熱心に野菜スープを飲むようになりました。

鍋物スタイルは続けつつ、それと別に、朝も野菜スープを飲むようになったのです。

スープのだしも手作り

野菜スープはいつも妻が作ってくれるのですが、上の写真はその一例です。
作り方は以下の通りです。

我が家では、だしも手作りです。

●だしの作り方
1リットルほどの水に、5cm角のコンブ2枚、干しシイタケ2枚、頭と腹を除いた煮干し5~6尾を入れて一晩おく(このだしはスープを作るときに使う)。

●野菜スープ(鍋)の作り方
①朝、500mlほどのだしと、コンブなどのだし殻も一緒に鍋に入れる。

②ダイコン、ニンジン、タマネギ、サニーレタス、ネギ、チンゲンサイ、ダイコン葉などを入れてじっくり煮る。
材料は日によって違うが5種類ほどの野菜をたっぷり入れる。

厚揚げなどを加えることもある。
10分ほどかけて煮る。
煮るというより煎じる感じ。

③小鉢に取り分け、そのまま味つけしないで食べる。
コンブなどの塩分があり、野菜のうま味もたっぷり出ているので、調味料を加えなくても、そのままおいしく食べられます。

味が薄いと感じる人は、ごく少量のしょうゆを垂らしてもいいでしょう。
我が家には、塩分のとりすぎを避けるため、昔からみそは置かず、みそ汁も飲む習慣がありません。

この野菜スープを、朝のみそ汁代わりに飲んでいます。

シンプルでおいしいから続けられる

この野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。
「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。

ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。
鏡を見ると、自分でも薄くなったのがはっきりわかります。

男性でも、シミが薄くなるのはやはりうれしいものです。
白内障の症状も、引き続き出ておらず、視界はクリアそのものです。

そればかりか、老眼も進んでおらず、裸眼で不自由なく新聞を読めます。
おまけに歯は1本も抜けてなく、すべて自分の歯です。

一緒に野菜スープを飲んでいる1歳年下の妻も同様で、白内障も老眼もなく、親知らず以外の歯は全部残っています。
毎年の健康診断では、医師から、「このお年にしては驚くほど異常なしですねえ」と、ちょっと悔しそうに言われます。

私は医療機関とは無縁です。
妻は軽度の生活習慣病があり、ときどき通院していますが、それでも年齢の割には元気なほうだと思います。

これは野菜スープのおかげが大きいと考えています。
もちろん、健康維持には食事だけではダメで、夫婦で1日8000歩を目安に歩くとともに、太極拳も行っています。

「良薬口に苦し」と言いますが、野菜スープはおいしくなければ続きません。
それも、1回や2回おいしいのではダメで、毎日おいしく食べられることがたいせつです。

じっくり煮込んだ野菜スープは、シンプルですが、ほんとうにおいしく、無理なく続けられます。

富永祐民先生の野菜スープの作り方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)


「脳マッサージ」で顔はここまで変わる!  雑念が消えてスッキリ前向きに

「脳マッサージ」で顔はここまで変わる! 雑念が消えてスッキリ前向きに

上司のイライラした様子や、昔、よく目にした母のつらそうな表情などの断片が浮かんでは消え、頭の中は常にザワザワしていた状態でした。そのため頭が休まるときがなかったのです。脳マッサージを受けた瞬間、頭の中を騒がせていた雑念がすっかり消え、無になりました。【体験談】森若奈(会社員・45歳)


【ぶどうの皮】食べる? 食べない? 皮と種の栄養まで丸ごと摂取する食べ方はコレ

【ぶどうの皮】食べる? 食べない? 皮と種の栄養まで丸ごと摂取する食べ方はコレ

多種類の抗酸化物質を多く体に備えておくほど、アンチエイジングに役立ちます。そのために、ブドウは最適な食品です。その作用を十分に生かすには、ちょっとした食べ方のコツが必要です。それは、「できるだけ皮や種も一緒に食べる」ということです。【解説】渡辺光博(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授・医学部兼担教授)


言い訳だらけの人生に決別できた「脳マッサージ」顔の印象も明るく変化!

言い訳だらけの人生に決別できた「脳マッサージ」顔の印象も明るく変化!

わかったのは、私が「言い訳だらけの人生」を送ってきたということでした。うまくいかないことがあると、「親のせいだ」「お金がないせいだ」と、常に何かのせいにし、被害妄想の意識にとらわれて生きたのです。【体験談】伊藤千恵(セラピスト・50歳)


最新の投稿


「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

日本の食卓によく並ぶキュウリ。「世界一カロリーが低い野菜」としてギネスブックにも認定されています。そんな低カロリーの中にも、キュウリにはうれしい健康効果が多数秘められているのをご存じでしょうか。実は最近、キュウリには、ホスホリパーゼという脂肪分解酵素が含まれていることが発見されました。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)