MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【耳鳴りを改善する】ツボ「合谷」の押し方 低音・高音のもみ方は?

【耳鳴りを改善する】ツボ「合谷」の押し方 低音・高音のもみ方は?

高齢の患者さんのなかには、耳鳴りや難聴をはじめとする耳の不調を訴えるかたが少なくありません。そんな耳鳴り・難聴に悩まされている人にセルフケアとしてお勧めしたいのが、手の甲にあるツボ・合谷への指圧です。【解説】松浦聡(コンチェルトはりきゅう院院長)

松浦聡
コンチェルトはりきゅう院院長。通常の治療のほか、不妊症の体質改善や音楽家のフォーカルジストニア(自分の意思とは関係なく体の一部が勝手に動く病気で音楽家に多く見られる)や腱鞘炎などを専門的に行っている。

低音の耳鳴りは気の不足、高音は気のめぐりが悪い

高齢の患者さんのなかには、耳鳴りや難聴をはじめとする耳の不調を訴えるかたが少なくありません。
東洋医学では、体の不調や病気は、体内を巡る気(生命エネルギーの一種)や血(体を滋養する成分)の異常によって生じると考えます。

耳の場合、加齢などによって気が不足したり、イライラやストレスなどの影響で気が上半身に昇ったりすると、耳鳴りや難聴、めまいなどが生じることがあります。

個人差はありますが、私の経験では、低音の耳鳴りがある人は気の不足、高音の耳鳴りがある人は気の巡りの悪さが原因である場合が多いようです。

そんな耳鳴り・難聴に悩まされている人にセルフケアとしてお勧めしたいのが、手の甲にあるツボ・合谷への指圧です。
合谷は、刺激の与え方次第で、不足した気を補うことも、気の巡りを整えることもできるツボです。

指圧を習慣にすれば、耳鳴り・難聴の治療の助けとなるでしょう。
私も、耳の不調を訴える患者さんに対し、鍼灸施術で合谷を用いることがあります。

指圧なら適度な刺激を与えられる

腰痛で治療を受けていた70代の男性Aさんは、ガンと診断されて以降、抗ガン剤治療が進むにつれて、右耳の耳鳴りにも悩まされるようになりました。
東洋医学では、抗ガン剤は五臓の一つである腎に影響を及ぼすと考えられています。

そこで私は、合谷と腎の働きを補うツボへ治療を施しました。
Aさんの治療は週に二度のペースでしたが、耳鳴りは三度目の治療で気にならない程度まで治まりました。

また、50代の女性Bさんは、オペラ歌手としてコンサート活動を続けていました。
Bさんは以前、突発性難聴を患い、入院したことがあります。

その入院から3年後に突発性難聴が再発。
このときコンサートを控えていたBさんは通院治療を選択。

併せて私の鍼灸治療も受けることにしました。
Bさんは、陽の気(積極的になるエネルギー)が高ぶり過ぎて上半身に昇っている状態でした。

そこで、合谷と陰の気を補うツボに対し、3日から1週間に一度のペースで治療を開始。
すると、気が整い、七度目の治療で完治し、コンサートも無事に終えることができました。

二つの例をご紹介しましたが、高齢の患者さんへの耳の鍼灸治療では、私は合谷を第一選択として使いません。

合谷は刺激に対する感度が強いツボです。
特に高齢者の場合、鍼などの刺激は強く反応が出ることがあるためです。

ただ、患者さんご自身で行う指圧であれば、合谷へ適度な刺激を与えることができます。
耳の不調の原因である気の不足と気の巡りの悪さのどちらも改善できるでしょう。

何を食べても味がしないときにも有効

合谷の位置は、治療家によって考え方が異なります。
私は手の甲の、人さし指と親指の骨が交わる骨のきわを合谷としています。

低音の耳鳴りがする人で、疲れやすい、カゼをひきやすいなど、気が不足したタイプは、左右の手の合谷を押してみて、気持ちよく感じる側の手の合谷を刺激してください。

高音の耳鳴りがする人で、ストレスが多くて気が滞ったタイプの場合は、左右の合谷を押して、痛みが強い側の手の合谷を押します。

指圧は、反対側の手の親指の腹を合谷に当てて、その裏側を人さし指で支えて行います。
指圧は、痛みや気持ちよさなどの反応が得られる方向に対し、5〜10秒かけてゆっくりと、3〜5回押します。

押すのは骨ではなく、筋肉です。
痛気持ちいいと感じる程度の力加減で、あまり強く押し過ぎないように注意してください。

合谷への指圧は、1日に2〜3回で十分です。
耳鳴りや難聴は重篤な病気が原因で起こる場合もあります。

耳鳴り・難聴が生じたら、必ず専門医に診てもらいましょう。
その上で、セルフケアとして合谷への指圧を行ってください。

合谷は、五感すべての不調や病気に有効なツボといわれています。
耳鳴り・難聴だけでなく、高齢者に見られる、何を食べてもおいしくない、味が感じられないといった状態にも有効です。ぜひお試しください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
もう一つ、信じられない変化がありました。手のひらを押し始めてからというもの、あれだけ苦しんだ耳鳴りの頻度が減ったのです。先生に教えてもらったとおり数ヵ月、手のひらを押していたら、耳鳴りがしなくなったのです。それから4年がたちますが、耳鳴りと腰痛に悩まされたことはありません。【体験談】佐藤茂(会社員・49歳)
更新: 2019-02-26 18:00:00
作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)
更新: 2019-01-17 18:00:00
十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)
更新: 2018-12-09 18:00:00
耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)
更新: 2018-12-05 18:00:00
私の首はガチガチにこっているというのです。首のコリが耳に悪い影響を与え、耳鳴りやめまいといった症状を引き起こすということでした。首ほぐしを毎日続けてから2週間ほど経ったときのことです。ふと「耳鳴りがしなくなってきたな」「そういえば最近、めまいが起こっていないな」と感じたのです。【体験談】笹本和雄(仮名・自営業・44歳)
更新: 2018-11-29 07:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt