【股関節痛】股関節の炎症、痛みを改善する方法 「歩き方」にコツがある!

【股関節痛】股関節の炎症、痛みを改善する方法 「歩き方」にコツがある!

変形性股関節症の痛みや違和感を改善する「グッド歩行」は、股関節や腰、ひざ、足首への負担が軽く、下半身の筋肉を効率的に鍛える歩行法です。グッド歩行を習慣にすると、下半身の筋肉が徐々に強くなります。それにより股関節の安定性が増し、痛みの改善や予防につながります。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)


変形性股関節症は、かかとから着地する「グッド歩行」で改善する

 股関節の代表的なトラブルである変形性股関節症は、時間をかけて進行します。
 そのため、日ごろから股関節の負担を減らすように意識すれば、股関節の変形は治らなくても、病気の発症を防いだり、進行にストップをかけたりすることができます。

 股関節の負担を減らす方法は主に三つあります。

1 減量で股関節をらくにする

 股関節は上半身の全体重を支えており、体重が1kg増えると股関節への負担は5倍に増えます。反対に、1kg減量すれば、3~10kgもの負担を減らすことができるのです。
 股関節痛を抱える人の半数以上は、肥満か肥満傾向にあり、減量するだけで痛みが激減する例は多数に上ります。

 体重は軽いほうがいいのですが、かといってやせ過ぎはよくありません。筋肉量が不足して関節の動きをサポートできず、痛みが出やすくなるからです。
 適正体重は、「身長m×身長m×22」の計算式で出すことができます。身長1m60cmなら、1・6×1・6×22=56・32kgを目安にしましょう。適正体重なのに痛みが取れない場合は、少しずつ体重を減らして様子を見ます。
 減量のコツは、ごはんやパンなどの炭水化物は腹八分目にして、乳製品は低脂肪タイプにすることです。筋肉の基になるたんぱく質は、脂肪分の少ない肉、魚、大豆製品で取り、野菜もバランスよく食べましょう。

2 グッド歩行を習慣にする

 股関節を守るには、股関節まわりの筋肉の衰えを防ぐことも大切です。ここでご紹介する「グッド歩行」は、股関節や腰、ひざ、足首への負担が軽く、下半身の筋肉を効率的に鍛える歩行法です。
 グッド歩行を習慣にすると、下半身の筋肉が徐々に強くなります。それにより股関節の安定性が増し、下肢(足)の動きがスムーズになって、痛みの改善や予防につながります。
 グッド歩行でポイントになるのは、姿勢と着地です。

●姿勢
 体を真横から見たとき、耳たぶ、肩、腰の中央、股関節、ひざ、くるぶしのやや前方が一直線上になるように立ちます。

●着地
「かかとから着地する」が基本です。足を一歩出したら、かかとから着地し、そのまま重心をつま先へと移し、つま先で地面をけるようにして歩きます。そのさい、頭のてっぺんを糸でつり上げられているつもりで背すじを伸ばし、視線は少し遠くに向けます。

 歩くスピードは、「ゆっくり」を意識しましょう。背すじを伸ばし、かかとからゆっくり着地すると、地面からの衝撃が足首やひざで吸収され、股関節への負担が少なくなります。 
 グッド歩行を今までしていない人は、初めは疲れるかもしれません。慣れないうちは、1日5分程度だけこの方法で歩いてみましょう。正しい姿勢で歩いているかどうかは、商店やビルの窓に自分の姿を映すとチェックできます。

立ち姿勢がつらいようなら、迷わず専門医に相談を

3 日常の動作に要注意!

 日常生活の中には、股関節に負担をかけ、痛みを誘発する動作があるので注意が必要です。例えば、正座そのものは問題ないのですが、正座から立ち上がるときや、座るときに股関節に負担がかかります。正座から次の動作に移るときは、家具などにつかまると股関節への負担が軽くなります。

 草むしりは、ごく短時間だけ行うか、人に任せるのが賢明です。しゃがんだまま体を動かす動作は、股関節に大きな負担となります。
 生活の中で、立ち姿勢を取ることは多いと思います。立っているだけなら、股関節にさほど負担はかかりません。長時間でなければ、家事やレジ打ちの仕事などを行って大丈夫です。立ち姿勢がつらいようなら、迷わず専門医に相談しましょう。

 日本人の特に女性は、股関節を傷めやすい遺伝的な素因を持っています。しかし、以上に挙げた対策を心掛ければ、股関節の若さを保つことができます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。改善率が、さらに伸びた理由は、「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

現在、ゆうきプログラムの運動法は、300種類を超えています。その運動はすべて、靱帯や筋肉の拘縮をほぐし、それに伴う筋肉のアライメントのくずれを改善することにあります。さらに、さまざまな角度から症状の改善にアプローチしています。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【変形性股関節症の痛み】自力で鍛えて改善する「ゆうきプログラム」の行い方

【変形性股関節症の痛み】自力で鍛えて改善する「ゆうきプログラム」の行い方

「五つの基本運動」と、「股関節の痛みを和らげる運動」「股関節の可動域を広げる運動」をそれぞれ一つずつ、合計七つの運動を紹介します。変形性股関節症に悩んでいるかたは、必ずこの基本運動を行ってください。基本運動を毎日行うだけで、顕著な改善効果を得られたかたもめずらしくありません。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛  長引く痛みを“筋肉”から治す

手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛 長引く痛みを“筋肉”から治す

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )