MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【緊張型頭痛を改善】吐き気を伴う片頭痛にも効く「首ユラユラ体操」の効果

【緊張型頭痛を改善】吐き気を伴う片頭痛にも効く「首ユラユラ体操」の効果

頭痛を訴える患者さんは、首や肩周りの筋肉がひどくこっています。首が前に出て肩や背中が丸まった悪い姿勢が原因です。筋肉が緊張し頭部へと通じる血管や神経が圧迫されて起こるのです。個人の見解ですが、慢性頭痛の原因は、脳への酸素と血流不足ではないかと思っています。【解説】立林幸汰(徳永接骨院・淵野辺院院長)

頭痛専門整体が考案した「首ユラユラ体操」とは

 私の治療院では、昨年の秋から、「頭痛専門整体」のコースを設けました。さまざまな症状の患者さんがいらっしゃるなかで、頭痛の訴えが多いことに気がついたのが、きっかけです。
 実は私自身も、小学生のころから頭痛持ちでした。2~3ヵ月に1度、めまいを伴うひどい頭痛に悩まされていたのです。

 原因は不明のままでしたが、治療家を目指すようになってから、仲間どうしで施術を試し合うようになり、自然と治りました。そうした経緯があるので、頭痛持ちの患者さんのつらさはよくわかります。
 幸い私どもの施術は好評で、皆さん晴れ晴れとした表情でお帰りになられます。ただ、しばらくすると、また頭痛が起こってしまうのです。

 そこで、施術内容を患者さんが再現できるようアレンジした簡単なセルフケア法を考案しました。それが、今回ご紹介する「首ユラユラ体操」です。やり方は、下の図のとおりです。
「今すぐこの頭痛をなんとかしたい、というときに実践すると症状が軽くなる」と、多くの患者さんに喜んでいただいています。また、毎日行うことで、頭痛が起こりにくくなる、予防効果もあります。

 首ユラユラ体操では、あおむけになった状態で、頭をゆっくりと左右に倒します。実際の施術でも、ベッドに寝た患者さんの後頭部に治療者が両手を差し入れ、同様の動きをします。

 この体操を行うことで、首や肩周りの、かたくなった筋肉がほぐれます。すると、頭部への血流や神経の流れがよくなり、痛みが治まるのです。
 首ユラユラ体操が効果を発揮するのは、筋肉の緊張により起こる緊張型頭痛だけではありません。吐き気を伴い光や音に敏感になる片頭痛がよくなった患者さんも、おおぜいいらっしゃいます。

10年来毎日悩まされた頭痛がすっかり解消!

 頭痛を訴える患者さんは、たいてい、首や肩周りの筋肉がひどくこっています。
 これは、元をたどれば、首が前に出て肩や背中が丸まった、悪い姿勢が原因です。こうした姿勢が習慣化すると、筋肉が緊張し、頭部へと通じる血管や神経が圧迫されてしまうのです。

 脳が正常に機能するためには、大量の酸素と新鮮な血液が必要です。これは個人的な見解ですが、重大な病気が隠れている一部の頭痛を除けば、慢性頭痛の原因は、脳への酸素と血流の不足ではないかと思います。
 だからこそ、緊張型頭痛にも片頭痛にも、首ユラユラ体操が有効なのでしょう。

 実践に当たり、いくつか注意点があります。
 体操を行う間、両手の指を首の横に添えますが、これは首の筋肉がきちんと動いていることを確認するためです。指圧が目的ではないので、指先で首を押す必要はありません。軽く触れる程度で十分です。
 また、首の筋肉を伸ばすためのストレッチでもないので、頭を無理に倒さないようにしてください。初めは、頭の倒れ方に左右差を感じるかもしれません。続けるうちに、どちらの側も同じようにスムーズに、大きく倒れるようになるはずです。

 首ユラユラ体操で、実際に頭痛がよくなった患者さんの例をご紹介しましょう。
 50代の男性は、10年前に自律神経失調症を患って以来、頭痛に悩まされてきました。仕事はデスクワークで、一日中パソコンの前に座っています。
 毎日頭痛があり、毎日市販の鎮痛薬を飲むのが、もはやあたりまえ。週に1度マッサージに通い、痛みを紛らわしてきましたが、頭痛が悪化して、吐き気を生じるようになりました。
 今から4ヵ月前、初めて来院された際は、相当姿勢が悪く、肩こりもひどい状態でした。
 週に1回、施術を受けてもらい、自宅でも首ユラユラ体操を行ってもらったところ、3回めの施術のときに、「薬を飲まなくて済む日が出てきた」と報告がありました。さらに、4回めの施術では、「今週は1日も薬を飲まなかった」と、大変喜んでいらっしゃいました。

 その後、施術のペースは月に1回となり、姿勢も肩こりも改善。今では頭痛はすっかり解消し、マッサージに通うこともなくなったそうです。
 頭痛に悩む人は、最低でも1ヵ月、首ユラユラ体操を続けてみてください。きっと、いい効果が実感できると思います。

首ユラユラ体操のやり方

解説者のプロフィール

たてばやしこうた
徳永接骨院・淵野辺院院長。柔道整復師。姿勢を矯正することで自律神経のバランスを整え、自然治癒力の向上を目指す。薬に頼らず根本的に症状を改善する施術に定評がある。頸椎ヘルニア、交通事故後のムチ打ち症や骨盤のゆがみ調整、頭痛治療を中心に豊富な実績を持つ。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)
更新: 2019-05-12 18:00:00
常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)
更新: 2018-10-17 07:00:00
42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)
更新: 2018-09-15 08:00:00
「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)
更新: 2018-08-17 18:00:00
私は鍼灸やいろいろな手技療法を取り入れたセルフケアを、患者さんに勧めています。そんな健康法の一つに、「耳ひっぱり」があります。これは、両耳を指で軽くつまんで、ごく弱い力で2~3分間ひっぱるというものです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)
更新: 2018-09-11 15:39:09
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt