MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
下肢静脈瘤の名医が推奨!「ゴキブリ体操」で足の血を戻してむくみを解消!

下肢静脈瘤の名医が推奨!「ゴキブリ体操」で足の血を戻してむくみを解消!

ご自分のふくらはぎや太ももの裏を見たことがありますか?もし、血管がコブのようにボコボコと膨らんでいたり、ヘビのようにうねっていたりしたら、それは下肢静脈瘤という病気です。この病気は文字どおり、足の静脈がコブのように膨らんでしまう病気です。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)

解説者のプロフィール

広川雅之(ひろかわ・まさゆき)
●お茶の水血管外科クリニック
東京都千代田区神田駿河台2-1-4ヒルクレスト御茶ノ水5階
03-5281-4103
https://www.kekkangeka.com

お茶の水血管外科クリニック院長。
東京医科歯科大学血管外科で静脈の病気を専門とする。内視鏡的筋膜下穿通枝切離術(1999年)、日帰りストリッピング手術(2000年)、血管内レーザー治療(2002年)など、下肢静脈瘤の新しい治療法の研究・開発を行う下肢静脈瘤治療のスペシャリスト。著書『下肢静脈瘤は自分で治せる』(マキノ出版)『下肢静脈瘤 最新の日帰り治療できれいな足を取り戻す』(講談社)が好評発売中。 

すねの骨の内側を押すとむくみの有無がわかる

夕方になると、足に靴下のゴムの痕がつく。靴がきつくなってはけない。女性なら、誰でも一度や二度はこんな経験をしたことがあるでしょう。
これは明らかにむくみの症状です。しかしむくんでいるのに、意外に自覚のない人もいます。

そこでまず、むくみがあるかどうか調べてみましょう。足のすねの骨の内側を指で5〜10秒押してみてください。
ペコンとへこんで戻らないようなら、むくんでいます。むくみは、皮膚のすぐ下の脂肪に水がたまった状態で、決して足が太ったわけではありません。

血管には、心臓から手足に血液を送り出す動脈と、手足の先から心臓に血液を戻す静脈があります。
動脈は、血管の中を勢いよく血液が流れていますが、静脈は血管壁が薄く、流れもゆっくりです。静脈を通って血液が心臓に戻ることを「静脈還流」といいます。

下肢の静脈は心臓から最も遠く、重力に逆らって血液を心臓のほうに戻さなければなりません。通常は、ふくらはぎの筋肉がポンプのように働いて、心臓のほうに戻ります。
ところが、ふくらはぎの筋肉が少ないと、このポンプ作用が弱くなり、静脈還流がスムーズにいかず、足のむくみを引き起こすのです。

また、肥満や運動不足、塩分のとりすぎ、体の冷えなども、むくみを助長します。
特に高齢者は、足を使わないことによって筋力が衰え、「廃用性浮腫」と呼ばれるむくみを起こします。

こうしたむくみは不快ではあっても、直接、病気につながることのない生理的なむくみなので、特別な治療の必要はありません

血管がコブ状に膨らむ「下肢静脈瘤」

ご自分のふくらはぎや太ももの裏を見たことがありますか?
もし、血管がコブのようにボコボコと膨らんでいたり、ヘビのようにうねっていたりしたら、それは「下肢静脈瘤」という病気です。
この病気は文字どおり、足の静脈がコブのように膨らんでしまう病気です。

下肢静脈瘤の原因は、静脈の逆流を防止する「弁」が壊れることです。
静脈には、ハの字型の弁がついていて、血液が心臓に向かって流れているときは開き、通過した後はピタッと閉じて逆流を防ぎます。それが壊れると、静脈の血流が逆流しやすくなります。

弁が壊れても、すぐに静脈瘤ができるわけではありません。その状態が長く続くうちに、次第にこぶができるのです。
特に、次のような人は要注意です。

・長時間の立ち仕事
足を動かすと、ふくらはぎの筋肉が収縮したり弛緩して下肢の静脈を圧迫し、血液を心臓のほうに押し流します。これを「筋ポンプ作用」といいますが、立ちっ放しで足を動かさないと、ポンプ作用が働かず、血液が足にたまります。
静脈の血管は薄いので、血液がたまると血管が伸びて、コブを作ってしまうのです。

・妊娠・出産経験のある女性
女性は妊娠すると、ホルモンの影響で子宮や血管がゆるみます。また妊娠後期では、赤ちゃんが大きくなって、静脈の流れを阻害します。そのため静脈瘤ができやすいのですが、出産するとよくなります。

しかし、弁が壊れた状態は残っているので、10〜20年後に再び悪くなることがあります。女性は筋力も弱いので、男性の2〜3倍多く発症します。

むくみも、下肢静脈瘤の症状の一つです。静脈瘤は、見た目が悪いだけでなく、ほかにも足の重だるさ、熱感、こむら返り、ピリピリ・チリチリした痛みなどの症状を伴います。進行するとうっ滞性皮膚炎を起こし、重度になると潰瘍(皮膚が欠損した状態)になることもあります。

ただ、こうした症状があっても、いちがいに静脈瘤が原因とは言えません。むくみやだるさ、こむら返りなどは、ほかの理由でも起こるからです。心配な場合は自己判断せず、専門医の診察を受けてください。

■下肢静脈瘤の例

典型的な伏在型静脈瘤(左)とクモの巣状静脈瘤(右)

静脈瘤は命に関わる病気ではない

静脈瘤は、足の症状がつらくなければ、必ずしも治療する必要はありません。なぜなら、命に関わるような病気ではないからです。
多くの人が、次のようなことが起こるのではと、静脈瘤に不安を感じています。

①血栓が飛んで脳梗塞や心筋梗塞(脳や心臓の血管が詰まる病気)を起こす
②コブが破れて大出血する
③潰瘍がひどくなり、足を切断する

しかし、これらはすべて、誤解に基づくもので心配はありません
①は、まず、脚の血栓が飛んでも脳や心臓の血管が詰まることはありません。次に、静脈瘤であっても、血栓ができやすいわけではありません。

②は、破れて大出血するのは動脈瘤です。静脈瘤は、出血したとしても皮膚の下で血管が裂けて内出血する程度です。

③は、静脈瘤で潰瘍になっても、治療で治ります。
ですから、これらのことは、まったく杞憂なのです。

静脈瘤がほかの血管障害に進展したり、歩行障害のような運動障害を起こすことはありませんが、潰瘍までいってしまうと治療も大変です。ですから軽いうちに、早めに対処することが必要です。

午後から寝る前の時間帯に行うセルフケア

そこでセルフケアとしてお勧めしたいのが、「ゴキブリ体操」です。生理的なむくみや下肢静脈瘤によるむくみに、ゴキブリ体操は抜群の効果があるのです。

ゴキブリ体操は、あおむけに寝て両手、両足を上げ、ブルブル小刻みに揺らす体操です(やり方は下記参照)。
足が心臓より高い位置になることで、下肢にたまった静脈の血液が心臓に戻りやすくなります。また、手足を小刻みに動かすことで、毛細血流がよくなり、より心臓に血液が戻りやすくなります。

体操がつらいという場合には、足をイスの上に上げたり、壁に沿わせて上げるだけでもいいでしょう。手は上げなくても構いません。

ふくらはぎのポンプ運動を鍛えるという点では、あおむけに寝て足首を前後に動かす運動もいいでしょう。また、昼寝をするだけでも、むくみの解消に役立ちます。

ゴキブリ体操は、足がむくみやすくなる午後から就寝前までの時間帯にすると、効果的です。
一度に長くやって続かないより、短い時間でも毎日続けることが大事です。1ヵ月も続けると、むくみや足の重だるさなどが改善してきます。

それと同時に、むくみの原因になる生活習慣を改めることも大事です。普段からよく歩くなど、ふくらはぎを使う軽い運動をして、太っている場合は肥満を解消するよう努力してください。

下肢のマッサージや、下肢を引き締める弾性ストッキングも有効です。最近はむくみを解消するよい薬も出ていますから、一度医師に相談するのもいいでしょう。これらのむくみ対策は、下肢静脈瘤の改善や予防にも役立ちます。

なお、下肢静脈瘤によってボコボコになった血管は、ゴキブリ体操では治りません。その場合は、レーザーで焼く治療できれいに治ります。現在は、保険診療になっており、日帰りでの治療も可能になっています。

「ゴキブリ体操」のやり方

❶あおむけに寝て、両手、両足を天井に向け、なるべく床に垂直になるように上げる。

❷手と足の力を抜き、リラックスした状態で、手足をブルブルと小刻みに震わせる。30~60秒揺らしたら、いったん手足を下ろして休む。
これを数回くり返す。

手足を上げるのがつらい人は、イスや壁に足を乗せて、足の血流を心臓に戻しやすくするだけでもよい。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
20年以上前からスイカ糖をほぼ毎日とってきました。体が重苦しく動きづらいなと感じるときも、スイカ糖の出番です。そういうときは尿の出が悪く、余分なものがたまっているので、スイカ糖が効くのです。【体験談】斉藤よしこ(仮名・主婦・84歳)
更新: 2019-03-29 18:00:00
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
しばしば東洋医学では冷えの害を説きますが、その冷えというのは血行不良のことです。むくみと冷え症はセットなのです。一方で、腎臓の疲れを私たちは「腰の痛み」として察知することがあります。秋になって腎臓の辺りに痛みやこわばりを感じたなら、腎臓由来の腰痛と考えていいでしょう。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-05 10:18:31
夫の知人が肝硬変で入院したときも、スイカ糖を持ってお見舞いに行っていました。腹水がたまり顔もパンパンの状態だと聞き、スイカ糖がいいと思ったそうです。その後、奥さまから「スイカ糖をまた分けてもらえませんか」と電話がありました。スイカ糖をとり始めてからは、腹水がたまらなくなったそうです。【体験談】鈴木ミツエ(主婦・77歳)
更新: 2019-03-10 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt