MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
息子のアトピーが改善した食事「骨スープ」ジュクジュク・かゆみがなくなった

息子のアトピーが改善した食事「骨スープ」ジュクジュク・かゆみがなくなった

現在30代の息子は、20代前半から顔に赤いブツブツが出始め、皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断されました。ステロイドの塗り薬を処方されましたが、よくなったり悪くなったりをくり返していました。数年すると全身にアトピーが広がり、肌がジュクジュクしてかゆみもひどくなりました。【体験談】野村敦子(仮名・67歳・主婦)

肌がジュクジュクしてかゆみもひどくなる一方

 昨年3月から、我が家では毎日、肉や魚を骨ごと煮込んだ骨スープを飲むようになりました。息子の治療で、桑島内科医院の桑島靖子先生に相談したことがきっかけです。

 現在30代の息子は、20代前半から顔に赤いブツブツが出始め、皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断されました。ステロイドの塗り薬を処方されましたが、よくなったり悪くなったりをくり返していました。
 数年すると全身にアトピーが広がり、肌がジュクジュクしてかゆみもひどくなりました。何軒も病院を回りましたが、どの病院でも処方される薬はステロイドで、量が増えるだけです。
 アトピーがひどくなるにつれ、息子は治療に不信感を募らせ、薬を使わなくなりました。肌の状態は悪くなる一方で寝込む日も多くなり、家の仕事も手伝えなくなりました。

 夫も私も心配でたまらず、息子を桑島先生の医院に連れて行きました。血液検査を受けると、息子は極端な栄養不足になっていると判明。腸が弱り、食事の栄養を十分に消化・吸収できなくなっていたのです。
 そんな息子に桑島先生が勧めてくださったのが、栄養が豊富で消化にいい骨スープでした。私は、「息子の体にいい物がようやく見つかった!」とうれしくなり、早速、鶏ガラで骨スープ作りを始めました。

 おいしいスープを作るコツは、鶏ガラの下処理とアク取りをすることです。私の場合、鶏ガラを水に一晩漬けて血抜きしてから、一度ゆでこぼします。そして、圧力鍋に移し、野菜も入れて弱火で1時間加圧したら、スープをざるでこして完成です。飲む前に少し塩を入れて、ポットで保温します。
「息子さんには、スープを1ℓ以上、お茶がわりに飲むように」と桑島先生にアドバイスされていたので、息子はガブガブとスープを飲み、私はせっせとスープを作り続けました。

 鶏ガラを1回で捨ててしまうのはもったいないので、私は「二番煎じスープ」を作りました。圧力鍋に鶏ガラと水を入れ、再度30分加熱するだけでできます。二番煎じといえども、だしは意外と出ます。
 夫はこのスープに少しだけ塩を入れ、毎朝お椀に2杯ほど飲みました。私もお茶がわりに飲んでいました。また、みそ汁やポトフ、卵焼きなど、料理にも活用しました。

野村さんの骨スープの作り方

息子はかつての色白肌に。夫も黒髪が増えた!

 骨スープを飲むようになって1ヵ月後、息子の肌の赤みやジュクジュクが、少しずつよくなっていきました。そして半年後、息子の肌は、色白だったかつてのように、すっかりキレイになったのです。
 少しかゆみは残っていますが、8~9割まで回復し、仕事の復帰にも意欲を見せています。親として、こんなにうれしいことはありません。

 半年後には、夫や私にも変化がありました。
 夫の左の目尻にできていた直径1㎝の大きなシミが、ほとんど消えたのです。スープを飲み始めて3ヵ月経ったあたりから、夫のシミが薄くなったことには気づいていましたが、まさか消えてしまうとは! さらに、ゴマ塩頭だった夫の頭も、黒い毛の割合が、明らかに増えたように思います。

 そして私は、鏡を覗く度に肌が少しずつ白くなり、顔にくっきり刻まれていたほうれい線が、薄くなっていきました。肌がしっとりとうるおい、弾力が出てきたおかげかもしれません。冬でも肌は乾燥しなくなり、骨スープの威力を日々感じています。
 最近、息子は鶏ガラスープのかわりに、煮干しの骨スープも飲んでいます。煮干しとコンブを使った昔ながらのだしも、かなり気に入っているようです。
 骨スープに出合ったおかげで、「体は食べ物でできている」と実感する毎日です。家族全員が健康に暮らすために、これからもいろいろな材料を使って、おいしい骨スープ作りに挑戦したいと思っています。

アミノ酸が十分吸収されアトピー肌の改善を促進(桑島内科医院副院長 桑島靖子)

 骨スープは、腸の炎症を改善し、栄養の吸収能力を高めます。体のすみずみまで栄養が届くので、全身の細胞が活性化します。息子さんは、肌の再生を促すアミノ酸などが十分に吸収されたことで、アトピー性皮膚炎が改善しました。
 ご主人のシミが消えたのは、肌の新陳代謝が活発になり、シミを作るメラニンの分解が進んだものと思われます。骨スープに含まれるコラーゲンは、肌にハリをもたらし、リフトアップ効果が期待できます。これにより野村さんのほうれい線も薄くなったのでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この記事のエディター
関連記事
特に思い当たる原因もなく、体調が優れない……。食べて数時間後〜数週間後と、アレルギー症状が遅れて出てくる「遅発型食物アレルギー」をご存知でしょうか。じんましんなどが出る「即時型食物アレルギー」とは違いあまり知られていません。【解説】澤登雅一(三番町ごきげんクリニック院長) 
近年、腸の免疫機能に「腸内細菌」が深く関わっていることが明らかになり始めています。中でも注目を集めているのが、「クロストリジウム」という種類に属する腸内細菌です。クロストリジウム菌の作り出す酪酸こそ、免疫のカギを握る物質だったのです。【解説】大野博司(理化学研究所粘膜システム研究チームリーダー・医学博士)
ある日、テレビで、「天然の酵母を起こし、それでパンを作る」という映像を見ました。おもしろそうだったので、私も作りたくなり、自己流でやってみました。ところが、酵母を起こす段階でカビが生えてしまい、うまくいきませんでした。【体験談】竹内悦子(51歳・主婦)
オクラには、細胞保護成分や保湿成分として化粧品にも広く使用されているムチンをはじめ、美肌づくりやダイエットにも役立つ栄養素が多く含まれています。腸内環境が整えば便通の改善はもちろんのこと、美肌づくりや血糖値のコントロールに役立ちます。【体験談】居場京子(I.B.A. TOTAL BEAUTY CONSULTING代表)
私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)
最新記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
手洗いの時間の目安は、おおよそ30秒。次のような手順で洗っていくと、少なくともそれくらいの時間が必要であることが実感できるでしょう。
新型コロナウイルスには、まだ特効薬やワクチンはなく、感染しないための予防法を徹底することが重要です。自分一人ひとりができる感染症対策のポイントをチェックしてみましょう。
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル