医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【頭痛の改善方法】痛みを自分でコントロールする「頭痛日記」のつけ方

【頭痛の改善方法】痛みを自分でコントロールする「頭痛日記」のつけ方

頭痛が起こると、なかなか我慢できずに鎮痛剤に頼ってしまいがちです。しかし、薬で病気は根治できません。どうして自分の頭痛が起こっているのか、原因を把握し、起こらないように対処することが大事です。【解説】山田洋司(梅ノ辻クリニック院長)


→【前の記事】頭痛改善に役立つ食事

適切に対処すれば頭痛は必ずよくなる!

 近年の調査によると、国民の3~4人に1人が、慢性的な頭痛に悩まされています。症状を抱える人の多さから考えると、まさに国民病ともいえます。

 それにもかかわらず、頭痛は社会的に「病気」とは認知されていません。そのつらさはなかなか理解してもらえず、患者さんは市販の鎮痛薬を飲んで、痛みが治まるまで耐えるしかないのです。読者の皆さんにも、こうした状況が、当てはまるのではないでしょうか。

 しかし、それは一昔前までの話です。今は、全国に頭痛外来が存在し、頭痛専門医による的確な診断と治療が受けられるのです。ところがこうした医学の進歩を知らないまま、あきらめている人も少なくありません。
 頭痛は、適切に対処すれば必ずよくなります。私は常に、患者さんにそう説明し、問診票や診察時の聞き取りによって頭痛の原因を探り、個々のケースに最も効果的な治療法を選択するよう努めています。

 習慣性頭痛は、一般的には、
❶片頭痛
❷緊張型頭痛
❸群発頭痛
の3タイプに大別されます。

 ①は、片頭痛といっても、頭の片側が痛いとは限りません。薬を飲まないと、数時間から数日間、ズキズキとする拍動性の痛みが続きます。頭を振ったり体を動かしたりすると痛みが増し、光や音に過敏になり、吐き気を伴うこともあります。
 こうした頭痛を、おおむね5回以上くり返している場合、片頭痛と診断されます。比較的、女性に多く見られます。片頭痛には、トリプタン製剤がよく効きますが、これは医師の処方なしには入手できません。

 ②の緊張型は、筋肉が持続的に緊張することで起こる頭痛です。「頭の両側が締めつけられるような痛み」と形容されますが、症状は比較的軽度。筋肉を緩める体操や姿勢の改善も有効ですが、心因性のストレスによるケースも多くあります。

 ③の群発頭痛は、頭痛のなかでも痛みの強さは横綱級。ある一定期間、例えば1~2ヵ月、ほぼ連日、片目の奥をキリでもまれるような激烈な痛みが続きます。しかし、この群発期が過ぎると、1~2年は発症しないという、特殊な頭痛です。男性に多く見られますが、群発頭痛の患者数は、片頭痛の10分の1にも満たないほど少数です。このタイプにも、トリプタン製剤の注射が、痛みの緩和に効果を発揮します。

 こうした頭痛のタイプは、国際頭痛分類という基準に照らして診断されます。この分類法は長年にわたる頭痛の知見が蓄積された結実であり、治療にも結びつく重要な診断基準です。

 しかし、この基準は、頭痛を二百種類以上に細かく分類しています。実際の臨床現場では、片頭痛と緊張型頭痛の鑑別が難しい患者さんや、発症する回数の多い患者さんの診断に迷うこともあります。

 そこで、これまでの基準を大切にしながらも、診断の正確さはひとまず横におき、臨床上の治療のしやすさという観点から頭痛を大まかに分類する方法があればよいと考えてきました。

重症度を知るためにダイアリーが役立つ

 一般に、頭痛の重症度は発生頻度の高さに比例するといえます。つまり、同じ「片頭痛」という診断でも、その発生回数が年に数回程度の人と、月の半分以上起こる人を比べたら、後者のほうが、圧倒的に重症です。

 この点を重視して考えた結果たどりついたのが、頭痛を頻度によって第1層から第4層までに分ける、新しい分類です。

 第1層には、習慣性ではない一時的な頭痛が入ります。ここにはさまざまな頭痛が含まれ、ときには脳や神経の重大な病気が発見される場合もあるので、注意が必要です。
 第2層以上は、慢性頭痛を、発症日数に応じて区分しています。1ヵ月に発症する日数が多いほど重症というわけです。

 これにより、患者さんは、自分の頭痛がどの程度なのか、理解しやすくなります。例えば、月に20日も頭痛が起こっていたのが、5日に減ったとしたら、第4層から第3層に改善したことが、客観視できます。

 一方、医師の側からしても、この基準は有用です。頭痛の頻度が高い第3層以上の患者さんには予防薬を処方するなど、治療方針の検討材料になります。

 患者さんの頭痛について詳しい情報を得て、4層のうちのどこに当てはまるかを私が診断するうえで、重要なのが、「頭痛ダイアリー(日記)」です。
 頭痛ダイアリーは、日本頭痛学会が推奨する様式がよく使われており、学会のホームページからダウンロードできます。
 私はこれに、より使いやすくなるよう工夫を加え、1ヵ月単位のカレンダー形式を考案しました。実際の治療に、大いに活用しています。

重症者ほど日記による生活の振り返りが不可欠

 初診の患者さんには、この頭痛ダイアリーを6ヵ月分綴った冊子を、1部お渡しして、頭痛の記録をつけていただきます。
 すると、ご自身が思っていた以上に頭痛の回数が多かったり、市販の鎮痛薬を飲み過ぎていたりといった、意外な実態が明らかになります。

 また、記録をつけることで、どういったときにどんな頭痛が起こるのか、傾向を知ることができます。寝不足や悪天候、生理など、頭痛の原因がわかれば予防が可能になり、頭痛を回避できるのです。

 ダイアリーへの記入を数ヵ月続けたら、自分の頭痛はどの程度のものなのか、分類区分に照らしてみてください。
 私のクリニックでは、第3層以上の患者さんには、トリプタン製剤などの治療薬と、予防薬の併用を検討し始めます。頭痛の予防には、抗てんかん薬や、高血圧の治療に使われるカルシウム拮抗薬の一種などが有効です。保険も適用されます。
 第4層になると、薬による治療に加え、生活全般の振り返りが欠かせません。市販の鎮痛薬の使い過ぎ、職場や家庭でのストレス、嗜好品を含めた食事など、さまざまな要因が複雑に絡んでくるためです。

 記入した頭痛ダイアリーは、病院を受診する際に持参すると正確な診断と治療に、大変役立ちます。ぜひコピーしてお使いください。

解説者のプロフィール

山田洋司
梅ノ辻クリニック院長(高知市)。日本頭痛学会専門医。日本脳神経外科学会専門医。1981年、神戸大学医学部卒業後、複数の病院に勤務し数多くの手術を手がける。90年、梅ノ辻クリニックの前身の長尾病院に脳神経外科医長として着任。2001年より現職、04年に頭痛外来を開設。著書に『頭痛が治る、未来が変わる!』(三宝出版)がある。

●梅ノ辻クリニック
高知市梅ノ辻8番7号
TEL 088-833-4580
http://www.umenotsuji-cl.jp/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


偏頭痛 頭痛

関連する投稿


 沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

なんとかして、頭痛やめまいを解消できないものかと考えていました。そんな私が試したのが、「トマトジュース」です。沖縄は特に女性が長寿です。知り合いの94歳のおばあちゃんが、長寿の秘訣として勧めてくれたのがトマトでした。できるだけたくさんとるのが、健康長寿に役立つというのです。【体験談】城田玉枝(仮名・主婦・67歳)


低気圧でひどくなる頭痛が消失! 10年間持ち歩いていた頭痛薬が不要になった

低気圧でひどくなる頭痛が消失! 10年間持ち歩いていた頭痛薬が不要になった

常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)


「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

皆さんは、1日のうちに私たちが何回呼吸しているかご存じでしょうか。1日、およそ2万回になります。ふだんは無意識に行っているこの2万回の呼吸のうち、例えば、100回をちょっと意識して行うだけで、体が変わってきます。【解説】帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


薬の副作用による頭痛と吐き気が止まった!私の「爪もみ」体調管理術

薬の副作用による頭痛と吐き気が止まった!私の「爪もみ」体調管理術

42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)


最新の投稿


なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

関口先生とは、日ごろから治療に関する情報交換をしているのですが、「手首押しには、脳に働きかけて、こわばった筋肉を軟らかくほぐす効果があるのではないか。非常によい治療法だと思う」と話しました。以来、手首押しを、私の患者さんの治療にも応用しています。【体験談】橋本芳保(橋本接骨院院長・68歳)


スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

体の平衡感覚をつかさどっているのは、耳の内耳にある三半規管と脳の小脳です。首の不具合によって、バランスをとるこれらの器官への血流が悪化して、めまいが起こりやすくなります。姿勢をよくして前に突き出た頭を元に戻し、首への負担を減らせばいいのですが、これがなかなか難しいのです。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

少し飲み物を飲むとすぐトイレに立ちたくなります。自分では「ミルク飲み人形みたいね」なんて笑い話にしていました。しかし内心では恥ずかしくて、なんとかしたいと思っていました。11円スリッパを毎日はいていたら、あれだけわずらわしかった尿意を、最近は忘れることもしばしばあります。【体験談】桜田陽子(仮名・63歳・主婦)


理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

枕が合わず寝ても首が緊張していると、肩や首のコリ、手や顔のしびれなどの症状が起こりやすくなります。また「熟睡できない」「夜中や早朝に目が覚める」など、さまざまな症状に悩まされるようになります。玄関マットとタオルを使うと医学的に見て最も理想的な睡眠姿勢が取れる枕を作ることができます。【解説】山田朱織(16号整形外科院長)