医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【テクノストレス症候群】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボはこれだ

【テクノストレス症候群】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボはこれだ

近年、私の治療院で増えているのが「テクノストレス症候群」の患者さんです。パソコンやスマホを凝視していると、目が疲れることはいうまでもありません。長時間続けていると、ネコ背になりがちで、首や肩、背中がこわばってしまいます。その結果テクノストレス症候群の症状が起こるのです。【解説】木下誠(指圧・鍼灸の神陽館院長)


テクノストレス症候群が頭痛や疲れ目を招く!

 私は、浪越指圧の祖・浪越徳治郎先生のもとで指圧を学び、以来40年以上、患者さんの治療に当たってきました。そんななか、近年、私の治療院で目立って増えているのが「テクノストレス症候群」の患者さんです。

 テクノストレス症候群は、パソコンなどを長時間使用することで、体にさまざまな症状が現れる状態のことです。
 現代社会は、コンピュータなしでは生活が成り立たない状況となっています。デスクワークとなれば、一日中パソコンに向き合っていなければなりませんし、仕事が終わったあともスマホざんまい。こうした日々が続くのですから、体の負担にならないほうがおかしいでしょう。

 パソコンやスマホを凝視していると、目が疲れることはいうまでもありません。長時間続けていると、ネコ背になりがちで、首や肩、背中がこわばってしまいます。
 その結果として、テクノストレス症候群の症状が起こってきます。初期症状としては、疲れ目や目の充血、首・肩のコリ、そして頭痛です。さらに悪化すれば、動悸、めまい、手指のしびれなどの不定愁訴も出てくるでしょう。

 今回は、テクノストレス症候群などによって生じる、頭痛を解消するための指圧法をご紹介しましょう。
 そのお勧めとなるのが、「首の6点押し」です。まず、やり方を説明しましょう。

親指の先で反対側のこめかみに向けて押す

 ポイントとなるツボが二つあります。完骨と風池です。下の図をご覧ください。

 完骨は、耳の後ろにある出っ張った骨(乳様突起)の後ろ下方のくぼみ(左右2ヵ所)にあります。頭痛やめまい、疲れ目などに特効のツボです。
 風池は、完骨と同じ高さで、手の指幅2本分後方で、後頭骨のくぼみ(左右2ヵ所)にあります。風池も頭痛や疲れ目、めまい、肩こりに効くツボです。

 この二つのツボと同じ横ライン(上項線)上の、後頭骨の下のへりを指圧すると、ツボや筋肉が刺激を受け、頭部の血流が促されて、痛みが軽減します。
 押す場所は、上項線上の6点です。①完骨から順に、②ツボ名なし、③風池、④ツボ名なし、⑤ツボ名なし、⑥ツボ名なしとなります。押す際には、親指の腹ではなく、親指の先を使ってください。このほうが効率的に力を加えることができます。

 指圧は、押す方向がとても重要です。首の6点押しの場合は、ツボに押し当てた指を反対側のこめかみに向けて押します。そうすることで、圧刺激が伝わりやすくなります。
 押し方は、グーッと5秒押し続けたら離す。これを完骨から順に、6点に行います。6点押しは、3回くり返します。片側が終わったら、もう片側も同様に行いましょう。これが1セットとなります。

首の6点押しのやり方

 頭痛があるときに行うと、痛みが和らぎますし、朝晩1セットずつ行えば、頭痛予防に役立てることができるでしょう。
 実際、テクノストレス症候群でよく頭痛を起こす人や、肩や首などの筋肉の緊張から起こる緊張型頭痛の人に、首の6点押しはよく効きます。

 セルフケアとして首の6点押しを熱心に行った人のなかには、頭痛が起こりにくくなったという人が多数おられます。頭痛だけでなく、疲れ目や肩こり、首こりがしなくなったという人も少なくありません。
 疲れ目や肩・首のコリが軽減すれば、頭痛の予防効果も高まるはずです。

 頭痛持ちの人は、首の6点押しに加えて、後頭部の頭皮を押すこともお勧めです。押してみて、頭皮がむくんでいる(ブヨブヨとやわらかい)ところが押すゾーンです。そこを親指以外の4本の指でもみましょう。

耳の前押しのやり方

 片頭痛の改善に役立つ方法も紹介しておきます。
 左の写真をご覧ください。耳の手前を触って、拍動が感じられるところ(浅側頭動脈)があります。片頭痛のあるとき、この拍動部を、今度は親指の腹で約1分押さえてみましょう。

 片頭痛は、脳の血管が拡張することによって起こる頭痛です。この圧刺激によって血管の拡張が抑えられ、痛みを和らげる効果が期待できます。

解説者のプロフィール

指圧歴40年以上の木下誠先生(指圧・鍼灸の神陽館院長)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


指圧 頭痛 ツボ

関連する投稿


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


薬の副作用による頭痛と吐き気が止まった!私の「爪もみ」体調管理術

薬の副作用による頭痛と吐き気が止まった!私の「爪もみ」体調管理術

42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)


VDT症候群の症状【頭痛・疲れ目】を即改善!「耳の裏さすり」の効果を証明

VDT症候群の症状【頭痛・疲れ目】を即改善!「耳の裏さすり」の効果を証明

科学的に耳の裏刺激の効果を検証したいと考えた私は、手軽に耳の裏を刺激できる耳かけ式磁気グッズを開発し、耳の裏を刺激したときのデータを取ることにしました。検証したのは「VDT症候群」の改善効果です。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

私の治療院では、後頭部にある目のツボ「脳点」を治療することで、緑内障の予防、改善に大きな効果を上げています。脳点は私が発見した新しいツボです。発見のきっかけは、患者さんの後頭部の「こり」と「横ジワ」でした。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)


カリスマ鍼灸師が発見!目の症状別「視力特効ツボ」の押し方

カリスマ鍼灸師が発見!目の症状別「視力特効ツボ」の押し方

私がこれまでに行った、目の病気の鍼治療は、8000例を優に超えています。多くの目の症例を検討することにより、どのツボが、目のどの部位に対応するのか、明確にわかってきました。つまり、目の病気別に有効なツボ治療が可能になったのです。【解説】佐藤信雄(さとうのぶお鍼灸院院長)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)