MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【体験談】3日に1度の激しい頭痛が「首ユラユラ体操」で改善 鎮痛剤の減薬に成功

【体験談】3日に1度の激しい頭痛が「首ユラユラ体操」で改善 鎮痛剤の減薬に成功

私はそれまで、整骨院や整体など、数多くの治療院に通ってきました。しかし残念ながら、自分にピッタリと思えるところがなかなか見つかりません。どこも1~2回行くだけで、また別の治療院を探す、というのをくり返してきました。【体験談】太田頼子(仮名・58歳・会社員)

市販の鎮痛薬で痛みをどうにかしのぐ日々

 私はもともと頭痛持ちでしたが、症状がひどくなったのは、50代に入ってからです。パソコンで目を酷使する機会が増えたのが、影響したのでしょう。
 昨年くらいからは、少なくとも3日に1回は頭痛が起こるようになりました。以前はもっと間隔が空いていたので、明らかに症状が悪化しています。

 私の場合、忙しい時期が続いて疲れがたまると、頭痛が起こりやすくなるようです。たいていは、左目の奥から頭頂部にかけて、ズキズキした激しい痛みが走ります。
 疲れ目のせいではないかと、眼科を受診し、ドライアイの目薬を処方してもらったこともあります。しかし、目薬をさしても、頭痛の起こる頻度や、痛みの強さは変わりません。

 悩みの種ではありましたが、幸い、市販の鎮痛薬によく効く物を見つけました。私の体質に合うのか、これを飲むと痛みが治まるのです。
 この薬でどうにか痛みをしのいでいたので、頭痛治療のために内科や脳神経外科を受診するという考えには至らないまま、年月が過ぎていきました。

 ところで私は、2016年の夏から、立林幸汰先生の接骨院にお世話になっています。きっかけは、股関節痛です。
 私はそれまで、整骨院や整体など、数多くの治療院に通ってきました。しかし残念ながら、自分にピッタリと思えるところがなかなか見つかりません。どこも1~2回行くだけで、また別の治療院を探す、というのをくり返してきました。

 立林先生の接骨院は、インターネット上でたまたま見つけました。試しに施術を受けてみたところ、股関節の痛みが、かなりよくなったのです。
 このときの治療に満足できたので、股関節痛が改善してからも、定期的に体のメンテナンスをしてもらっています。立林先生のところは、私にとって、初めて継続して通っている治療院なのです。

 こうした流れで、それまでは主に関節や筋肉を調整してもらっていましたが、「そうだ、頭痛についても先生に相談してみよう」と考えたのが、2017年の秋のことです。
 それまでなんとか薬を飲んでやり過ごしてきましたが、頭痛が起こるたびに薬を飲むのは、やはり体にいいとは思えず、ずっと気になっていたのです。

ひどい肩こりが段違いに楽になった!

 たまたま、治療院を予約していた日に頭痛があったので、立林先生に相談し、頭痛をメインに施術してもらったところ、痛みがすっかり解消しました。

 そしてちょうどこのころ、先生のほうも頭痛治療に力を入れ始めたところで、セルフケア法として教えていただいたのが、「首ユラユラ体操」でした。
 首ユラユラ体操は、あおむけになり、頭をゆっくりと左右に倒すだけと、とても簡単です。早速、自宅で毎日のように取り組むことにしました。
 私はいつも、就寝前に、布団に横になった状態で行います。体操にかける時間は、せいぜい2分程度。実際にやってみるとわかりますが、けっこう気持ちがいいものです。

 こうして毎日続けていたところ、しばらくして、ふと気がつきました。3日に1回は起こっていた頭痛が、施術を受け、セルフケアを始めて以来、一度も起こっていないのです。これには驚きました。
 あれからすでに、半年近くが経ちますが、頭痛はピタリと止まったまま。毎日根気よく続けているとはいえ、あれほどひどかった頭痛に、ここまで効果があるとは、正直、思ってもみませんでした。
 おかげで、鎮痛薬を飲む必要もなくなり、薬漬けの毎日と縁を切ることができました。心からうれしく思っています。

 よくなったのは、頭痛だけではありません。
 近年はパソコン作業が増えたせいか、肩こりもひどく、困っていました。立林先生のところで施術を受けるとよくなりますが、またすぐ、悪化します。ところが、首ユラユラ体操を始めてからは、肩こりが段違いに楽になりました。

 また、車を運転していて、おもしろいことに気づきました。以前から私は、バックで車庫入れするのが苦手でした。まっすぐ入れているつもりが、なぜか曲がってしまうのです。
 ところが、首ユラユラ体操の効果を実感したころから、急にうまく車庫入れができるようになったのです。姿勢が改善したことで、バランス感覚までよくなったのかもしれません。
 すばらしいセルフケア法を教えてくださった立林先生には、感謝しきりです。これからも、続けていきたいと思います。

やってみると気持ちがいい!

首や肩の緊張がほぐれ頭痛が解消した(徳永接骨院・淵野辺院院長 立林幸汰)

 太田さんは当初、後頭部と首の境目辺りの筋肉が、強く緊張していました。特に左側の状態がひどく、この部分のコリが、ご本人の「左の目の奥が痛い」という感覚とも相関があったと思われます。

 首ユラユラ体操に熱心に取り組まれたことで、首や肩周りの筋肉がほぐれ、血流や神経の通りが改善。頭痛の解消につながりました。施術の効果を長続きさせるためにも、ぜひセルフケアを続けてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)
更新: 2019-05-12 18:00:00
常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)
更新: 2018-10-17 07:00:00
42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)
更新: 2018-09-15 08:00:00
「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)
更新: 2018-08-17 18:00:00
私は鍼灸やいろいろな手技療法を取り入れたセルフケアを、患者さんに勧めています。そんな健康法の一つに、「耳ひっぱり」があります。これは、両耳を指で軽くつまんで、ごく弱い力で2~3分間ひっぱるというものです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)
更新: 2018-09-11 15:39:09
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt