MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ズキンと痛む片頭痛】緑茶にきな粉を入れる「きな粉茶」で症状が改善

【ズキンと痛む片頭痛】緑茶にきな粉を入れる「きな粉茶」で症状が改善

私は30歳のころから、突然、片頭痛に悩まされるようになりました。生理が始まる1〜2日前になると、頭痛がし始めるのです。痛むのは、こめかみの辺りか、首の後ろでした。まるで先のとがった物でグサッ、グサッと一定のテンポで刺されているかのように、ズキン、ズキンと激しく痛みます。【体験談】藤田美佳(仮名・51歳・自営業)

先のとがった物で刺されているような激痛

 私は30歳のころから、突然、片頭痛に悩まされるようになりました。
 生理が始まる1〜2日前になると、頭痛がし始めるのです。痛むのは、こめかみの辺りか、首の後ろでした。まるで先のとがった物でグサッ、グサッと一定のテンポで刺されているかのように、ズキン、ズキンと激しく痛みます。

 市販の頭痛薬を飲んでも、いっこうに治りません。当時、仕事はしていなかったので、頭痛がする間は痛みに耐えながら、家で寝込んでいました。
 生理が始まると、頭痛は落ち着きます。しかし翌月、生理が近づくと、また頭痛が起こります。そんなことが約2年、毎月続いたのです。

 32歳のある日、テレビの健康情報番組を見ていたら、片頭痛の特集をしていました。そして、こんな話が耳に入ってきました。「女性は30歳くらいから徐々に女性ホルモンが減ってきて、それが原因で片頭痛になることがある」というのです。
 私の場合、頭痛が起こるのはいつも生理前です。ですから、私の片頭痛も、もしかすると女性ホルモンが関係しているのかもしれないと思いました。

 そのテレビ番組で、対策として勧めていたのは、ダイズ製品をとることです。しかし、私は子供のころから豆腐が苦手でした。何かほかにダイズ製品はないかと考えたとき、思い浮かんだのが、きな粉でした。
 ただ、きな粉はそのまま食べると、のどに引っかかる感じがします。そこでそのとき、目の前にあった緑茶にきな粉を入れ、よく溶いて飲んでみました。味は苦くもなく、甘くもありません。これなら続けられそうだと思いました。

更年期になっても常に心は穏やか

 そこで、生理が始まる10日ほど前から、きな粉を飲み始めたのです。すると驚いたことに、その月は生理前になっても、頭痛が起こりませんでした。私は、「やはり女性ホルモンが足りなかったんだ!」と実感しました。

 それ以来、朝昼晩の1日3回、食後のお茶に入れて、きな粉をとるようにしました。1日にとる総量は、カレースプーン2杯くらいです。
 きな粉を溶くのは、緑茶だけでなく、麦茶や白湯にすることもあります。冷たい物より温かい物のほうが溶けやすいので、温かい飲み物を選ぶようにしています。

 それからも、きな粉を飲み続けていたら、片頭痛はいっさい起こらなくなりました。毎月必ず起こっていたあの痛みが、きな粉を飲み始めてから今日まで、すっかり影を潜めているのです。
 現在は、朝と夜の1日2回、それぞれティースプーン大盛り1杯半ほどのきな粉をとっています。夜は寝つきが悪くならないよう、カフェインが入っていない麦茶に溶いています。

 最近はきな粉とともに、黒ゴマをすった物を小さじ1杯ほど足しています。ゴマは健康にいいと聞きますし、なにより香りがよく、おいしくいただけるからです。
 一度、1週間ほど遠方に出かける必要があり、きな粉をとれなかったことがありました。そのときは、肌がカサカサになってしまいました。ふだんは、きな粉をとっているおかげか、化粧のりがよく、周囲の人からも「肌がキレイね」とほめられます。

 更年期と呼ばれる年齢になり、同世代の友人たちがいつもイライラしているなか、私は常に穏やかでいられます。写真を撮ったり、洋服を縫ったり、好きなことに時間を使って毎日楽しく過ごしています。こんなふうに心が安定しているのも、きな粉のおかげです。

1日2回、溶いて飲む

エストロゲンを補い頭痛を改善に導く(梅ノ辻クリニック院長 山田洋司)

 片頭痛が女性に多いのは、生理前に女性ホルモンのエストロゲンが急変することが関係しているといわれます。きな粉に豊富なイソフラボンは、エストロゲンと似た働きをするので、エストロゲンの減少を補い、頭痛の改善に役立ちます。また、マグネシウムやビタミンB2の不足が頭痛を悪化させることがありますが、きな粉にはそれらの成分も多く含まれています。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)
更新: 2019-05-12 18:00:00
常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)
更新: 2018-10-17 07:00:00
42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)
更新: 2018-09-15 08:00:00
「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)
更新: 2018-08-17 18:00:00
私は鍼灸やいろいろな手技療法を取り入れたセルフケアを、患者さんに勧めています。そんな健康法の一つに、「耳ひっぱり」があります。これは、両耳を指で軽くつまんで、ごく弱い力で2~3分間ひっぱるというものです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)
更新: 2018-09-11 15:39:09
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt