【骨粗鬆症を予防】レモンの健康効果を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

【骨粗鬆症を予防】レモンの健康効果を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

果実や野菜などの有効成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。しかし、レモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


解説者のプロフィール

板倉弘重
1961年、東京大学医学部卒。同 第三内科講師、国立健康・栄養研究所臨床栄養部長、茨城キリスト教大学生活科学部食物健康科学科教授などを歴任。主な研究分野は、脂質代謝、動脈硬化、抗酸化物質。特に、赤ワイン、ココアのポリフェノールの抗酸化作用を明らかにした研究が有名。『あなたの血糖値はなぜ下がらないのか』(PHP出版)など著書も多い。

レモンは何百年も前から健康に役立てられていた

果実や野菜などの有効成分が発見されたのは現代になってからです。
その成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。

しかし、ことレモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。
例えば、16〜18世紀にかけての大航海時代には、船に大量のレモンが積み込まれました。

そのレモンを長い航海中にかじることで、壊血病(ビタミンCの不足によって起こる出血性の病気)をはじめとするさまざまな病気を防いでいました。
私も、食品が持つ健康効果の研究を長く続けてきました。

なかでも、健康に役立つ成分がズバ抜けて多いのがレモンといえるでしょう。

ビタミンCとポリフェノールの作用

では、レモンの有効成分と、各成分が健康にもたらす作用を見ていきましょう。

●ビタミンC
レモンに多い有効成分といえば、まずビタミンCです。

ビタミンCは、疲労回復やカゼの予防に役立ち、肌や骨の形成に必要なたんぱく質であるコラーゲンの生成にもなくてはならない成分です。
最近の研究では、ビタミンCに血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を減らし、血液をサラサラにする働きがあることもわかっています。

ビタミンCが豊富なレモンなどのかんきつ類をいつも取っている人ほど、肥満や生活習慣病を予防できます。

●レモンポリフェノール
次に、レモンには多彩なポリフェノール成分が含まれます。

ポリフェノールは「抗酸化作用」を発揮する機能性成分で、体内に増え過ぎると病気や老化の原因になる「活性酸素」を抑える働きがあります。
レモンには、エリオシトリン、ヘスペリジン、ケルセチンなどのポリフェノール成分が含まれていることが確認されています。

三つのポリフェノール成分の中でも、特にレモンに多く、強い抗酸化作用を発揮するのがエリオシトリンです。
エリオシトリンには血管を強くする作用、血液循環をよくする作用、血中の脂質を減らす作用があることが、研究等で明らかになっています。

二つめのヘスペリジンは、かんきつ類全般に含まれるポリフェノールで、血管を強化する働きがあります。

そして三つめのケルセチンは、タマネギやソバにも含まれるポリフェノールです。
ケルセチンは、関節や血管・血液の健康維持に役立つことで注目を集めている成分です。

ヘスペリジンとケルセチンはビタミンPと呼ばれたこともあり、血管を強化する成分として注目されていました。
抗酸化作用以外にも、ポリフェノールには大腸菌、ピロリ菌、虫歯菌などに対する抗菌作用があります。

生ものにレモンをかけて食べることで、抗菌作用が発揮されます。
また、これらのレモンポリフェノールは、果肉や果汁に比べて、皮にたくさん含まれています。

つまり、レモンを食べて抗酸化作用や抗菌作用を存分に発揮させるためには、果肉だけでなく皮も取ることが重要です。

丸ごとかじるのも一つの方法ですが、レモン酢のように皮付きのレモンの輪切りを酢漬けや砂糖漬けにすると食べやすく、ポリフェノール成分を十分に取れるでしょう。

リモネンでリラックス、クエン酸で疲労回復

●色素成分や香り成分
レモンの色素成分や香り成分も、健康を助けます。

色素成分でカロチノイドの一種の「β・クリプトキサンチン」は、血液循環や骨の強化に役立ちます。
香り成分のリモネンは、リラックス効果や血行促進効果があることで知られています。

レモンを取ったら不眠が改善したという話を聞きますが、これはリモネンのリラックス効果がうまく作用したものでしょう。

●クエン酸
レモンのすっぱさのもととなるクエン酸は、細胞でエネルギーを生み出すクエン酸回路で重要な働きをする成分。

疲れたときにレモンを食べると、クエン酸回路が働いて早めに疲労が取れ、体調が回復します。
さらに、クエン酸には、キレート作用という働きがあります。

キレート作用とは、カルシウムや鉄など体に吸収されにくいミネラル分を包み込んで吸収しやすい形に変える働きです。
この働きが、骨粗鬆症の予防にはとても役立ちます。

骨粗鬆症は、老化や閉経の影響で骨を作るカルシウムや鉄分が減って骨密度が薄くなり、骨がもろくなる病気です。
クエン酸が、カルシウムを増やす手助けをしてくれるのです。

私が以前に行った実験でも、骨粗鬆症を防ぐレモンの作用が実証されています。
50代の女性7人に、レモン1個分の搾り汁を毎日摂取し続けてもらいました。

3ヵ月後に骨密度の変化を調べたところ、7人中6人の骨密度が、レモンの搾り汁を飲む前に比べて上昇していることを確認しました。
骨粗鬆症の予防には、できるだけ早い時期からレモンを習慣にして取ることをお勧めしたいです。

レモンの機能性成分の一覧表

漬けたレモンを食べると良い

私自身も、レモンをよく食べています。
自宅ではサラダや肉、魚料理でレモンを使い、外食でも、レモンを使った料理を選ぶようにしています。

天ぷらにギュッと搾ったレモンをかけて食べるのも好きです。
おかげで生活習慣病や骨粗鬆症もなく、現在も医師として大勢の患者さんの診察にあたっています。

こうした健康効果を得るため、雑誌やテレビなどでも、最近ではさかんに、レモンの手軽な取り方が紹介されています。
なかでも、最近は「レモン酢」の人気が高まっていると聞いています。

レモン酢なら、漬けたレモンを食べることもできます。
前述したとおり、レモンのポリフェノールは皮に豊富に含まれていますから、レモン酢ならレモンの有効成分を丸ごと手軽に摂取できます。

レモン酢を飲むのはもちろんのこと、漬けたレモンもぜひ食べてください。
季節柄、これからは国産のレモンが市場に出回る時期です。

毎日の健康にぜひ、レモンをお役立てください。

「レモン酢」の作り方はこちら

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

私は当院のダイエット外来の患者さんに「緑茶コーヒーダイエット」を勧めています。なぜ「緑茶とコーヒーを合わせて飲む」といいのか、なぜ驚くほどのダイエット効果があるのか、その理由を解説しましょう。また、緑茶コーヒーの作り方・痩せるためのポイントや飲む際の注意点もご紹介します。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)


美魔女に聞いた「レモン」活用術 強い紫外線にすら負けない最強美肌ドリンク

美魔女に聞いた「レモン」活用術 強い紫外線にすら負けない最強美肌ドリンク

日焼けはともかく、紫外線のダメージでシミやシワだらけの顔では、美容の仕事をするうえで説得力がなくなってしまいます。そこで、サーフィンを楽しむときに、レモンでビタミンCを補給していました。ビタミンCはとても抗酸化力が高いので、おかげでシミやシワに悩まされずに済んだのです。【体験談】竹脇友加(PRコーディネーター・46歳)


仕事のことを考えてなかなか寝付けない。私がアッサリ解消した方法とは?

仕事のことを考えてなかなか寝付けない。私がアッサリ解消した方法とは?

帰宅しても仕事のことを引きずっていたのでしょうか、布団に入っても明日の仕事のことが頭に浮かんでなかなか寝つけないことがよくあったのです。それが、おでこ冷やしを行ってから布団に入ると、スッと寝入るようになり、朝目覚めたときもよく寝た!さっぱりした、となんとも爽快な気分なのです。【体験談】吉沢智子(仮名・会社員・46歳)


【眠りトラブルに効果】快眠食は「卵かけごはん」と「キウイヨーグルト」と判明

【眠りトラブルに効果】快眠食は「卵かけごはん」と「キウイヨーグルト」と判明

よい眠りを得るための栄養成分もあるのです。その一つが「L-トリプトファン」。卵にはL-トリプトファンが豊富に含まれ、炭水化物といっしょに取ると脳に伝達されやすくなるという性質があります。腸は脳と強い相互関係があり、ヨーグルトなどで腸内環境を整えることが重要です。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


最新の投稿


胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)