【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


腸と脳をつなぐ神経網を活性化

 現代の日本では、便秘に悩む人が増えています。便秘になると、肛門付近にかたい便が滞り、肛門が切れたり(切れ痔)、血流が悪くなって内痔核や外痔核(イボ痔)になったり、毛細血管が破れて細菌が入り、痔瘻になったりします。

 また、便秘になると、腸内の悪玉菌が増殖し、腸内環境が悪化します。腸内が劣悪な環境になると、いくら体にいい物を食べても吸収されにくく、薬を飲んでも効果を得にくくなります。したがって、健康を維持・増進するためには、腸の健康がなんといっても基本なのです。

 皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。
 腸は「第二の脳」と呼ばれるように、独自の神経ネットワークを持っており、脳からの指令がなくても独立して活動することができます。例えば、体内に侵入した外敵やストレスに対して、脳が考えるよりも先に反応するのは、まさに第二の脳としての働きです。

 腸は、排便や排尿の信号を脳に送っています。それに対して、その信号をキャッチして、「トイレに行く」という行動を起こすのが、脳の役目です。
 ところが、腸の反応を無視し、便意を我慢してトイレに行かないと、腸からの信号が脳に伝わらなくなり、慢性の便秘になります。特に女性の場合、便意を抑えることがきっかけで便秘になる人が多いようです。

 そうした便秘を改善するには、腸と脳の神経ネットワークを活性化することが大切です。そこでお勧めしたいのが、「足の裏もみ」です。

消化器の反射区をじっくり刺激しよう

 フットマッサージは、長い伝統を誇る治療法の一つで、足の反射区やツボ、経絡(生命エネルギーである気の通り道)などを刺激して、体調を整え、自然治癒力を高める療法です。特に、足の裏には、全身のあらゆる器官とつながる反射区やツボが密集しています。

 足の裏を刺激することで、それぞれの反射区やツボに対応する器官の機能が調節され、病気を予防したり、症状を改善したりすることができます。

 それでは、腸内環境を整え、便秘を改善する足の裏もみのやり方をご紹介しましょう。
 床かイスに座り、もむ側の足を上にして、足の裏を上に向けます。 

 手の親指で、母趾球から土踏まずにかけて、少しずつ移動しながら押しもみしていきます。親指が土踏まずの下方(かかとの近く)に達したら、両手の親指を重ねて、今度は下から上へ土踏まずをまんべんなく押していきます。反対側の足も同様に刺激します。
 1回につき1往復行えばけっこうです。1日に何回行ってもかまいません。朝起きたときと、お風呂上がり、夜寝るときの1日3回行えば十分です。

 足の親指の根もとにある膨らみ(母趾球)から土踏まずにかけての区域に、消化器の反射区が集まっています。詳しくは上の図を見てください。反射区を厳密に探り当てて刺激する必要はありません。だいたいの場所を押しもみしてみて、かたかったり痛かったりするところを、じっくり刺激してください。

 足の裏の土踏まず近辺を押しもみすると、消化器への間接的な刺激となり、便秘や下痢などの症状を改善する効果があります。
 この足の裏もみを毎日継続することで、小腸や大腸の働きが活性化し、脳との連携もスムーズになって、排便しやすくなります。腸内環境も改善し、体調もよくなるでしょう。肌もキレイになります。

 なかには、足の裏もみをしている最中に便意を感じる人もいるかもしれません。そのときは我慢せず、すぐにトイレに行ってください。 
 足の裏もみと並行して、入浴中に肛門近辺を押しもみするセルフケアもお勧めです。肛門周辺の血行がよくなって柔軟性が増すため、便秘と痔の改善につながります。

りゅうゆう
中国で外科麻酔医として活躍後、拠点を日本に移す。1985年、東京に鍼灸治療院を開設。西洋医学と東洋医学双方の観点から、理論と臨床技術を適用した鍼灸治療が評判となる。政財界、スポーツ界からも信頼が厚く、北野武氏の顔面神経マヒを回復させたことでも有名。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【便の臭いがきつい】便が漏れる 対策は出残り便秘 痔のホワイトヘッド手術の後遺症が原因

【便の臭いがきつい】便が漏れる 対策は出残り便秘 痔のホワイトヘッド手術の後遺症が原因

痔のホワイトヘッド手術の後遺症に対しては、修復手術が行われる場合もあります。ただし、手術が必ずしもよい結果を招くとは限りません。便もれやべたつきなどの症状は、肛門付近に便があるから起こると私は考えています。排便時に出しきれなかった便が、肛門付近に残っているのです。【解説】佐々木みのり(大阪肛門科診療所副院長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)