MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【テクノストレス症候群】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボはこれだ

【テクノストレス症候群】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボはこれだ

近年、私の治療院で増えているのが「テクノストレス症候群」の患者さんです。パソコンやスマホを凝視していると、目が疲れることはいうまでもありません。長時間続けていると、ネコ背になりがちで、首や肩、背中がこわばってしまいます。その結果テクノストレス症候群の症状が起こるのです。【解説】木下誠(指圧・鍼灸の神陽館院長)

テクノストレス症候群が頭痛や疲れ目を招く!

 私は、浪越指圧の祖・浪越徳治郎先生のもとで指圧を学び、以来40年以上、患者さんの治療に当たってきました。そんななか、近年、私の治療院で目立って増えているのが「テクノストレス症候群」の患者さんです。

 テクノストレス症候群は、パソコンなどを長時間使用することで、体にさまざまな症状が現れる状態のことです。
 現代社会は、コンピュータなしでは生活が成り立たない状況となっています。デスクワークとなれば、一日中パソコンに向き合っていなければなりませんし、仕事が終わったあともスマホざんまい。こうした日々が続くのですから、体の負担にならないほうがおかしいでしょう。

 パソコンやスマホを凝視していると、目が疲れることはいうまでもありません。長時間続けていると、ネコ背になりがちで、首や肩、背中がこわばってしまいます。
 その結果として、テクノストレス症候群の症状が起こってきます。初期症状としては、疲れ目や目の充血、首・肩のコリ、そして頭痛です。さらに悪化すれば、動悸、めまい、手指のしびれなどの不定愁訴も出てくるでしょう。

 今回は、テクノストレス症候群などによって生じる、頭痛を解消するための指圧法をご紹介しましょう。
 そのお勧めとなるのが、「首の6点押し」です。まず、やり方を説明しましょう。

親指の先で反対側のこめかみに向けて押す

 ポイントとなるツボが二つあります。完骨と風池です。下の図をご覧ください。

 完骨は、耳の後ろにある出っ張った骨(乳様突起)の後ろ下方のくぼみ(左右2ヵ所)にあります。頭痛やめまい、疲れ目などに特効のツボです。
 風池は、完骨と同じ高さで、手の指幅2本分後方で、後頭骨のくぼみ(左右2ヵ所)にあります。風池も頭痛や疲れ目、めまい、肩こりに効くツボです。

 この二つのツボと同じ横ライン(上項線)上の、後頭骨の下のへりを指圧すると、ツボや筋肉が刺激を受け、頭部の血流が促されて、痛みが軽減します。
 押す場所は、上項線上の6点です。①完骨から順に、②ツボ名なし、③風池、④ツボ名なし、⑤ツボ名なし、⑥ツボ名なしとなります。押す際には、親指の腹ではなく、親指の先を使ってください。このほうが効率的に力を加えることができます。

 指圧は、押す方向がとても重要です。首の6点押しの場合は、ツボに押し当てた指を反対側のこめかみに向けて押します。そうすることで、圧刺激が伝わりやすくなります。
 押し方は、グーッと5秒押し続けたら離す。これを完骨から順に、6点に行います。6点押しは、3回くり返します。片側が終わったら、もう片側も同様に行いましょう。これが1セットとなります。

首の6点押しのやり方

 頭痛があるときに行うと、痛みが和らぎますし、朝晩1セットずつ行えば、頭痛予防に役立てることができるでしょう。
 実際、テクノストレス症候群でよく頭痛を起こす人や、肩や首などの筋肉の緊張から起こる緊張型頭痛の人に、首の6点押しはよく効きます。

 セルフケアとして首の6点押しを熱心に行った人のなかには、頭痛が起こりにくくなったという人が多数おられます。頭痛だけでなく、疲れ目や肩こり、首こりがしなくなったという人も少なくありません。
 疲れ目や肩・首のコリが軽減すれば、頭痛の予防効果も高まるはずです。

 頭痛持ちの人は、首の6点押しに加えて、後頭部の頭皮を押すこともお勧めです。押してみて、頭皮がむくんでいる(ブヨブヨとやわらかい)ところが押すゾーンです。そこを親指以外の4本の指でもみましょう。

耳の前押しのやり方

 片頭痛の改善に役立つ方法も紹介しておきます。
 左の写真をご覧ください。耳の手前を触って、拍動が感じられるところ(浅側頭動脈)があります。片頭痛のあるとき、この拍動部を、今度は親指の腹で約1分押さえてみましょう。

 片頭痛は、脳の血管が拡張することによって起こる頭痛です。この圧刺激によって血管の拡張が抑えられ、痛みを和らげる効果が期待できます。

解説者のプロフィール

指圧歴40年以上の木下誠先生(指圧・鍼灸の神陽館院長)

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)
更新: 2019-05-12 18:00:00
常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)
更新: 2018-10-17 07:00:00
42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)
更新: 2018-09-15 08:00:00
「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)
更新: 2018-08-17 18:00:00
私は鍼灸やいろいろな手技療法を取り入れたセルフケアを、患者さんに勧めています。そんな健康法の一つに、「耳ひっぱり」があります。これは、両耳を指で軽くつまんで、ごく弱い力で2~3分間ひっぱるというものです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)
更新: 2018-09-11 15:39:09
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt