MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【症状別】肌をつまんで血流アップ“整膚”のやり方(耳鳴り・めまいなど)

【症状別】肌をつまんで血流アップ“整膚”のやり方(耳鳴り・めまいなど)

肌つまみは、体の各部分の肌を軽くつまんで、気血の流れをよくする健康法で、誰でも簡単に行うことができます。基本的には、親指と人さし指の2本の指で、肌をつまみます。指の形は、机の上のボールペンを2本の指で持ち上げるときの形が理想です。症状別肌つまみのやり方をご紹介しましょう。 【解説】徐堅(整膚学園学長)

肌つまみの基本的なやり方

つまんだ肌の先端が丸くなるように持ち上げる

肌つまみは、体の各部分の肌を軽くつまんで、気血の流れをよくする健康法で、誰でも簡単に行うことができます。
基本的には、親指と人さし指の2本の指で、肌をつまみます。

指の形は、机の上のボールペンを2本の指で持ち上げるときの形が理想です。
この形だと痛みが出にくく、効果も高くなります。

肌をつまむ際には、つまんだ肌の先端が三角形にならないように注意してください。
三角形につまむと痛みを感じるので、ストレスとなり、リラックス効果が得られないからです。

つまんだ肌の先端が丸くなるように、持ち上げましょう。
肌つまみを行っていると、つまんで気持ちよい部分とそうでない部分があるのがわかるはずです。

気持ちいいと感じる場所を重点的に行いましょう。
傷があったり、つまむと痛みを強く感じたりする部分は触らないようにしてください。

また、場所によっては筋肉が硬くて肌をつまみにくい部分もあるはずです。
その場合は、その周囲の肌が伸びやすい部分からつまんでいくうちに、筋肉も軟らかくなり、肌がつまみやすくなってきます。

親指と人さし指でつまむのが基本ですが、腹や腰などは中指や薬指も使ったほうがつまみやすければ、適宜、指を増やしても構いません。
また、頭皮などつまみにくい場所は、両手の指の腹を頭皮に当てて、肌を寄せるという手法もあります。

それでは、次の項から、症状別の肌つまみのやり方をご紹介していきましょう。

①指の腹で刺激したい部位の肌をつまみ、肌に対して垂直に軽く引き上げ、元に戻してから指を離すという一連の動作を、少しずつつまむ位置をずらしながら、リズミカルにくり返す。

②腹やお尻など、つまむ場所によっては、中指、薬指を加えた3~4指、または5指全部を使って引っ張るとやりやすい。

肌つまみのコツ
*爪は短く切っておく
*肌を引っ張るときの力加減は、食パンをつぶさずつまみ上げるときをイメージして行う。強過ぎる力は陽圧を発生させて逆効果。特に顔の肌つまみはブドウの皮をむくときのように繊細に
*肌を引っ張り上げた状態で指を離さず、必ず指を元の位置に戻してから離す
*肌つまみをして一時的に肌が赤みを帯びるのは血流が改善した証あかしなので心配はいらないが、いつまでも指の跡が残っている場合はつまむ力が強過ぎる。あくまでもやさしくソフトに行う

【耳鳴り】に効く肌つまみ

横向きで寝る癖が耳の血流を悪くする

耳鳴りの種類は、人によってさまざまです。

「キーンと甲高い音」「ジージーとセミが鳴くような音」「ボワンボワンと低温がこもるような音」などいろいろありますが、どんな耳鳴りであっても大きな原因となっているのが、耳周辺の血流の悪化です。

特に横向きに寝る癖がある人は、知らず知らずのうちに耳を圧迫して、血流を悪化させてしまっていることがよくあります。

耳をつまんで、いろいろな方向に引っ張ってみましょう。
すると、すぐに耳がポカポカと温かくなるのが実感できるはずです。

これを行うことにより、耳周辺の血流が改善し、耳鳴りの音が気にならなくなるだけでなく、聞きづらかった音の聞こえもよくなってきます。

①耳の後ろ側の付け根のくぼみに沿って、親指と人さし指の腹でつまむ。
少しずつつまむ位置をずらしながら、1~2分行う。
*つまみにくいので寄せるイメージで行うとよい

②耳の穴に人さし指を入れ、親指で耳珠を挟み、耳介のへりに向かって軽く引っ張る。
1~2分くり返す。

③耳介のへりを親指と人さし指でつまみ、放射状に軽く引っ張る。
少しずつつまむ位置をずらしながら、1~2分行う。

【めまい】に効く肌つまみ

平衡機能をつかさどる内耳の血流を改善する

布団から起き上がったときにクラッとしたり、顔を洗っていたらフラッとしたり、振り向いたときにグワーンとしたり、めまいの症状に悩んでいる人は多いものです。

めまいが起こると、「立てない」「歩けない」「気分が悪くなっておう吐する」といった状態に陥り、自分では身動きすらできなくなるため、大きな恐怖に駆られます。

めまいにもいろいろな種類がありますが、その多くは、体の平衡機能の働きが悪くなるのが原因です。
体の平衡機能を担っているのは、耳の奥にある内耳なので、耳への血流を向上させるように耳から首、肩にかけて肌つまみをしましょう。

耳から首にかけてはめまいに効くとされるツボも分布しており、つらい症状の改善に効果的です。

①耳たぶの付け根から鎖骨に向かって首を走る胸鎖乳突筋に沿って、親指と人さし指の腹でつまむ。
少しずつつまむ位置をずらしながら、1~2分行う。

②耳たぶの付け根から肩先に向かって首の横のラインを、親指と人さし指の腹でつまむ。
少しずつつまむ位置をずらしながら、1~2分行う。
肩先近くはつまみにくくなってくるので、中指・薬指も加えて、肌を寄せるようにつまむとやりやすい。

【糖尿病】に効く肌つまみ

膵臓の機能を高めてインスリン分泌を促す

生活習慣病の代表格である糖尿病は、現代日本では患者さんが急増していて、国民病ともいわれています。

糖尿病とは、血糖値が高い状態が長く続く病気のことですが、血液がしだいにドロドロになって血流が滞り、脳梗塞や心筋梗塞の引き金にもなることが多いので、早めの予防・改善が大切です。

そんな糖尿病の改善にお勧めなのは、臓器の上の皮膚をつまむ肌つまみです。
胃(左肋骨の下)、肝(右肋骨の下)、腸(へその下)の3ヵ所を重点的につまむことで、血糖値コントロールに重要な膵臓の機能が高められ、インスリンの分泌が促されます。

停滞していた毛細血管の血流もよくなり、糖尿病の合併症の予防にもたいへん役立ちます。

①左の上腹部にある胃のゾーンを親指と人さし指の腹でつまむ。
少しずつつまむ位置をずらしながら、1~2分行う。

②右の上腹部にある肝のゾーンを親指と人さし指の腹でつまむ。
少しずつつまむ位置をずらしながら、1~2分行う。

③下腹部にある腸のゾーンを親指と人さし指の腹でつまむ。
少しずつつまむ位置をずらしながら、1~2分行う。

※つまみにくければ、中指・薬指を加えるとやりやすい。
※服の上からつまんでもよいが、できれば直接肌をつまむほうが効果が高い

【高血圧】に効く肌つまみ

ストレスと緊張を緩和する顔の肌つまみ

食生活を改善しても、降圧剤を飲んでも血圧が下がらないという人は、ストレスや緊張が関係しているのかもしれません。

ストレスや緊張があると、自律神経の交感神経が優位に働き、血管を収縮させて血圧が上がってしまうのです。
そんな高血圧の改善には、顔にある七つの穴(目二つ、鼻二つ、耳二つ、口一つ)周辺の肌をつまむのがお勧めです。

これらの七つの穴の周辺は気き(体内のエネルギー)が現れ出るところであり、その部分をつまむと気が充実して、全身にリラックス効果をもたらします。

すると、自律神経の副交感神経が優位に働くようになり、血液の流れも改善されて、高血圧が改善します。
最大血圧なら10〜20㎜Hgくらいはすぐに下がったという人がたくさんいます。

①眉と眼球の膨らみの際のくぼみを、親指と人さし指の腹で5回つまむ。
皮膚の薄い部分なので、ブドウの皮をむくときのように力を入れずにそっとつまむこと。
左右のまぶたとも行う。

②鼻すじを親指と人さし指の腹でつまむ。
眉間から鼻先まで、少しずつつまむ位置をずらしながら、1~2分行う。

③人中(鼻の下と上くちびるをつなぐくぼみ)を親指と人さし指の腹で10回つまむ。

④左右の口角を左右に広げるように親指と人さし指の腹で左右同時に10回つまむ。

⑤耳介のへりを親指と人さし指でつまみ、放射状に軽く引っ張る。
少しずつつまむ位置をずらしながら、1~2分行う。
左右の耳を同時につまんでもよい。

解説者のプロフィール

徐堅
整膚考案者。世界整膚連盟総裁。1951年、北京体育大学を卒業後来日し、愛知教育大学大学院修了。愛知医科大学第一生理学教室で研究にいそしむかたわら、企業の陸上競技部のトレーナーを務める。選手のケガの手当の際に肌を引っ張ることで痛みが和らぎ、腫れも早く引くことに着目し、肌を引っ張る手技と理論を「整膚」として1992年に確立する。1994年から日本を拠点に世界各国に整膚の普及に努める。著書に『整膚論』『整膚学』(ともに整膚学園刊)をはじめ約50種類。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、生命を維持するために必要な自然現象なのです。高齢者の場合、血圧が高いおかげで元気なのだといってもいいでしょう。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)
更新: 2019-05-03 18:00:00
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
更新: 2019-02-27 18:00:00
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
更新: 2019-02-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
更新: 2018-10-31 07:00:00
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt