医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【フケ対策】原因の多くはマラセチア菌 頭のかゆみが止まらないときは皮膚科へ

【フケ対策】原因の多くはマラセチア菌 頭のかゆみが止まらないときは皮膚科へ

フケ症の人は、フケのせいで不潔に見えたり、印象が悪くなったりするのではないかと気にします。しかし、フケ自体は汚いものではありません。皮膚の炎症によって作られる湿疹の一つです。日常行っていただきたいフケ対策をご紹介しましょう。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


解説者のプロフィール

高山かおる
1995年、山形大学医学部卒業。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。専門は、接触性皮膚炎、フットケア、美容。東京医科歯科大学附属病院にて、日本の大学病院では稀有な皮膚科のフットケア外来を開局する。難治の皮膚疾患を抱える患者に対して、トラブルの根治を目指した原因の追求、診察、専門治療のほか、セルフケアの指導を行っている。著書に『ガサガサかかとが危ない!』(家の光出版)などがある。

フケは頭皮の炎症で起こる湿疹

肩のフケが目立つ。ちゃんとシャンプーしているつもりなのに、パラパラと白いフケが落ちてくる……。
フケ症の人は、フケのせいで不潔に見えたり、印象が悪くなったりするのではないかと気にします。

しかし、フケ自体は汚いものではありません。
皮膚の炎症によって作られる湿疹の一つです。

フケの発生に深く関わっているのが、マラセチア菌。
別名、癜風菌と呼ばれる真菌(カビ)です。

マラセチア菌は誰の皮膚にもすんでいる常在菌です。
皮脂を好み、皮脂の分泌が盛んな頭皮の毛穴周辺にすみついています。

女性にもフケ症は見られますが、多いのは中年以降の男性です。
脂ギッシュといわれるように、中年男性は皮脂の分泌が活発です。

エサとなる皮脂がたっぷりあり、マラセチア菌が異常繁殖しやすいのです。
逆に、疲れなどで免疫力(ウイルスや細菌を排除しようと身を守る生体の働き)が落ちると、マラセチア菌が増えてしまうこともあります。

いずれにしても、マラセチア菌が増え過ぎると、これを排除しようとして体の免疫反応が起こり、皮膚に炎症が生じてフケが出ます。
フケの状態は炎症の程度によって異なり、小さな粉になって散るものから、ジクジクしてかさぶたになるものまでさまざまです。

ご相談のように、フケが洋服にぱらぱら落ちる程度であれば、炎症は軽い段階にあると思われます。
セルフケアがフケの改善に役立ちます。

以下に日常行っていただきたいフケ対策をご紹介しましょう。

日常で行いたいフケ対策

●シャンプーは適切に
フケを防ぐシャンプーのコツは、洗い過ぎないことです。

1日に何度もシャンプーをすると皮脂を取り過ぎてしまいます。
皮脂は、頭皮にうるおいを与えたり、バリアとして働いたりしています。

皮脂が不足すると、常在菌のわずかな刺激にも反応して、皮膚がダメージを受けやすくなります。
頭皮をいたわるには、シャンプーは1日おきに。

汚れやすい環境にいる人や、新陳代謝が活発で頭皮がベタつきがちな人は、1日1回洗いましょう。
マラセチア菌を減らす働きのあるシャンプー(商品名:コラージュフルフルなど)を活用するのもお勧めです。

●頭皮を保湿する
皮膚の炎症が長引くと、頭皮がさらに荒れて傷つきやすくなります。

ローションやクリームで頭皮を保湿するといいでしょう。
頭皮専用の保湿用の商品もあります(商品名:アトピコ)。

●バランスのよい食事をする
バランスのよい食事は、頭皮のコンディションを整えることにもつながります。

皮脂の分泌を増やす、油っこい食事やアルコールの取り過ぎには要注意。
タバコはもちろんNGです。

●体調を整える
フケ症が中年の男性に多いのは、働き盛りで疲労がたまっていることも一因です。
睡眠不足や過労は免疫力を低下させて、頭皮にも悪影響を与えます。

ほかの病気を治すのと同じように、規則正しい生活を送ることがフケ症を改善します。
休息をしっかり取り、ストレスをためないようにして体調を整えることが大切です。

疲労を回復させるビタミンB剤のサプリメントを取るのもいいでしょう。

●頭皮への刺激を避ける
フケが出ている=頭皮に炎症が起こっているということです。

ですから、はっきり見えなくとも、小さな傷が頭皮にできており、こういったときに刺激を与えると、そもそものフケ症とは別に、かぶれ(接触皮膚炎)が起こりやすくなります。

フケが治まるまで、カラーやパーマは避けたほうが無難です。
以上のケアを行っても、かゆみが強いときは、皮膚科を受診しましょう。

治療薬は、マラセチア菌を撃退する抗真菌薬の塗り薬、かゆみが強いときは外用のステロイド剤、ビタミンB剤などを処方します。
これらの薬は、フケやかゆみといった症状改善に有効です。

かゆみは受診を考える大きな目安となりますが、症状が長期に及ぶ場合、尋常性乾癬など、ほかの病気が潜んでいる可能性もあります。
フケがとまらない場合も、皮膚科で相談しましょう。

自宅での頭皮ケアのコツ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


私の熟睡法はコレ!枕元に置くとスーッと眠れて朝までグッスリ

私の熟睡法はコレ!枕元に置くとスーッと眠れて朝までグッスリ

私が不眠に悩むようになったのは、1〜2年前からです。タマネギを枕元に置くようにしてからは、布団に入って10〜15分でスーッと眠れるようになりました。「これで私は眠れるんだ」という自己暗示も効いているかもしれませんが、タマネギのにおいで気持ちが安定する実感があります。【体験談】谷口芳江(仮名・主婦・65歳)


朝までトイレに行かず熟睡できた!「足の甲巻き」で足のむくみも解消

朝までトイレに行かず熟睡できた!「足の甲巻き」で足のむくみも解消

足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)


「おでこ伸ばし」で不眠が改善!心身のリラックス効果を実感できた

「おでこ伸ばし」で不眠が改善!心身のリラックス効果を実感できた

実際にやってみると、頭の中がスッキリするようで、とても心地よく感じました。「これをやっても眠れないなら、薬を飲めばいいんだから」というくらいの、軽い気持ちで始めたのです。すると、おでこ伸ばしをすると、薬を飲まなくても、すぐに寝つけることがわかりました。【体験談】森川知子(仮名・主婦・74歳)


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


不眠に特効!眠りが深くなるツボ「風池」はココ(ツボの探し方・押し方)

不眠に特効!眠りが深くなるツボ「風池」はココ(ツボの探し方・押し方)

安らかに眠るには、交感神経優位の状態から、副交感神経優位の状態へ移行する必要があります。そのために役立つのが、風池というツボへの刺激です。風池は、自律神経の乱れを調節するのに有効な特効ツボとされています。腹式呼吸も行うとさらに効果的です。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長・ウィスコンシン医科大学教授)


最新の投稿


【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

久々に帰国して驚いたのは、日本で普通に食事をすると、アスリートのための食事とは真逆で、疲労をためてしまう食事が多いということでした。特に気になったのは、砂糖があふれかえっていることです。糖質(炭水化物)の摂取も多いですね。【解説】山田知生(スタンフォード大学スポーツ医局アソシエイトディレクター・アスレチックトレーナー)


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)