MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【吐き気を伴う頭痛】肘やおでこを冷やしたら症状が改善 頭痛薬と決別できた

【吐き気を伴う頭痛】肘やおでこを冷やしたら症状が改善 頭痛薬と決別できた

私は小学生のころからの頭痛持ちで、大人になってからは鎮痛薬を手放せなくなりました。薬を飲まずに我慢すると、吐くこともあるのです。頭痛がよく起こるのは、生理中やその前後です。便秘をしたときや寝不足、寝過ぎのときにも起こりました。【体験談】今田恭子(仮名・48歳・看護師)

前兆の生あくびが出たらすぐに薬を飲んだ

 私は小学生のころからの頭痛持ちで、大人になってからは鎮痛薬を手放せなくなりました。薬を飲まずに我慢すると、吐くこともあるのです。
 痛みは目の奥が発信源で、頭の中から前へじわじわと広がっていきます。しだいにつらくて動けなくなり、痛みがピークになるころには起きていられませんでした。

 ところが、横になっても吐き気がしてきます。胃の中の物を全部吐いても頭痛は治まらず、布団をかぶり嵐が過ぎ去るのをじっと待つような状態でした。
 頭痛がよく起こるのは、生理中やその前後です。便秘をしたときや寝不足、寝過ぎのときにも起こりました。

 私の場合、頭痛が起こる前には、たいてい生あくびの予兆があります。その生あくびが出てしばらくすると、だんだん痛くなってくるのです。頭痛がひどくなると、仕事にならないので、生あくびが出たら、すぐに薬を飲みました。

 5年ほど前、介護の仕事をしていた私はギックリ腰になってしまい、ネットで治療院を探しました。そのときに知ったのが、タンタン整骨院です。頭痛治療も行っているので、訪ねてみることにしました。
 院長の小林敬和先生に施術をしてもらい、腰の状態は楽になりました。頭痛について教えていただいたのは、おでこやひじを冷やすセルフケアです。

冷やしたあとは顔や手がポカポカ

 私の場合、おでこ冷やしは少し大きめの保冷剤を使います。保冷剤をティッシュペーパー3枚で包み、あおむけになって、おでこにのせるだけです。

 小林先生からは1分のせるようにいわれましたが、同じところに1分当てるのは冷たいので、こめかみやうなじなど、少しずつ場所をずらしながら、ぬるくなるまで当てます。
 顔とひじは、水道水を流しながら洗います。洗面器に冷水をためてひじを1分ほどつけることもあります。

 こうしておでこやひじを冷やすと、そのときは冷たいものの、そのあとに顔や手がポカポカしてきます。全身まで温かくなるので、血流がよくなっているのでしょう。

 頭痛のときには、冷たさに意識が集中して、痛みを忘れます。私の頭痛にも、冷やすと痛みが取れるタイプと、なかなか取れない根っこの深いタイプがあるようです。根っこの深い頭痛だと、痛みが取れるまでに少し時間がかかりました。

 こうしておでこ冷やしなどを続けてきたおかげで、生理のときの頭痛が少し残るくらいまで大改善。薬を飲むこともなくなりました。

 ところが昨年の春、看護職に転職すると、せっかくよくなった頭痛が少しずつ起こるようになったのです。看護職は、介護職とは違う大変さがあります。その負荷が体にかかって、症状が悪化したのだと思います。
 それでも、おでこやひじを冷やすことを続けているので、以前のように頭痛で吐いたり、寝込んだりすることはありません。しかし、なかなか治らないこともあります。

 小林先生にストレスの度合いを測定してもらったら、かなりストレスがあることもわかりました。今は気持ちの持ち方を変えるなど、自分なりにストレスに対処しながら、おでこ冷やしなどを続けていくつもりです。

水道水を流しながら冷やした

自律神経が調整されてストレスに強くなる(タンタン整骨院院長 小林敬和)

 今田さんは、転職して一時よくなった頭痛がぶり返してしまいました。ストレスがあると、体の弱いところに症状が現れます。しかし、ふだんからおでこやひじを冷やしていると、自律神経のバランスが整い、血流も改善し、ストレスに負けない体に変わります。そうなれば、頭痛も起こりにくくなるはずです。もちろん、前向きな気持ちに切り換えることも大事です。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)
常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)
42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)
「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)
私は鍼灸やいろいろな手技療法を取り入れたセルフケアを、患者さんに勧めています。そんな健康法の一つに、「耳ひっぱり」があります。これは、両耳を指で軽くつまんで、ごく弱い力で2~3分間ひっぱるというものです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)