MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【腸もれを改善 】骨の栄養で腸を元気にする「骨スープレシピ」

【腸もれを改善 】骨の栄養で腸を元気にする「骨スープレシピ」

肉や魚などを骨ごと煮込んで作る「骨スープ」。骨スープは、腸の炎症の改善に効果的です。炎症が治まれば消化・吸収能力が回復し、免疫力もアップします。さまざまな病気の予防・改善につながります。皆さんもぜひ、腸を元気にする骨スープをお試しください【監修】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


 肉や魚などを骨ごと煮込んで作る「骨スープ」。
じっくり煮込むことで、腸の粘膜を修復するアミノ酸や、体の機能を調節するミネラル、肌・髪・爪を若返らせるコラーゲンなどが、骨からたっぷり抽出されます。さらに、酢を入れて煮込めば、より有効成分が溶け出しやすくなります。
 骨スープは、腸の炎症の改善に効果的です。
炎症が治まれば消化・吸収能力が回復し、免疫力もアップします。さまざまな病気の予防・改善につながります。
 皆さんもぜひ、腸を元気にする骨スープをお試しください。

※火加減、鍋の大きさ等で、水分の蒸発量が変わります。煮詰まり過ぎたら、湯を適宜足してください。目安は、具材が隠れる程度の水分量です。

煮干しと豆腐のスープ

魚を丸ごと食べられる! ピリ辛キムチがアクセント
(エネルギー 132kcal、塩分 1.6g、各1人分/スープは200mlで計算)

【材料】(2人分)
煮干し…15g
木綿豆腐…150g
Ⓐ 酒…50ml、水…500ml、コンブ…2枚(3cm×3cm)
水…200ml 塩…少々
Ⓑ 白菜キムチ…50g、白すりゴマ…小さじ2、万能ネギ(小口切り)…大さじ4

【作り方】
❶鍋にⒶを合わせ、20分おく。豆腐は半分に切る。
❷①の鍋を中火にかけ、煮立ち始めたら煮干しを加える。再び煮立ったら弱火にし、アクを取りながら20分煮る。
❸水と豆腐を加え、さらに20分煮る。
❹塩で味を調えたら器に盛り、Ⓑを飾る。

タチウオの酒粕汁

酒粕パワーで体ポカポカ!梅干しの酸味で上品な味わい
(エネルギー 320kcal、塩分 1.8g、各1人分/スープは200mlで計算)

【材料】(2人分)
タチウオ…2切れ(約300g)
酒粕…50g
タケノコ(ゆで)…50g
Ⓐ 酒…50ml 水…600ml、コンブ…2枚(3cm×3cm)、梅干し…2粒
結びコンブ…4個
塩…少々

【作り方】
❶鍋にⒶを合わせ、20分おく。
❷タチウオは半分に切り、グリルで7~8分焼く。タケノコは一口大に切る。酒粕は小さくちぎって湯50ml(分量外)に浸しておく。
❸①を中火にかけ、タチウオとタケノコを加える。煮立ったら弱火にし、アクを取りながら30分煮る。
❹結びコンブを入れてさらに20分煮たら酒粕を加え溶かし、一煮する。
❺塩で味を調え、器に盛る。

手羽先とダイズのみそ汁

肉はホロホロ!豆はホクホク!たんぱく質をおいしく摂取
(エネルギー 313kcal、塩分 3.1g、各1人分/スープは200mlで計算)

【材料】(2人分)
鶏手羽先…6本(約300g)
八丁みそ…大さじ2
ゆでダイズ…100g
Ⓐ 水…700ml、酒…50ml、コンブ(乾燥)…2枚(3cm×3cm)
ミツバ…適量

【作り方】
❶鍋にⒶを合わせ、20分おく。ダイズは粗くつぶしておく。
❷①の鍋を中火にかけ、煮立ち始めたら手羽先を加える。煮立ったら弱火にし、アクを取りながら40分煮る。
❸ダイズを入れ、みそを溶き入れながら10分煮る。
❹器に盛り、ミツバを飾る。

豚スペアリブの黒酢スープ

ボリューム満点ながら黒酢効果で後味サッパリ!
(エネルギー 487kcal、塩分 0.1g、各1人分/スープは200mlで計算)

【材料】(2人分)
豚スペアリブ…400g
Ⓐ 水…700ml、酒…50ml、黒酢…100ml、コンブ…2枚(3cm×3cm)
パクチー…適量

【作り方】
❶鍋にⒶを合わせ、20分おく。
❷①を中火にかけ、煮立ち始めたら豚肉を加える。再び煮立ったら弱火にし、アクを取りながら1時間煮る。
❸火を止め、冷ましたら冷蔵庫に一晩おき、浮いた脂を取り除く。
❹③を中火にかけ、煮立ったら器に盛り、パクチーを散らす。

カレイのカレースープ

煮付けの定番が華麗に変身!スパイシーな香りが食欲そそる
(エネルギー 282kcal、塩分 1.0g、各1人分/スープは200mlで計算)

【材料】(2人分)
カレイ…2切れ(約300g)
ニンニク…1片
タマネギ…50g
カシューナッツ…20g
Ⓐ カレー粉…小さじ1、オリーブオイル…大さじ1
Ⓑ 水…600ml、白ワイン…50ml
グリンピース(缶)…100g
塩…少々

【作り方】
❶カレイは皮に切り込みを入れる。ニンニクはつぶす。タマネギはみじん切りにする。カシューナッツはすりつぶしておく。
❷鍋にニンニク、タマネギとⒶを入れ、中火で炒める。香りが立ったらカシューナッツを加え炒める。
❸Ⓑを入れ、煮立ち始めたらカレイを加える。再び煮立ったら弱火にし、アクを取りながら30分煮る。
❹グリンピースを入れて10分煮たら塩で味を調え、器に盛る。

キンメダイとエビのブイヤベース

真っ赤な具材の旨みが凝縮した地中海風スープ
(エネルギー 238kcal、塩分 1.0g、各1人分/スープは200mlで計算)

【材料】(2人分)
キンメダイの頭つき半身…1枚(約300g)
エビ(頭と殻つき)…2尾(約100g)
トマト…1個
ニンニク…1片
オリーブオイル…大さじ1
Ⓐ 水…600ml、白ワイン…50ml、ローリエ…1枚、タイム…2本
塩…少々

【作り方】
❶キンメダイはぶつ切りにする。エビは背わたを取る。トマトは一口大に切る。ニンニクはつぶしておく。
❷鍋にニンニクとオリーブオイルを入れて中火で炒める。香りが立ったらエビを加え、みそを出すように頭をつぶしながらこんがりと焼きつける。
❸②にトマトとⒶを入れ、煮立ち始めたらキンメダイを加える。再び煮立ったら弱火にし、アクを取りながら1時間煮る。
❹塩で味を調え、器に盛る。

鶏もも肉のパイナップル風味スープ

パイナップルの酸味が新鮮!異国情緒あふれる一杯
(エネルギー 465kcal、塩分 1.1g、各1人分/スープは200mlで計算)

【材料】(2人分)
鶏もも肉(骨つき)…2本(約500g)
パイナップル(缶)…200g
インゲン豆(白)…50g
Ⓐ 水…600ml、白ワイン…50ml、酢…100ml、コンブ…2枚(3cm×3cm)
塩、粗びき黒コショウ…各少々

【作り方】
❶インゲン豆はたっぷりの熱湯に浸して一晩おき、戻したら水気を切る。鍋にⒶを合わせ、20分おく。鶏肉は関節に包丁を入れて半分に切り、塩とコショウをもみ込む。パイナップルはミキサーにかけてピューレ状にする。
❷①の鍋にパイナップルを入れて中火にかけ、煮立ち始めたら鶏肉を加える。再び煮立ったら弱火にし、アクを取りながら40分煮る。
❸インゲン豆を入れて20分煮る。
❹塩で味を調えたら器に盛り、黒コショウを振る。

ラムチョップの中華風スープ

ニンニクと花椒がガツンと香る!臭みのないラムが食べごたえ満点
(エネルギー 460kcal、塩分 0.7g、各1人分/スープは200mlで計算)

【材料】(2人分)
ラムチョップ…8本(約350g)
Ⓐ ニンニク(みじん切り)…1片、ショウガ(みじん切り)…1片、ネギ(みじん切り)…1/2本、白ねりゴマ…大さじ2、ゴマ油…大さじ1、花椒…小さじ1、豆板醤…小さじ1、赤唐辛子(ちぎる)…1本
Ⓑ 水…700ml、酢…100ml
豆苗…適量

