MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【頭痛を改善する方法】ふくらはぎをほぐせば飛行機頭痛にも効果

【頭痛を改善する方法】ふくらはぎをほぐせば飛行機頭痛にも効果

私はこれまで、数多くの患者さんを見てきましたが、いわゆる「頭痛持ち」の人には、共通点があります。それは、ふくらはぎがこり固まっていることです。そして、興味深いことに、このふくらはぎのコリをほぐすことが、頭痛の改善につながるのです。【解説】中村光太郎(JITAN‐BODY代表)

麻痺の患者さんは頭痛を訴える人が多い

 私はこれまで、数多くの患者さんを見てきましたが、いわゆる「頭痛持ち」の人には、共通点があります。
 それは、ふくらはぎがこり固まっていることです。そして、興味深いことに、このふくらはぎのコリをほぐすことが、頭痛の改善につながるのです。

 頭痛をふくらはぎから治すとは意外なようですが、この治療法は、私自身の経験から生まれました。実は私も、今から10年ほど前、20代の初めのころに、ひどい片頭痛に苦しめられていたのです。
 ほぼ毎月、吐き気を伴う頭痛があり、ひどいときには1週間連続で、吐きながら寝込む始末でした。もちろん、心配になり、病院を受診しました。MRI(核磁気共鳴画像)やCT(コンピュータ断層撮影)の検査を受けましたが、脳に異常は見つかりません。
 このときに思ったのは、西洋医学は、原因がはっきりしない症状に対しては、お手上げだということです。例えば、めまいの症状があり、その原因が高血圧だとわかれば、血圧を下げる薬が処方されます。それを飲むことで、めまいは治ります。

 しかし、私のように、症状の原因がはっきりしない場合、それ以上、手の施しようがないのです。けっきょく、病院では痛み止めを処方されただけで、根本的な頭痛治療は望めませんでした。

 では、自分の頭痛は何に原因があるのか。当時、すでに理学療法士として病院に勤務していた私は、脳梗塞などによりマヒが生じた患者さんたちのリハビリを手伝いながら考えました。
 そのとき、マヒの患者さんには、頭痛を訴える人が多いことに気がついたのです。

ふくらはぎに痛みがあれば入念にほぐそう!

 マヒの患者さんは、体の一部が機能しないため、左右対称の姿勢を取ることができません。どうしても、体が傾いてしまうのです。
 それでも脳は、物をまっすぐに見るために、頭部を地面と垂直に保とうとします。当然、無理な姿勢になり、体によけいな負荷がかかります。これが長期にわたると、負荷がかかっている部分が緊張して、血流や神経の流れが滞ります。

 こうした一連の過程が、頭痛を招いているのではないかと考えたのです。マヒの患者さんに限らず、体の傾きを矯正し、姿勢の左右バランスを整えれば、頭痛は治るはずです。

 どの部位に負荷がかかるかは人それぞれですが、自分の体で探ってみたところ、ふくらはぎが異常にこっていることがわかりました。そして、重点的にほぐしたところ、驚いたことに、毎月発症していた頭痛が、全く起こらなくなったのです。
 私は試しに、頭痛持ちの患者さんのふくらはぎを見せてもらいました。やはり、筋肉がカチカチにこっています。ここをほぐしてもらったところ、私同様に頭痛がよくなる人が続出しました。こうしたことから、頭痛の改善に、ふくらはぎを利用するようになったのです。

 頭痛がある状態でいらした患者さんは、「痛みが引いて助かった」と、喜んでくださいます。私は、「ご自分でほぐしても、似たような効果が得られますよ」と、セルフケアをお教えしています。それが「ふくらはぎこすり」です。やり方は、図をご覧ください。

ふくらはぎこすりのやり方

 セルフケアとはいえ、きちんと実践すれば、よく効きます。施術を10割として、6~7割程度の効果があると思います。
 基本的には、両足のふくらはぎを同じようにほぐしますが、利き足が右の人は、左足のふくらはぎのほうが痛みやこわばりを感じるかもしれません。利き足が左の人は、その逆です。
 というのも、利き足が自由に動く際、もう片方の足が体を支えているため、そちら側に過剰な負荷がかかっている場合が多いからです。痛みやこわばりがあるところは、入念にほぐすといいでしょう。

 印象的な患者さんの例を、ご紹介しましょう。70代後半で、会社を経営しているアメリカ人の男性です。仕事柄、飛行機や新幹線の移動が多く、気圧の変化によって起こる頭痛に悩まされていました。
 施術と並行し、ふくらはぎこすりをお教えしたところ、熱心に実践。3回ほどの来院で、すっかり頭痛が解消しました。
 ふくらはぎこすりは、このように、さまざまな頭痛に効果があります。ぜひ試しに、実践してみてください。

解説者のプロフィール

中村光太郎
JITAN BODY代表。操体師、理学療法士、介護福祉士。老人保健施設や病院勤務を経て2014年に整体院を開業。延べ3万人以上の施術経験を持つ。短時間でより効果が上がる施術を目指しセラピストスキルアップ実践会を立ち上げ、代表に就任。後進の育成に力を入れている。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)
常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)
42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)
「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)
私は鍼灸やいろいろな手技療法を取り入れたセルフケアを、患者さんに勧めています。そんな健康法の一つに、「耳ひっぱり」があります。これは、両耳を指で軽くつまんで、ごく弱い力で2~3分間ひっぱるというものです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)