医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

扁平足の足裏アーチが復活する【足の裏しぼり】のやり方 外反母趾も改善

扁平足の足裏アーチが復活する【足の裏しぼり】のやり方 外反母趾も改善

「腰が重くてイスから立ち上がるのがつらい」「ひざが痛くて長距離を歩けない」「足先がよくしびれる」といった症状にお困りのかたはいませんか。あなたのその痛みやしびれの原因は、「足の裏」にあるのかもしれません。【解説】根津憲継(BiNIリハビリセンター横浜・理学療法士)


足裏の状態の悪さが痛みや病気を招く!

「腰が重くてイスから立ち上がるのがつらい」「ひざが痛くて長距離を歩けない」「足先がよくしびれる」といった症状にお困りのかたはいませんか。あなたのその痛みやしびれの原因は、「足の裏」にあるのかもしれません。

 足の裏には知覚神経が張り巡らされており、全身のなかでも特に鋭敏な感覚器官といえます。通常、足の裏で知覚された情報は脊髄を通り、脳幹へ伝わります。脳幹とは、脳の幹に位置する部位のことで、視床・視床下部・中脳・延髄などの総称です。脳幹は、体の免疫機能や筋肉活動をつかさどっている大変重要な場所であり、私たちの生命活動の中枢ともいえるでしょう。ですから、脳幹が正常に働かないと、私たちの健康状態は維持されません。

 足の裏の状態が悪いと、この脳幹の働きも悪化すると考えられます。
 例えば、土踏まずに凹凸のない扁平足のかたや、足の親指(母趾)が小指(第5趾)側に極端に曲がってしまう外反母趾のかたなどは、足の裏が悪い状態といえます。足の裏のアーチが正しく形成されておらず、正常に使われているとはいえないからです。

 足の裏の状態が悪いと、足の裏から脳幹へ伝わるはずの情報が滞ってしまいます。その結果、全身の筋肉の働きが悪くなったり、体の諸機能を調節している自律神経のバランスが乱れたりします。それによって、腰やひざ、股関節の痛みやしびれをはじめとして、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、耳鳴りやめまいなどの誘因ともなりうるのです。

 扁平足や外反母趾のかただけが、足の裏の状態が悪いわけではありません。むしろ、先ほど列挙した症状を抱えている人の大半が、ふだんから足の裏をうまく使えておらず、状態が悪いといっても過言ではないでしょう。

内臓の機能低下や血行不良にも有効

 足の裏の状態は、ふだんの歩き方や姿勢、体のクセなど、生来的なものによって形成されます。長年体に染みついた歩き方や姿勢を変えようとしても、なかなか容易ではありません。

 そこで、私が勧めているのが「足の裏しぼり」です。こり固まった足の裏をほぐし、正しいアーチを復活させることを助けるための簡単な方法です(図参照)。
 この足の裏しぼりを毎日続ければ、徐々に正しい情報が足から入ってくるようになります。そうすることで、脳幹の働きも向上し、痛みやしびれなどの症状が改善するでしょう。

 さらに、脳幹が活性することで、腹圧の正常化にもつながります。腹圧とは、おなかの圧力のことで、脳幹がその働きを調整しています。内臓は、袋状になった腹膜と呼ばれる膜組織に包まれ保護されています。この腹膜を風船のようにふくらませる力が、腹圧です。

足の裏しぼりのやり方

 腹圧が下がると、腹膜がしぼんで臓器が圧迫されます。すると、内臓機能が低下し、全身の血行不良にもつながります。その悪影響は、さらに骨格まで及びます。背骨を支えられなくなり、姿勢の悪化はもちろんのこと、背骨の中を走る血管や神経まで圧迫してしまうのです。

 腹圧を正常化するという点からも、足の裏しぼりは有効です。実際に私のセンターでは、施術と併せて足の裏しぼりを毎日行うことにより、ひざや股関節の痛みが改善したり、外反母趾が治ったりしたかたがいます。なかには、代謝が上がったことで10㎏やせて産後太りが解消した女性や、高かった血圧が下がったかたもいるのです。
 ぜひ、皆さんも足の裏しぼりを毎日続けてみてください。

解説者のプロフィール

ねづのりつぐ
理学療法士。BiNIリハビリセンター横浜勤務。2011年、帝京科学大学卒業。治療の傍ら、神奈川県横浜市において、専門家や一般のかた向けのセミナーも定期的に行っている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ゆうきプログラムで坐骨神経痛を改善できた!股関節痛には「横の足上げ」体操がいい

ゆうきプログラムで坐骨神経痛を改善できた!股関節痛には「横の足上げ」体操がいい

驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」先生がそうおっしゃったのです。足を引きずりながら治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが…、と思いながら足を動かしました。すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。【体験談】阿部道子(仮名・主婦・73歳)


リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)


股関節の痛みを体操で改善!姿勢矯正ではなく“ねじれを取る”軸ピタ体操とは?

股関節の痛みを体操で改善!姿勢矯正ではなく“ねじれを取る”軸ピタ体操とは?

体がねじれると動かせる範囲が狭くなるため、同じところばかりを使わざるを得なくなり負担が1ヵ所に集中するようになります。そして痛みが出るようになると、今度はそれをかばってほかの部位に負担が行くようになります。その結果、骨の変形が起こり、さらに痛みへとつながっていき負の連鎖が起こるのです。【解説】横井伸幸(横井接骨院院長)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


【股関節炎】貧乏ゆすりで軟骨が再生!手術が不要になり痛みも消えた

【股関節炎】貧乏ゆすりで軟骨が再生!手術が不要になり痛みも消えた

「1ヵ月入院して足にかかる負荷をなくし、集中的に貧乏ゆすりをやってみてはどうか」と提案を受けました。私はその勧めに従うことにしたのです。レントゲンで確認した結果、この1ヵ月の努力は実を結んでいました。軟骨が再生していて、股関節と臼蓋の間にはすき間ができていたのです。【体験談】阿部大輔(仮名・会社員・39歳)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)