【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


宮本啓稔
鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師。「筋肉・骨を包む膜の癒着」に対する独自のアプローチを編み出す。日本最大の治療家向けDVD販売会社発行のメルマガ「ゴッドハンド通信」にて毎月原稿を執筆。東京大学少林寺拳法部にて毎年体の調整法の講座を開催している。

全身がポカポカ温まる

 手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。

 そんなとき、わずか1〜2分で簡単にできるトラブル改善法があります。それは「バンザイ手首振り」という方法です。
 正式には、「グローミュー体操」といい、西勝造先生が考案した西式健康法にある運動をアレンジしたものです。

 グローミューとは、毛細血管への血液の流れを調整する組織のことです。
 バンザイ手首振りは、手のグローミューを活性化させ、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。

 やり方はとても簡単で、名前のとおり、バンザイをして手首を振るだけです。
 しかし、効果は絶大で、手のしびれをはじめ、手や腕、肩の症状をすみやかに改善・解消できます。

 なぜこんなに簡単な方法で、そのような効果が得られるのでしょうか。

 血液は、心臓のポンプ作用で押し出された後、血管の収縮力によって体のすみずみまで流れていきます。
 ところが、加齢や運動不足などによって血管内が硬く狭くなっていたり、筋力の衰えで収縮力が衰えたりすると、指先などの末梢組織への流れが悪くなってしまうのです。

 その流れを活性化するのが、バンザイ手首振りです。バンザイ手首振りをすると、末梢の血液循環が劇的によくなります。

 実際にやってみると、体操後すぐに手のひらがジンジンして、血行がよくなっていることが実感できます。
 また、この体操は手首や腕を振るだけですが、全身に大きく影響を及ぼすので、全身がポカポカしてきます。

スピードをつけて振るのがコツ

 肩こりや手・腕のしびれは、首などの神経の圧迫からも起こりますが、主要な原因は、深い筋肉の末梢循環不全(血行不良)で、その基盤には、やはり毛細血管の詰まりがあるのです。

 バンザイ手首振りで血液とリンパの流れがよくなると、血中の痛み物質や炎症物質がすみやかに洗い流されます。そのため、腱鞘炎や五十肩、疲労による手や腕の痛みも早く改善します。

 それだけではありません。バンザイ手首振りを習慣づけると、肩甲骨の位置が変わってくるので、自然に背すじが伸び、ネコ背も改善されます。

 頭部の血行もよくなるので、頭がスッキリして寝付きがよくなります。

 また、おもしろいことに、血液がきれいな状態に保たれるので、細菌が繁殖しにくくなり、手の切り傷や打ち身、ヤケドなどの治りが早まります。

 行うときの姿勢は、イスに座った姿勢や正座、立って行っても構いません。

 効果を出すコツは二つあります。

 一つ目は、手首を振るときに、手についた水をはじくイメージで、手首を前後左右、あらゆる方向にスピードをつけて思い切り、がむしゃらに振ること。
 手や手首、指だけでなく、指につながる骨も動かし、水かきの部分まで動くように振ります。

 二つ目は、肩甲骨から腕を動かすこと。そうすることによって、体幹がゆるみ、肩こりが取れ、ネコ背も改善されていきます。
 腕を上げたまま振るのがつらい場合は、テーブルなどにひじを置いて手首を振ってもよいでしょう。

 最初はとても疲れると思いますので、まずは1分を目標に行います。筋力がついてきたら2分間ほど行います。
 起床後、就寝前、仕事や家事の合間など、できるときに1日数回行います。

ジンジンした手のひらを利用して痛みを解消

 バンザイ手首振りを行った後は、手のひらがすごくジンジンします。
 これは毛細血管が開いて、血行がよくなっている証拠です。この手を利用して、ほかの効用も期待できます。

 ジンジンしている手は、気(生命エネルギー)を発する力も増しています。この手を足腰などの痛みやこりのある部分に30秒ほど当てると、こりがほぐれるのです。これは、MB整体の松井真一郎先生が考案された方法です。

 最後に、バンザイ手首振りの症例を二つご紹介しましょう。

 Kさん(40代・女性)は、デスクワークを続けているため、肩こりや手の疲れに悩んでいました。バンザイ手首振りを行うと、その場でこりや疲れが取れ、手の冷えも解消されるので、非常に喜んでおられます。

 Aさん(30代・男性)は調理の仕事をしており、腱鞘炎と手の母指球(親指のつけ根のふくらみ)の痛みで困っていました。バンザイ手首振りを始めると、母指球の痛みはその場で取れ、数日で腱鞘炎もよくなりました。

 ぜひお役立てください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

片手で次男を抱き、片手で家事をこなす日々が続いたせいで、肩こりだけでなく、腕や腰にも痛みが走るようになり、ズキズキする頭痛まで起こり始めました。足指歩きを始めて半年くらいたった頃でしょうか。「肩がこったな」と感じると、足指歩きをするだけでこりが和らぎ、疲れも取れるようになってきました。【体験談】岩内景子(主婦・38歳)


【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

47歳のころ、突然カゼのような症状に襲われました。のどが痛くなり、微熱が続いて、すごく汗をかくのです。寝汗もひどくて、Tシャツを一晩に7〜8枚着替えるほどでした。カゼ薬を飲みましたが、全く改善しません。体がだるくて鉛のように重くなり、ものすごく疲れるのに、眠れなくなったのです。【体験談】川上由衣子(仮名・58歳・主婦)


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


最新の投稿


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

片手で次男を抱き、片手で家事をこなす日々が続いたせいで、肩こりだけでなく、腕や腰にも痛みが走るようになり、ズキズキする頭痛まで起こり始めました。足指歩きを始めて半年くらいたった頃でしょうか。「肩がこったな」と感じると、足指歩きをするだけでこりが和らぎ、疲れも取れるようになってきました。【体験談】岩内景子(主婦・38歳)


【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

ここ数年、「糖質制限」や「糖質オフ」といった、糖質を減らす健康法が注目されています。私の専門の1つは、栄養面から生活習慣病や慢性病に働きかける、栄養療法です。栄養療法から見ても、食事から取る糖質を適切に減らすことは、健康であり続けるために重要です。【解説】斎藤糧三(医師)