【作り方】
❶鍋にⒶを合わせ中火で炒める。全体がなじんで香りが立ったらⒷを加える。
❷煮立ち始めたらラムを加える。再び煮立ったら弱火にし、アクを取りながら1時間煮る。
❸豆苗を加えて一煮したら器に盛る。

タイの頭のうしお汁

タイとコンブの旨みがたっぷり!贅沢なだしは繊細な味わい
(エネルギー 174kcal、塩分 0.8g、各1人分/スープは200mlで計算)

【材料】(2人分)
タイの頭…1尾(約400g)
アスパラガス…適宜
Ⓐ 酒…50ml、酢…50ml、水…600ml、コンブ…2枚(3cm×3cm)
塩…少々
粉山椒…少々

【作り方】
❶アスパラガスは根もとを切り、沸騰した湯に入れて1分半ほどゆで、ざるに上げて冷ましておく。
❷鍋にⒶを合わせて中火にかけ、煮立ち始めたらタイを加える。再び煮立ったら弱火にし、アクを取りながら1時間煮る。
❸塩で味を調えたら器に盛り、①を添えて粉山椒を振る。

サバのレモン風味スープ

超豪快!頭ごと煮込みレモンの酸味でサッパリいただく
(エネルギー 316kcal、塩分 1.2g、各1人分/スープは200mlで計算)

【材料】(2人分)
サバ…1尾(約500g)
レモン…1個
ジャガイモ…小2個
Ⓐ 水…700ml、酒…50ml、コンブ…2枚(3cm×3cm)
塩…少々
パセリ(みじん切り)…大さじ3
ディルウィード(ドライホール)…大さじ1

【作り方】
❶鍋にⒶを合わせ、20分おく。サバは頭を切り落とし、エラと内臓を取り除いてよく洗い、3~4cmの筒切りにする。レモンとジャガイモは半分に切る。
❷①の鍋にレモンを入れて中火にかけ、煮立ち始めたらサバを入れる。煮立ったら弱火にし、アクを取りながら40分煮る。
❸ジャガイモを加えて20分煮る。
❹レモンの果肉をつぶしながら全体を混ぜ、塩で味を調えて器に盛る。仕上げにパセリとディルウィードを散らす。

解説者のプロフィール

桑島靖子(くわじま・やすこ)
桑島内科医院副院長。
日本内科学会内科専門医。日本東洋医学会漢方専門医。日本抗加齢医学会専門医。
30代に悩まされ続けた不定愁訴を、漢方と栄養療法でみずから克服。
以来、漢方、栄養療法、点滴療法を取り入れた複合的なアプローチで内科疾患、不定愁訴の治療・予防に当たる。共著に『子宮を温める食べ方があった!』(青春出版社)などがある。

●桑島内科医院
香川県東かがわ市三本松751
TEL 0879-25-0771
http://kuwajima.net/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「洋食は高カロリーで体に悪い」と思う人もいるかもしれませんが天皇家の洋食の食材は日本で取れる旬のものばかり。その土地に住む人の体質に合ったものです。洋食も日本人に合った洋食が作れるのです。日本の旬の物をいただき、食材を無駄にしない天皇家のレシピを皆さんの健康に役立ててください。【解説】工藤極(元宮内庁大膳課厨房第二係)
更新: 2019-05-07 18:00:00
私が考案した10種類以上のフルーツ酢の中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2019-04-11 10:18:08
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-04-05 10:22:22
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-02-19 18:00:00
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-02-17 18:00:00
最新記事
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00
パンパンに張ったガス腹、何日たっても出ない便、つらいものですよね。気になって、仕事も家事も集中できない、という人も多いのでは。ここでは、簡単にでき、試したとたんに腸が動き出すストレッチを紹介します。【監修】市野さおり(看護師・米国SWIHA承認トウティーチャー)
更新: 2019-06-13 18:00:00
キウイフルーツに優れた血圧降下効果があることが、最近の研究でわかってきました。最大血圧だけでなく、最小血圧の改善にも有効です。「下が高い」という人は、ぜひ積極的にとってみてはいかがでしょうか。【解説】本橋登(元明治薬科大学理事・教授・薬学博士)
更新: 2019-06-12 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt