【ダイエット】私は「耳ひっぱり」で体重9kg ウエスト10cm減!美容にも役立つと患者さんにも好評

【ダイエット】私は「耳ひっぱり」で体重9kg ウエスト10cm減!美容にも役立つと患者さんにも好評

私が「耳ひっぱり」を知ったのは、飯島敬一先生が主催する「神門メソッド」の体験会がきっかけでした。神門メソッドは、耳をひっぱることで、耳にある神門というツボを刺激します。自分で体験してみて、神門を刺激する効果のすばらしさに感動しました。【解説】土肥雪彦(医療法人あかね会土谷総合病院 顧問・広島大学名誉教授)


土肥雪彦
1960年、広島大学医学部卒業。広島大学医学部教授(第2外科学)、広島大学医学部附属病院長、日本肝移植研究会会長などを経て、2006年より現職。日本における透析医療、臓器移植医療の先駆者。広島大学名誉教授。

耳ひっぱりの即効性に驚嘆した

私が「耳ひっぱり」を知ったのは、飯島敬一先生が主催する「神門メソッド」の体験会がきっかけでした。

神門メソッドは、耳をひっぱることで、耳にある神門というツボを刺激します。
自分で体験してみて、神門を刺激する効果のすばらしさに感動しました。

耳ひっぱりを行うと、その場で体の柔軟性がアップして、前屈をすると指先が床まで届くようになるのです。
さらに、特殊な顕微鏡で指先の血管を観察すると、末梢の毛細血管が広がり、血流がよくなるのが一目瞭然です。

そのほか、気分がリラックスしたり、視界が明るくなったりと、即効性もあります。
感動した私は、耳ひっぱりを毎日実行することにしました。

当時の私は、肥満と高血圧を抱えていました。
学生時代は54kgだった体重は66kgまで増え、ウエストは92cmと、すっかりメタボ体形でした(身長は162cm)。

原因は、ストレスからくる食べ過ぎです。
ステーキ300gを平らげたり夜食をとったりと、食生活が乱れていたのです。

血圧は、最大血圧が150㎜Hgくらいありました(正常値は140㎜Hg未満)。
ところが、耳ひっぱりを日課にしてからは、気持ちが穏やかになり、イライラや癇癪を起こすことが激減したのです。

食欲が正常化し、食事内容も、玄米や野菜、魚を中心とした健康的なものに変わりました。
その結果、2ヵ月で体重が5kg落ち、半年後には9kgも減って57kgに。

ウエストは10cmも細くなりました。
現在も、このベスト体重をキープし、血圧も120㎜Hg前後の正常値に戻り快調です。

不調を癒す方法として取り入れ効果があった

自分で効果を実感した私は、患者さんの治療にも、耳ひっぱりを取り入れることにしました。

私は長年、腎臓や肝臓の移植、消化器外科を専門にしてきましたが、現在は広島市内にある土谷総合病院で、セカンドオピニオンや医療相談外来を担当しています。

外来には、進行ガンの患者さんや、腎移植術後の人、人工透析を受けている人などを中心に、さまざまな人が相談にいらっしゃいます。
慢性疾患を患う人は、必ずと言っていいほど、心身のストレスを抱えています。

ストレスから精神的に不安定になったり、腹痛や食欲不振、体調不良などの不定愁訴に悩まされたりしている人が少なくありません。

そこで私は、患者さんたちの心身の不調を癒すために、呼吸法や気功、ツボ刺激など西洋医学以外の代替療法を学び、自分でできるヒーリング方法を指導しています。

そうしたセルフ・ヒーリングの仕上げに耳ひっぱりを取り入れたところ、とても効果が上がるようになったのです。

指が不自由な人には耳もみがお勧め

耳ひっぱりの効果として、多くの患者さんがおっしゃるのは、「気分がゆったりして、イライラや不安が治まる」ことです。

「食事がおいしくなった」「お通じが改善した」「肩こりや腰痛など体のこりがやわらいだ」「よく眠れる」といった感想も多く聞かれます。

こうした心身の変化が起こるのは、耳ひっぱりで自律神経のバランスが整う、そして同時に内分泌や免疫能までも活性化するためだと考えられています。

自律神経には、緊張状態をもたらす交感神経と、リラックス状態をもたらす副交感神経があります。
加齢で副交感神経機能は低下し、ストレスにさらされていると交感神経が過剰に働くようになります。

すると、血流が悪くなり、内分泌や免疫能まで落ちてきますから、イライラや不安、不眠や冷え、食欲不振など多くの不調につながります。

耳ひっぱりで神門のツボや周辺の知覚神経ネットワークが刺激されると、その情報は脳幹の視床下部などを活性化します。

その結果、動眼神経、顔面神経や迷走神経など多くの副交感神経の働きが高まり、自律神経のバランスが整うのです。
それに加えて内分泌・免疫能まで改善されますから驚きです。

指が不自由だ、耳ひっぱりは痛いという人には耳もみがお勧めです。
右のように親指をあごの後ろ、中指を神門に、小指をこめかみに当てて小さく1~2分ほどゆらすとよいでしょう。

心身の不調が取れ、しかも「小顔になった」、「顔のリフトアップによい」と女性患者さんたちに好評で「美しく健やか・メソッド」と呼ばれています。

耳ひっぱりは心身を癒し、美容と元気増進に役立つすばらしいセルフケア法です。
ぜひ、日々活用していただきたいですね。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


最新の投稿


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)