MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
腸もれ(リーキーガット症候群)を改善する食事療法「骨スープ」とは

腸もれ(リーキーガット症候群)を改善する食事療法「骨スープ」とは

「骨スープ」とは、肉や魚を骨ごと煮込んだスープのこと。最近では「飲む万能薬」と呼ばれて話題です。骨には、アミノ酸やコラーゲン、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。そして、じっくり煮出すことで、かたくて食べられない骨の栄養素が、スープに溶け出るのです。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)

近年増え続けている「腸もれ」を改善する!

 私は、病気治療の一環として、腸の働きを整える食事指導に力を入れています。腸は、食べ物の栄養を消化・吸収したり、毒素を排出したりする大切な役割を担っています。また、体を病気から守る免疫細胞の約7割が集中している、重要な免疫器官でもあるのです。

 腸の働きが低下すれば、栄養を十分に消化・吸収できません。すると、毒素が体にたまり、免疫力も落ちて、さまざまな病気を招きます。健康を維持するカギは、腸が握っているといえましょう。

 今回ご紹介する「骨スープ」は、近年増え続けている腸のトラブル「腸もれ(リーキーガット症候群)」を改善し、体調不良や病気を快方に導きます。
 英語でリーキーは「漏れ」、ガットは「腸」を意味します。腸もれは、腸に炎症が生じて腸の粘膜にすきまができ、そこから細菌や毒素、未消化のたんぱく質などが腸の外へ漏れ出す状態をいいます。
 腸から漏れ出した物質は、異物と見なされ、体はこれを排除するため免疫反応を起こします。その結果、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患が生じるのです。
 そして、全身に漏れ出た物質は、あちこちで炎症をもたらします。炎症が慢性化すると、疲労や倦怠感、糖尿病、肥満、アレルギー性疾患、うつ、ガンなど、さまざまな病気を引き起こします。

 腸もれの原因は、小麦製品に含まれるグルテン、乳製品に含まれるカゼインなどのたんぱく質、糖質の過剰摂取、食品添加物、化学物質、ストレス、寝不足、アルコール、環境ホルモンなど、さまざまです。
 私たちの生活環境は、腸もれの原因に満ちあふれており、今では、日本人のほとんどは、程度の差こそあれ、腸もれを起こしていると考えられます。

野菜を入れて食べてよし、お茶がわりに飲んでよし

 そこで頼りになるのが、骨スープです。骨スープは、その名のとおり、肉や魚などを骨ごと煮込んだスープで、古くから世界各地で作られてきました。日本の代表的な骨スープといえば、煮干しのだしや魚のあら汁、豚骨スープです。サムゲタンや牛テールスープは、韓国料理でおなじみでしょう。

 骨から煮出される栄養素には、腸もれを改善する働きがあります。腸の炎症が治まれば消化・吸収能力が回復し、免疫力もアップして病気の予防や改善につながります。

 それでは、骨スープの主な栄養素と効果を紹介しましょう。

●腸粘膜を修復するグルタミン
 骨スープには、腸の粘膜を修復するグルタミンというアミノ酸(たんぱく質の構成成分)が豊富に含まれています。アミノ酸は、消化酵素がなくても腸で吸収されるので、骨スープをとれば効率よくグルタミンが働き、腸の修復を促します。
 特に、胃腸の消化能力が低下している人、闘病中や病み上がりの人、ストレスが多い人などには、グルタミンが有効です。皮膚の再生には、アミノ酸が欠かせません。骨スープでグルタミンをしっかりとれば、肌の新陳代謝が促進されます。

●腸の炎症を鎮めるグリシン
 グリシンは、肝臓の解毒能力を上げるアミノ酸で、腸からもれ出た毒素の処理を促します。また、グリシンには、腸の粘膜の炎症を抑える働きもあります。炎症が治まると、粘膜のすきまもふさがります。
 腸に炎症があると、血糖値を下げるインスリンというホルモンの効きが悪くなり、過剰に分泌されます。また、インスリンはエネルギーを蓄える働きもあるため、分泌が増えると中性脂肪の合成が高まり、太りやすくなります。骨スープで腸の炎症を抑えられれば、糖尿病やダイエットにも有効です。

●髪、肌、爪を若返らせるコラーゲン
 コラーゲンも豊富です。コラーゲンは皮膚、髪、爪を構成する成分で、潤いやハリのある肌、コシのある髪、丈夫な爪づくりに役立ちます。

●体の機能を調節するミネラル
 骨スープには、カルシウム、マグネシウム、リンなど、体の機能を調節するミネラルも含まれています。
 特にマグネシウムは、現代人に不足しがちなミネラルです。血糖や血圧を調節したり、精神を安定させたり、鎮痛・エネルギー産生・解毒作用を促したりするなど、多彩な働きをします。マグネシウムが豊富な天然塩を味つけに使うと、より効果が期待できるでしょう。

●関節を健康にする各成分
 関節や軟骨の成分であるグルコサミン、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸も豊富です。関節炎の改善に役立ちます。

 私は、毎日400~500mLを目安にとるよう、患者さんにアドバイスしています。私自身は、骨スープに野菜を入れて食べるほか、ポットに入れてお茶がわりに飲んでいます。
 骨スープを作る際のポイントをにまとめましたので、参考にしてください。
 週に一度作りおきをするなど、続けられる方法を見つけながら、骨スープを毎日の健康に役立ててください。

煮干しのだしも骨スープ!

桑島式「骨スープ」の作り方

解説者のプロフィール

桑島靖子(くわじま・やすこ)
桑島内科医院副院長。
日本内科学会内科専門医。日本東洋医学会漢方専門医。日本抗加齢医学会専門医。
30代に悩まされ続けた不定愁訴を、漢方と栄養療法でみずから克服。
以来、漢方、栄養療法、点滴療法を取り入れた複合的なアプローチで内科疾患、不定愁訴の治療・予防に当たる。共著に『子宮を温める食べ方があった!』(青春出版社)などがある。

●桑島内科医院
香川県東かがわ市三本松751
TEL 0879-25-0771
http://kuwajima.net/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
必ずしも4つの野菜だけで作る必要はありません。どんな野菜にもファイトケミカルが含まれていますから、そのときどきに応じて、他の野菜を加えるといいでしょう。【回答】髙橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)
更新: 2019-05-10 18:00:00
ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分で、従来から知られている5大栄養素にはない、抗酸化作用や抗がん作用、免疫の増強・調整作用があります。ファイトケミカルは野菜スープにすることによって、有効成分をムダなく摂取することがでます。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教)
更新: 2019-05-15 10:04:46
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
更新: 2018-10-31 14:06:43
日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)
更新: 2018-08-31 12:00:00
私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
更新: 2018-09-10 15:26:52
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt