MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【キャベツの有効成分】ビタミンCは加熱で壊れない!ビタミンUとは?キャベツの有効成分と効果的な摂り方

【キャベツの有効成分】ビタミンCは加熱で壊れない!ビタミンUとは?キャベツの有効成分と効果的な摂り方

キャベツには、ファイトケミカルのほかにも、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれています。まず、ビタミンCですが、生のキャベツ100gには41mgのビタミンCが含まれています。ビタミンCは強力な抗酸化ビタミンで、体内に生じた活性酸素を消去する作用があります。【解説】高橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医部元准教授)

解説者のプロフィール

髙橋弘
麻布医院院長。
1977年、東京慈恵医科大学卒業85年、ハーバード大学医学部留学ハーバード大学付属マサチューセッツ総合病院にて、フェロー、講師、助教授を経て、ハーバード大学内科准教授となる東京慈恵医科大学教授、セレンクリニック診療部長、医療法人ヴェリタス・メディカル・パートナーズ理事長などを経て、2009年、麻布医院院長に就任食事と病気の関係に着目してファイトケミカルの研究に情熱を注ぎ、ファイトケミカルスープを考案治療の補助として患者に積極的に勧めて成果を上げているファイトケミカル研究家専門はがんの免疫療法と肝炎の治療。

●麻布医院
https://www.azabu-iin.com/

スープにしないと有効成分が溶け出さない

1年を通して出回っているキャベツですが、春キャベツは柔らかくて甘みがあります。
千切りやサラダにしてもおいしいですが、私がお勧めしたい調理法はスープです。

スープにするといっそう甘みが増しておいしくなります。
また、キャベツは100gであっても、スープならあっという間に食べられます。

そしてなによりも、別記事で述べたファイトケミカルによる発がん予防の効果を得るには、スープが最も適しているのです。

ファイトケミカルは野菜の堅い細胞壁の中に閉じ込められていて、生のまま食べても細胞が壊れず、吸収されにくいからです。

しかし、加熱すると細胞は簡単に壊れて、大部分のファイトケミカルが外に溶け出します。

キャベツのビタミンCは過熱しても壊れない

キャベツには、ファイトケミカルのほかにも、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれています。
まず、ビタミンCですが、生のキャベツ100gには41mgのビタミンCが含まれています。

ビタミンCは強力な抗酸化ビタミンで、体内に生じた活性酸素を消去する作用があります。
それによって、発がんを阻止したり免疫力を高めたりするなど、さまざまな効果が得られます。

抗酸化以外にも、ビタミンCにはすばらしい働きがあります。
その一つが、コラーゲンの合成を助けることです。

コラーゲンは肌のハリや弾力を保つのに欠かせない成分ですが、コラーゲンを食べれば、それがそのまま皮膚に届くわけではありません。
体内で消化され、一度分解された後、必要なコラーゲンに再合成されます。

その再合成に必須なのが、ビタミンCです。
ビタミンCがないと、分解されたコラーゲンは再合成されず、無駄に燃焼されてしまいます。

コラーゲンは皮膚だけでなく、骨や血管、筋肉などを構成する大事な要素です。
したがって、これらの部位を丈夫にするためにも、ビタミンCは必要です。

ビタミンCの二つ目の働きは、インターフェロンという抗ウイルス作用をもつたんぱく質をつくることです。
体内にウイルスが侵入すると、それに対応してインターフェロンがつくられます。

インターフェロンはウイルスの攻撃から体を防御したり、免疫機能を活性化したり、またウイルスを攻撃する物質にもなります。
しかし、スープにしたらせっかくのビタミンCが壊れるのでは?と心配する人も多いでしょう。

ご安心ください。
キャベツのビタミンCは、煮ても壊れることはありません。

スープにすると、キャベツの葉に含まれているビタミンCはスープに溶け出します。
そのため、葉のビタミンCは減りますが、残りはスープに移行しています。

ですから、スープを飲んで具も食べれば、キャベツのビタミンCを全部とることができるのです。
ビタミンCは、キャベツの芯の部分に多いので、芯もスープに入れて食べてください。

不溶性の食物繊維と水溶性の食物繊維の両方が含まれている

キャベツには食物繊維も豊富で、不溶性の植物繊維と水溶性の食物繊維の両方が含まれています。
水溶性食物繊維は腸内細菌のエサになって腸内細菌を増やし、腸内環境を整えます。

余分な脂質を排泄したり、糖質の吸収をゆるやかにしたりするので、血糖値の急激な上昇を抑え、コレステロールを低下させる作用があります。
不溶性食物繊維は、便のかさを増やし、腸の蠕動運動を促す働きがあるので、便秘に効果的です。

キャベジンで知られる「ビタミンU」

キャベツで忘れてはならないのが、胃の炎症や潰瘍を改善する働きです。
胃薬の名前でよく知られる「キャベジン」は、キャベツの汁から見つかった成分です。

キャベツを難治性の胃潰瘍患者に飲ませたところ治癒したことから、潰瘍(ulcer)の頭文字をとって、「ビタミンU」とも呼ばれています。
水溶性の食物繊維やビタミンC、ビタミンUも、スープに溶け出しています。

一方で、キャベツの葉にもよい成分が残っていますから、キャベツスープは、スープも具も全部食べてください。

キャベツの有効成分とその働き(ファイトケミカルを除く)

有効成分をすべてとれる春キャベツスープの作り方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
必ずしも4つの野菜だけで作る必要はありません。どんな野菜にもファイトケミカルが含まれていますから、そのときどきに応じて、他の野菜を加えるといいでしょう。【回答】髙橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)
更新: 2019-05-10 18:00:00
ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分で、従来から知られている5大栄養素にはない、抗酸化作用や抗がん作用、免疫の増強・調整作用があります。ファイトケミカルは野菜スープにすることによって、有効成分をムダなく摂取することがでます。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教)
更新: 2019-05-15 10:04:46
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
更新: 2018-10-31 14:06:43
日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)
更新: 2018-08-31 12:00:00
私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
更新: 2018-09-10 15:26:52
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt