MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
扁平足の足裏アーチが復活する【足の裏しぼり】のやり方 外反母趾も改善

扁平足の足裏アーチが復活する【足の裏しぼり】のやり方 外反母趾も改善

「腰が重くてイスから立ち上がるのがつらい」「ひざが痛くて長距離を歩けない」「足先がよくしびれる」といった症状にお困りのかたはいませんか。あなたのその痛みやしびれの原因は、「足の裏」にあるのかもしれません。【解説】根津憲継(BiNIリハビリセンター横浜・理学療法士)

足裏の状態の悪さが痛みや病気を招く!

「腰が重くてイスから立ち上がるのがつらい」「ひざが痛くて長距離を歩けない」「足先がよくしびれる」といった症状にお困りのかたはいませんか。あなたのその痛みやしびれの原因は、「足の裏」にあるのかもしれません。

 足の裏には知覚神経が張り巡らされており、全身のなかでも特に鋭敏な感覚器官といえます。通常、足の裏で知覚された情報は脊髄を通り、脳幹へ伝わります。脳幹とは、脳の幹に位置する部位のことで、視床・視床下部・中脳・延髄などの総称です。脳幹は、体の免疫機能や筋肉活動をつかさどっている大変重要な場所であり、私たちの生命活動の中枢ともいえるでしょう。ですから、脳幹が正常に働かないと、私たちの健康状態は維持されません。

 足の裏の状態が悪いと、この脳幹の働きも悪化すると考えられます。
 例えば、土踏まずに凹凸のない扁平足のかたや、足の親指(母趾)が小指(第5趾)側に極端に曲がってしまう外反母趾のかたなどは、足の裏が悪い状態といえます。足の裏のアーチが正しく形成されておらず、正常に使われているとはいえないからです。

 足の裏の状態が悪いと、足の裏から脳幹へ伝わるはずの情報が滞ってしまいます。その結果、全身の筋肉の働きが悪くなったり、体の諸機能を調節している自律神経のバランスが乱れたりします。それによって、腰やひざ、股関節の痛みやしびれをはじめとして、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、耳鳴りやめまいなどの誘因ともなりうるのです。

 扁平足や外反母趾のかただけが、足の裏の状態が悪いわけではありません。むしろ、先ほど列挙した症状を抱えている人の大半が、ふだんから足の裏をうまく使えておらず、状態が悪いといっても過言ではないでしょう。

内臓の機能低下や血行不良にも有効

 足の裏の状態は、ふだんの歩き方や姿勢、体のクセなど、生来的なものによって形成されます。長年体に染みついた歩き方や姿勢を変えようとしても、なかなか容易ではありません。

 そこで、私が勧めているのが「足の裏しぼり」です。こり固まった足の裏をほぐし、正しいアーチを復活させることを助けるための簡単な方法です(図参照)。
 この足の裏しぼりを毎日続ければ、徐々に正しい情報が足から入ってくるようになります。そうすることで、脳幹の働きも向上し、痛みやしびれなどの症状が改善するでしょう。

 さらに、脳幹が活性することで、腹圧の正常化にもつながります。腹圧とは、おなかの圧力のことで、脳幹がその働きを調整しています。内臓は、袋状になった腹膜と呼ばれる膜組織に包まれ保護されています。この腹膜を風船のようにふくらませる力が、腹圧です。

足の裏しぼりのやり方

 腹圧が下がると、腹膜がしぼんで臓器が圧迫されます。すると、内臓機能が低下し、全身の血行不良にもつながります。その悪影響は、さらに骨格まで及びます。背骨を支えられなくなり、姿勢の悪化はもちろんのこと、背骨の中を走る血管や神経まで圧迫してしまうのです。

 腹圧を正常化するという点からも、足の裏しぼりは有効です。実際に私のセンターでは、施術と併せて足の裏しぼりを毎日行うことにより、ひざや股関節の痛みが改善したり、外反母趾が治ったりしたかたがいます。なかには、代謝が上がったことで10㎏やせて産後太りが解消した女性や、高かった血圧が下がったかたもいるのです。
 ぜひ、皆さんも足の裏しぼりを毎日続けてみてください。

解説者のプロフィール

ねづのりつぐ
理学療法士。BiNIリハビリセンター横浜勤務。2011年、帝京科学大学卒業。治療の傍ら、神奈川県横浜市において、専門家や一般のかた向けのセミナーも定期的に行っている。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「足裏10円玉療法」は、左右の足の親指と人さし指の付け根の間と、薬指と小指の付け根の間に、10円玉を貼る健康法です。10円玉を足の裏に貼ると、普通に歩くよりも着地時の衝撃が大きくなるうえ、ひざや腰に負担をかけない正しい姿勢で歩けるようになるので、ひざ痛の改善に有効なのです。【解説】芦原紀昭(内科医・整形外科医)
更新: 2018-09-05 13:29:32
腰痛やひざ痛に悩む女性の足の裏は、土踏まずがしっかり形成されていない「偏平足」の人が多いのです。土踏まずのない偏平足では、クッションもバネも働きません。足の裏から足首、ひざ、股関節にかけて大きな加重ストレスがかかるので、関節が故障しやすくなるのです。【解説】松山幸弘(浜松医科大学医学部附属病院病院長・浜松医科大学教授)
更新: 2018-09-12 12:28:13
私にはひざ痛の持病があり、7年前から、田園調布長田整形外科でひざと腰のリハビリを続けています。2年前からは、リハビリの中で教えてもらった、指ヨガもしています。【体験談】速水道子(仮名・82歳・主婦)
更新: 2018-09-12 11:51:39
ふくらはぎは、冷えに対して鈍感な部位です。試しに、氷を太ももとふくらはぎに当ててみてください。ほとんどの人が悲鳴を上げますが、ふくらはぎは意外と平気です。10秒くらいなら、我慢できるのではないでしょうか。【解説】関博和(せき接骨院院長)
更新: 2018-09-28 16:04:31
「いい大人が、子どものように大きな声で笑って……変だわ」これが、「笑いヨガ」の第一印象でした。2012年のある日、私は友人に誘われて、笑いヨガの体験会に参加したのです。正直にいうと、そのときは心の底から笑うことができず、今後も続けたいという気持ちにもなりませんでした。【体験談】中田智子(東京都・68歳・主婦)
更新: 2018-09-18 13:58:25
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt