MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【チョコレートの健康効果】血圧を下げHDLの値が上昇!お勧めは純ココア

【チョコレートの健康効果】血圧を下げHDLの値が上昇!お勧めは純ココア

チョコレートやココアには「甘くて高カロリーの嗜好品」というイメージがついて回ります。そのため、ダイエットや健康に気を使う人からは敬遠されがちな食品です。しかし、それはとてももったいないことです。健康にいい成分として注目されている「ポリフェノール」が非常に豊富な食品だからです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)

チョコレートやココアを敬遠するのはもったいない!

チョコレートやココアには「甘くて高カロリーの嗜好品」というイメージがついて回ります。
そのため、ダイエットや健康に気を使う人からは敬遠されがちな食品です。

しかし、それはとてももったいないことです。
チョコレートやココアには、健康にいい成分として注目されている「ポリフェノール」が非常に豊富な食品だからです。

自然界には何千種類ものポリフェノールが存在しますが、チョコレートやココアに含まれるポリフェノールは「カカオポリフェノール」といいます。

近年、世界中でカカオポリフェノールについての研究が行われており、老化や病気の原因となる活性酸素を抑える、生活習慣病を防ぐといった報告が多数発表されています。
かくいう私も、20年以上にわたって、カカオポリフェノールの研究を続けています。

昨年は、チョコレートを摂取する前後での健康状態を比較する、大規模な実証実験を行いました。
協力していただいたのは、愛知県蒲郡市在住の45〜69歳の一般の市民347人。

高い血圧が有意に下がった!

4週間にわたって高カカオチョコレート(カカオ成分72%)を毎日25g摂取してもらい、その前後の血圧やコレステロール値などを比較しました。
その結果、健康面にさまざまな好影響が見られたのです。

●血圧が下がった
347人を血圧が正常な人(265人)と高血圧の人(82人)に分け、それぞれの血圧を見てみました。

高血圧の群は、最大血圧の平均が145.6㎜Hgから139.74㎜Hgに改善されていました。
5.86㎜Hgの低下です。

カカオポリフェノールに血管を広げる物質の生産量を高める働きがあることは、以前からわかっていました。
しかし、4週間の短期間でここまではっきり数値化できるほどの影響を与えるとは予想していなかったので、これは驚きの結果でした。

一方、血圧が正常な人のグループでは、最大血圧が平均1.62㎜Hg低下しました。
これは、高い血圧を下げるよう働きかけるものの、血圧が普通の人の場合は血圧が下がり過ぎることはなく、正常の範囲でとどまることを示唆しています。

チョコレートを食べて善玉コレステロールが増えた

さらに注目されるのは、「善玉コレステロール」であるHDLの値が上昇したことです。
ご存じのように、コレステロールには、善玉コレステロールであるHDLと、悪玉コレステロールであるLDLの2種類があります。

悪玉のLDLが増えるとHDLが減少し、血液がドロドロになって血管が詰まりやすくなることが知られています。
また、酸化したLDLは、動脈硬化の原因となります。

つまり、血管の健康を保ち、血液の流れをよくするためには、HDLを増やしてLDLを減らし、さらにLDLの酸化を防ぐことが重要です。
実験では、チョコレートを食べた人のほとんどに善玉コレステロールが増えていました。

またカカオポリフェノールには、強力な酸化抑制効果があります。
これらのことから、チョコレートが血管の健康を保ち、血管と血液の状態を改善するのに役立つことがはっきりわかりました。

純ココアは脂肪分が取り除かれている

ただし、チョコレートには脂肪分や糖分も含まれていますから、カカオポリフェノールが体にいいといっても、極度の食べ過ぎは禁物です。
また、甘ったるいチョコレートが苦手という人もいるのではないでしょうか。

そのような人にぜひお勧めしたいのがココアです。
チョコレートとココア、どちらも原料はカカオ豆です。

カカオ豆に焙煎や粉砕などの処理を施して、カカオマスというペースト状にする過程までは、チョコレートもココアも同じです。

カカオマスから脂肪分のカカオバターを搾り取った後の搾りかすを乾燥し、粉末にしたものがココアパウダーです。

一方、搾り取ったカカオバターには凝固作用があります。
このカカオバターに砂糖や乳製品を加えて固めたのがホワイトチョコレートで、カカオマスを加えて練りあげたのがダークチョコレートです。

搾りかすといっても、ココアにはカカオポリフェノールがそのまま残っています。
しかも、カカオバターが除かれていますから、脂肪はほぼありません。

先の実験のようなカカオポリフェノールの効果が十二分に期待できるうえ、ミルクや砂糖を含まない純ココアなら、糖分の取り過ぎやカロリーをさほど気にしなくていいのです。

ショウガココアは高血圧や高脂血症の人には最適のドリンク

最近では、ココアにショウガを加えたショウガココアが人気のようですが、ショウガも血液の状態をよくすることが知られた食品です。

ショウガとココア、二つの食品の相乗効果が期待できるショウガココアは、高血圧や高脂血症の人には最適のドリンクといえるでしょう。

解説者のプロフィール

大澤俊彦
愛知学院大学教授。
機能性食品の研究、特にカカオポリフェノールをはじめとした抗酸化食品研究の第一人者。食事を要
因とする生活習慣病誘発メカニズムの解明に関する研究を行っている。日本AOU協会理事長、日本食
品安全協会理事、日本酸化ストレス学会理事、名古屋大学名誉教授。著書に『チョコレートの科学』
(朝倉書店。共著)など。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、生命を維持するために必要な自然現象なのです。高齢者の場合、血圧が高いおかげで元気なのだといってもいいでしょう。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)