MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【玉ねぎの皮の栄養】白い部分よりケルセチンが豊富!効率的に摂取する方法

【玉ねぎの皮の栄養】白い部分よりケルセチンが豊富!効率的に摂取する方法

タマネギは、血液をサラサラにする健康によい野菜として知られています。しかし、普段捨ててしまう「皮」にも、強い健康効果が期待できるのをご存じでしょうか。【解説】井上節子(文教大学健康栄養学部教授)

解説者のプロフィール

井上節子
文教大学健康栄養学部管理栄養学科教授。
研究分野は応用健康科学、応用生物科学。
タマネギの外皮の機能性と、効果的においしく食べる調理法などについて、研究を続けている。

玉ねぎの皮の有効成分の含有量は可食部分の20~30倍!

タマネギは、血液をサラサラにする健康によい野菜として知られています。
しかし、普段捨ててしまう「皮」にも、強い健康効果が期待できるのをご存じでしょうか。

タマネギの皮には「ケルセチン」というポリフェノールの一種が豊富に含まれています。
タマネギの健康効果の多くは、このケルセチンによるものです。
ケルセチンは、タマネギの可食部分である白い部分にも含まれていますが、皮には、それよりもずっと多くのケルセチンが含まれているのです。

私がケルセチンに関心を持ったのは、3年以上前のことです。
当時所属していたアメリカの研究室の同僚から、ケルセチンの抗酸化力について聞いたのがきっかけでした。

私たちが呼吸で取り込んだ酸素は、その一部が体内で活性酸素に変わります。
活性酸素は、体内で他の物質と結びつき、酸化させてしまう性質があります。
鉄を空気に長期間さらすとサビつくように、体内も活性酸素によってサビつく、とイメージするとわかりやすいでしょう。

体内で酸化が進むと、老化が進んだり、病気を引き起こしたりすると考えられています。
この活性酸素の影響を抑えたり取り去ったりする力が、抗酸化力です。

ケルセチンはさまざまな植物に含まれていますが、最も豊富に含まれているのはタマネギです。
当時、学会で発表されていたケルセチンの論文も、大半がタマネギの可食部分から抽出したケルセチンを使っていました。

私も、当初はタマネギの可食部分を研究に使っていました。
しかし、研究を続けるうちに、大量に捨てる皮が気になり始めたのです。

そこで試しに、タマネギの皮を調べてみたところ、なんと、可食部分よりもはるかに多いケルセチンを含むことがわかりました。
タマネギの種類や栽培法、収穫時期などによって異なりますが、皮には可食部分の20~30倍ものケルセチンが含まれていたのです。

ケルセチンに関しては、世界中でさまざまな研究報告がありますが、その中には、血液中のコレステロール値や中性脂肪値の低下、血圧の低下、動脈硬化の予防、抗ヒスタミン作用など、健康効果が期待できるものが少なくありません。

脳の関門を通過できるケルセチン

このように、数あるケルセチンの作用の中でも、私が注目したのは、脳への作用です。
人体の中でも重要な部位である脳には、血液中の有害な物質が脳へ入らないようにするための、門番のような仕組みがあります。
この仕組みは「血液脳関門」と呼ばれます。

血液脳関門を通過できるのは、ごく一部の物質に限られます。
ケルセチンは、この血液脳関門を通過できるのです。

そこで私は、タマネギの皮に含まれるケルセチンの抗酸化力が、脳内でも働くかどうかについて実験を行いました。
実験では、粉末にしたタマネギの皮を、量を変えてエサに混ぜ、マウスに与えました。

そして1週間後、マウスの脳の過酸化脂質の量を調べました。
ここでいう過酸化脂質とは、脳を構成する脂質の一部が、活性酸素によって酸化・変質したものです。

結果は、タマネギの皮を与えなかったマウスと比べると、与えたマウスは、いずれも脳内の過酸化脂質の濃度が低くなっていることがわかりました。
これは、タマネギの皮に含まれるケルセチンが脳へ達して抗酸化力を発揮し、脳細胞の酸化・変質を食い止めたからだと推察されます。

現在、アルツハイマー型認知症の患者さんは、脳内で過酸化脂質が増加していることが確認されています。
まだ研究の途中ですが、タマネギの皮は、認知症をはじめとする脳の老化の予防・改善に大いに役立つ可能性があると、私は考えています。

体内で効率よく抗酸化力を発揮する

この実験では、ほかにもさまざまなことがわかりました。
まず、タマネギの皮には、鉄が可食部分より9.42倍も多く含まれていることが確認できました。

実はケルセチンは、それ単体では、さほど抗酸化力はありません。
体内で鉄や銅などと共に存在することで、初めて抗酸化力を発揮するのです。
タマネギの皮には、ケルセチンと鉄の両方が含まれていますから、体内で効率よく抗酸化力を発揮してくれると考えられます。

また、タマネギの皮を与えたマウスは、非常に元気になりました。
よく動くため、つかまえづらかったほどです。
エサもよく食べました。
ただ、体重はあまり増えませんでした。

海外では、ケルセチンは、セロトニン分解酵素の働きを抑えるという報告があります。
セロトニンは、神経伝達物質の一種です。
精神を安定させたり、やる気を向上させたりする働きがあるため、「幸せホルモン」とも呼ばれます。
ちなみにうつ病は、脳内のセロトニン不足が原因の一つともいわれています。

私たちの研究室でも、タマネギの皮の粉末を入れたクッキーを約40名に食べてもらったことがありますが、食べた人の中には「元気になった」「やる気が出た」という声がありました。

実験で使ったマウスが元気になったのは、タマネギの皮のケルセチンによって、脳内のセロトニンの量が維持できたからかもしれません。
体重が増えなかったのも、運動量の増加と関係があると思われます。
ですから、普段からタマネギの皮をとっていれば、脳を含む全身の老化や病気、肥満の予防・改善が期待できるでしょう。

具体的な方法としては、お茶のようにして皮を煮出したものを飲んだり、乾燥させた皮を粉末にして、料理に加えたりするのがお勧めです。

玉ねぎの皮茶の作り方

糖分とあわせると吸収がよくなる

ただ、タマネギの皮のケルセチンは、扱い方しだいで抗酸化力が落ちます。
特に顕著なのは、金属や空気との接触です。

研究室では、タマネギの皮の粉末を水と一緒にビーカーに入れて攪拌するさい、金属製のスプーンを使っただけで、ケルセチンの抗酸化力が落ちました。
混ぜすぎによって空気と触れさせすぎても、抗酸化力は落ちました。
調理するときも、フライパンを使うと、抗酸化力は落ちます。
電子レンジや、ガラス質の釉薬で覆われたほうろう鍋では、抗酸化力はあまり変わりません。

調味料によっても、抗酸化力は変わります。
塩を加えると抗酸化力は落ちます。
ただ、みそやしょうゆでは、あまり変化がありませんでした。
これは、みそなどに含まれるアミノ酸が、なんらかの影響を及ぼしたのでしょう。

油分や砂糖では、ケルセチンの抗酸化力にほとんど変化はありませんでした。
砂糖の場合は、糖と結びつくことで、ケルセチンが体内で吸収されやすい形に変わるため(ケルセチン配糖体)、むしろ、あわせてとったほうがよいと思われます。

もちろん、混ぜたり金属と触れたりしたからといって、抗酸化力がまったくなくなってしまうわけではありません。
ですから、ご家庭ではそこまで厳密に考えなくてもいいとは思いますが、タマネギの皮を使う場合は、可能な範囲で上記のことを意識すると、ちょっとお得かもしれません。

私たちの研究室では、これまでに何度か、地元・神奈川県茅ヶ崎市主催の講演会やイベントなどで、タマネギの皮の粉末を使った料理を披露しています。
このときは、ハンバーグやマフィン、みそを使った田楽・鍋料理などが好評でした。

なお、ケルセチンは「1日10g以上摂取すると、肝臓に負担がかかる」という報告があります。
とはいえ、タマネギの皮のみで、それだけの量のケルセチンをとるのは、まず無理です。

ですから、タマネギの皮の摂取においては、副作用はほぼないと考えていいでしょう。
ただし、タマネギの皮は繊維質が多いため、人によってはお通じが多少ゆるくなるかもしれません。
気になるかたは、様子を見ながら食べてください。

なお、タマネギの皮を使う場合は、タマネギは無農薬・有機栽培のものがお勧めです。
農薬などの心配がなく、安心して使えますし、通常のものよりも、皮に含まれるケルセチンの量が多いからです。
無農薬のタマネギが手に入らない人は、市販のタマネギの皮の粉末を利用するのも、手軽でよいと思います。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
納豆はコレステロールや脂質の含有量が少なく、糖尿病や脂質異常症を引き起こす可能性が低い優れた食材です。ナットウキナーゼには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし血栓を作りにくくする効果があり、動脈硬化を予防します。アマニ油と摂ると血管若返りに効果が期待できます【解説】広川慶裕(認知症予防医・ひろかわクリニック院長)
更新: 2019-04-14 18:00:00
認知症が進行すると、自分がいる場所がどこで、話している相手は誰かなど、自分の置かれている状況の見当がつきにくくなってきます。これを「見当識障害」といいます。現実見当識訓練は、脳に残っている機能に働きかけて現実見当識を高め、認知症の進行を遅らせることを目指します。【解説】石井映幸(ふれあい鶴見ホスピタル副院長)
更新: 2018-10-12 18:00:00
近年、記憶と関連の深い脳の海馬などでは、新しい細胞が毎日生まれていると判明しています。ですから、脳の萎縮が進んでも、それをカバーする脳内の環境作りは十分可能だといえます。今からでも遅くはありません。耳もみを早速実践して、脳の血流を活発にしてください。【解説】広川慶裕(ひろかわクリニック院長)
更新: 2018-10-07 18:00:00
片足立ちは、有酸素運動とバランス運動を兼ねています。片足立ちを1分続けることは、50分歩くのとほぼ同じ運動量になります。有酸素運動が認知症予防に有効であることは、多くの研究データが示すところです。また、転倒予防という点からも優れています。【解説】長谷川嘉哉(土岐内科クリニック院長・医療法人ブレイングループ理事長)
更新: 2018-10-03 07:00:00
食後2時間血糖値の高い人ほど、アルツハイマー病の発症リスクが高く、中年期に糖尿病になって、病歴の長い人のほうが、海馬の萎縮が強いことも判明しました。したがって、食事の最初に野菜をたっぷり食べ、食後の血糖値が上がらないようにすることも大事です。【解説】二宮利治(九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生分野教授)
更新: 2018-09-30 12:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt