最近字が下手になった、つまづきやすい?「神経の老化」を若返らせる方法

最近字が下手になった、つまづきやすい?「神経の老化」を若返らせる方法

私は脳神経外科医として、これまでに延べ39万人に上る患者さんを診てきました。その経験から、神経は命をつなぐ生命線だと考えています。頭痛、腰痛、耳鳴りから高血圧や便秘まで、あらゆる病気や体の不調の元凶は、「神経の老化」だと言っても過言ではありません。【解説】工藤千秋(くどうちあき脳神経外科クリニック院長)


解説者のプロフィール

工藤千秋(くどう・ちあき)
くどうちあき脳神経外科クリニック院長。
1958年、長野県生まれ。東京脳脊髄研究所所長。臨床脳電位研究会事務局長。日本脳神経外科学会専門医。英国バーミンガム大学、労働福祉事業団東京労災病院脳神経外科、鹿児島市立病院脳疾患救急救命センター脳神経外科などを経て、2001年にくどうちあき脳神経外科クリニックを開設。漢方やアロマセラピーなど各種補完療法も導入しながら、脳疾患はもちろん、認知症やパーキンソン病、痛みの治療にも情熱を傾ける。著書に『脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング』(サンマーク出版刊、1300円+税)などがある。

●くどうちあき脳神経外科クリニック
東京都大田区大森北1-23-10
TEL 03-5767-0226
http://www.kudohchiaki.com/

神経の老化があらゆる病気の元凶だった

●昔よりも字が下手になった
●段差も何もないところでつまずきやすくなった
●食べこぼしが多くなった
●しびれや震えが起こる

 このような変化に心当たりのある人は要注意です。あなたの末梢神経は、かなり老化しているかもしれません。末梢神経は脳と体の末端をつなぎ、指令や情報を伝える働きをしています。(以下、「神経」と略して表記する)。

 私は脳神経外科医として、これまでに延べ39万人に上る患者さんを診てきました。その経験から、神経は命をつなぐ生命線だと考えています。頭痛、腰痛、耳鳴りから高血圧や便秘まで、あらゆる病気や体の不調の元凶は、「神経の老化」だと言っても過言ではありません。

 この万病のもとである神経の老化を食い止め、若返らせる方法として、私が5年ほど前から、患者さんに勧めているのが「顔もみ」です。

神経の大半が顔と指に集中している

 下の図を見てください。これは、カナダの脳神経外科医、ワイルダー・ペンフィールドが描いた「ペンフィールドのホムンクルス」という有名な図です。

 この図は、脳のどの部分が体のどこの筋肉に指令を出しているか(運動野)、脳のどの部分が体のどこからの刺激を受け取っているか(感覚野)を表しています。

 大きく描かれた部位ほど、たくさんの神経が集中していることを意味します。顔や舌、歯ぐき、くちびる、そして手(特に指先)が大きく描かれていることから、たくさんの神経が集中していることがわかります。

 指先を使って顔を刺激するという顔もみの動作は、脳とそこにつながる神経を効率よく刺激することができるのです。

神経は体の電線停電で機能不全を起こす

 最初に、私は「神経こそ生命線だ」と言いました。
神経が老化すると、脳が適切な指令を臓器や筋肉などに送っていても、その指令がきちんと届かなかったりエラーが出たりします。また、脳が判断するために欠かせない、末端からの情報も得られません。

 必要に応じて血管を拡張・収縮させて、血流をコントロールしているのも神経(自律神経)です。神経がしっかりと働いていなければ、血液や酸素も内臓に送られなくなり、正常な機能を維持できなくなるのです。

 これは、人間の体を一つの町にたとえて説明すると、わかりやすいでしょう。
 下の図を見てください。

●神経=電線
●脳=発電所
●血管=水道
●内臓・筋肉=家庭
に当たります。

 発電所(脳)でどんなに電気(指令・情報)を作り出していても、途中で電線(神経)が切れていたら、電気は家庭(内臓・筋肉)にまで届きません。

 また、一見、電線(神経)と関係ないように思われる水道(血管)も、給水コントロールには電気が必要なので、停電時には使えなくなります。

 電気(指令・情報)も水(血液・酸素)も使えなくなった家庭(内臓・筋肉)は、大混乱に陥り、生活ができなくなってしまうのです。

はがれたカバーを巻き直せば神経が若返る

 神経は、その構造も電線と似ています。
電線の本体(金属線)に当たる「軸索」には、シュワン細胞という細胞が巻きつき、カバーのような電気を通さない膜を作っています。この膜を「ミエリン」と呼びます。

 軸索にはミエリンの途切れたすき間があり、神経を流れる電気信号は、ミエリンのすき間からすき間へとポンポンと跳ぶようにして伝わります。ちょうど飛び石を渡るように見えるので「跳躍伝導」と呼ばれています。

 ところが、ミエリンが軸索からはがれたり溶けたりすると、電気信号の適切な跳躍ができなくなります。すると、信号が伝わらなくなったり、伝わる速度が極めて遅くなったり、不要なところに送られてしまうことになって、さまざまな不調が起こるのです。これが、万病のもととなる神経の老化です。

 ミエリンが損傷する原因として、加齢やストレス、悪い姿勢からくる血行不良による酸素不足などがあります。
通常、ミエリンが損傷した場合には、シュワン細胞が適宜巻き直して、メンテナンスをしています。ところが、あまり使っていない神経回路だと、修繕が後回しにされてしまうのです。

 ミエリンを巻き直すには、その神経をよく使い、血液を集めて、シュワン細胞にじゅうぶんな酸素と栄養を送り込むことが重要です。
 顔もみを行うと、脳内の酸素化ヘモグロビン濃度が平常時の2・33倍に上がることが、実験で確認されています。ヘモグロビンは、酸素を運ぶ役割を担う血液の成分の一つです。

 神経の大半を占める顔と指の神経回路をよく使い、酸素をじゅうぶんに補給するという、はがれたミエリンを巻き直すための条件を最も簡単に満たすのが、顔もみなのです。

 顔もみは、やればやるほど神経が若返ります。例えば顔を洗った後は必ず顔もみを行うというように、毎日の習慣の中にぜひ取り入れてください。

 即効性もあり、首のこりや目の疲れ、頭重感を訴えていた患者さんが、顔もみをやったその場で「こりがらくになりました」「目がスッキリして軽く感じます」とうれしそうにおっしゃることもよくあります。

 顔もみは年齢・性別を問わず、どなたにもお勧めできる健康法ですが、三叉神経痛と診断された人と、顔に傷や炎症がある場合は避けてください。

神経を若返らせる「顔もみ」のやり方

次の記事では、神経の老化が引き起こす症状について詳しく説明しましょう。

→【次の記事】神経の老化が引き起こす症状とは

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

現在、日本人の国民病の筆頭として挙げられるのが、高血圧と糖尿病でしょう。酢は、実はこれらに対しても非常に有効だということが、数々の研究によってわかっています。皆さんも酢大豆を作る際には酢を捨てず、料理などに活用することをお勧めします。【解説】多山賢二(広島修道大学健康科学部教授)


低気圧でひどくなる頭痛が消失! 10年間持ち歩いていた頭痛薬が不要になった

低気圧でひどくなる頭痛が消失! 10年間持ち歩いていた頭痛薬が不要になった

常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)


【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

首と耳によいという手首のポイントを押してもらいました。同時に、口の開閉を何度かしてみました。すると、それまで響いていたジリジリ音が、その場でスーッと小さくなったのです。それ以来、毎晩、寝る前に自分で、手首を押しています。【体験談】沼口芳子(パートタイマー・66歳)


最新の投稿


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)


緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

私は当院のダイエット外来の患者さんに「緑茶コーヒーダイエット」を勧めています。なぜ「緑茶とコーヒーを合わせて飲む」といいのか、なぜ驚くほどのダイエット効果があるのか、その理由を解説しましょう。また、緑茶コーヒーの作り方・痩せるためのポイントや飲む際の注意点もご紹介します。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)