MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ココアの有効成分が便秘を改善 !腸内細菌のエサとなる「カカオプロテイン」

ココアの有効成分が便秘を改善 !腸内細菌のエサとなる「カカオプロテイン」

カカオの有効成分が、血圧をはじめとした血液・血管への影響しているとお話ししましたが、実はそれ以外にも、驚くべき結果が得られました。高カカオ分のチョコレートを食べることで、認知機能が向上する可能性があることが明らかになったのです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)

加齢で減少する脳の重要な栄養分(BDNF)が増加する

別の記事(血圧を下げるカカオの効果)で、昨年私たちが愛知県蒲郡市で行った大規模調査の結果をご紹介しました。
そこで、血圧をはじめとした血液・血管への影響についてお話ししましたが、実はそれ以外にも、驚くべき結果が得られました。

高カカオ分のチョコレートを食べることで、認知機能が向上する可能性があることが明らかになったのです。
被験者の血液を解析したところ、記憶や学習などの認知機能にかかわる「BDNF(脳由来神経栄養因子)」の値が有意に上昇していたのです。

BDNFは、脳の海馬という部分に多く含まれているたんぱく質の一種です。
海馬は、記憶にかかわる神経細胞が集まっている部分で、アルツハイマー型認知症になると海馬が萎縮してしまいます。

BDNFは脳の神経細胞の発生や成長、維持や再生に深くかかわって、記憶をつかさどる神経細胞の活動を促進させるなど、脳にとって重要な栄養分になっています。
したがって、BDNFが減少すると、学習能力が低下したり、記憶障害が引き起こされたりします。

アルツハイマー型認知症やうつ病の予防に期待

さらに、いくつかの研究で、アルツハイマー型認知症やうつ病とも関連性があることもわかってきています。
認知機能を維持するためには、BDNFの値を高く保つのが望ましいのですが、健常な人でも、65歳以上では年齢を重ねるほどにBDNFが減っていくことがわかっています。

BDNFの減少をくいとめるには、運動と抗酸化物質が有効と知られています。
しかし、今回の調査では、高カカオチョコレートにBDNFを「増加させる」可能性があることがわかったのです。

これは、日本人を対象としたデータとしては、世界で初めてのことです。
カカオポリフェノールは非常に抗酸化作用にすぐれていますから、摂取することでBDNFが増加しやすくなると考えられます。

また、カカオポリフェノールには、血管を広げる物質の生産量を高める働きがあることが証明されています。
つまり、高カカオのチョコレートを食べると脳の血流が増え、それもまたBDNFの増加にかかわっているのでしょう。

カカオポリフェノールはチョコレートのほか、同じくカカオ豆を原料とするココアからも摂取できます。

これらの食品を摂取することで、BDNFが増加し、認知機能や学習能力が向上する可能性があり、引いてはアルツハイマー型認知症やうつ病の予防につながることも期待されます。

実際、カカオ製品を多く摂取している人は、認知機能テストの結果がよいという報告もあるのです。

カカオポリフェノールの抗ストレス効果がイライラを抑制

また、ストレスを感じると、脳の働きによってコルチコステロンというホルモンが分泌されます。
カカオポリフェノールには、このストレスホルモンの分泌を抑える作用のあることが報告されています。

今回の調査後に行った心や活力に関するアンケートでも、「実験中は落ち着いて、楽しく、穏やかな気分だった」「いつでも活力にあふれていた」などの回答が得られています。
これらも、カカオポリフェノールの抗ストレス効果といえるでしょう。

イライラしたり、気分がふさいだり、活力が足りないと感じたときには、カカオ製品で気分転換を図りましょう。
現代人は常にストレスにさらされて、精神的なダメージを受けやすい環境にあります。

過剰なストレスは、心身にさまざまな悪影響を及ぼしますから、ストレスを早めに和らげることが大切です。

カカオプロテインの効果で“便のかさ増しと整腸”二つの作用で便秘を改善

ところで、今回の大規模調査では、カカオポリフェノールでは説明がつかない健康効果の声も寄せられました。

その一つが便通の改善です。
それがきっかけとなり、私たちは、カカオに含まれる新たな機能性成分「カカオプロテイン」に着目しました。

研究の結果、カカオプロテインは、小腸で吸収されずに大腸に届き、便の材料となってかさを増すことがわかりました。
また、カカオプロテインは腸内細菌のえさとなり、腸内フローラを変化させることで、整腸作用を及ぼします。

便のかさ増し効果と整腸作用の二つの作用で便秘に働きかけるわけです。
ココアの場合は、カカオプロテインに加えて食物繊維も豊富です。

そのため、ココアはより高い便通を改善する効果が期待できるでしょう。

日本人はもっとチョコレートやココアを取っていい

日本人は、カカオ製品の摂取量が少ない傾向にあります。

日本では糖分や脂肪分が多いミルクチョコレートやホワイトチョコレートが多く流通していて、甘いもの好き以外の人はチョコレートを敬遠しがちだったことも影響しているでしょう。

最近は、カカオ分が多いタイプのチョコレートもよく見かけるようになりました。
また、砂糖やミルクの加えられていない純ココアは、カカオポリフェノールの宝庫です。

日本人は、もっとチョコレートやココアを取っていいと私は常々思っています。
ショウガココアをはじめ、カカオ製品をさまざまな形で摂取していただいて、健康に役立ててください。

解説者のプロフィール

大澤俊彦
愛知学院大学教授。
機能性食品の研究、特にカカオポリフェノールをはじめとした抗酸化食品研究の第一人者。食事を要
因とする生活習慣病誘発メカニズムの解明に関する研究を行っている。日本AOU協会理事長、日本食
品安全協会理事、日本酸化ストレス学会理事、名古屋大学名誉教授。著書に『チョコレートの科学』
(朝倉書店。共著)など。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
食べ始めて4日ほどたった頃、劇的な変化がありました。1日おきだったお通じがなんと1日2回になったのです。朝食をとると、すぐトイレに行き、日中にもう1回お通じがあります。便秘解消のおかげか、吹き出物がなくなり、肌がきれいになりました。また、寝起きに起こっていた鼻づまりもなくなりました。【体験談】藤田久美子(主婦・60歳)
更新: 2019-03-13 17:57:55
その日はなんと、しっかり形のある便が出たのです。うれしくて、思わず「やったー!」と飛び跳ねそうになりました。毎日へそさすりを続けているおかげで、外出も怖くなくなりました。次に友達に旅行に誘われたら、「行こう!」と、元気に返事をするつもりです。【体験談】稲田雅江(仮名・主婦・63歳)
更新: 2019-02-05 18:00:00
塩発酵キャベツを常備できるようになり、2日に1回くらいの頻度で塩発酵キャベツを食べていたところ、半年くらいで慢性便秘が解消しました。また、便秘をしていた頃は下腹がポッコリ出ていましたが、今はかなりへこみました。昔のジーンズをはくと、ヒップラインや太もものあたりが明らかにゆるく感じます。【体験談】濵崎希(会社員・45歳)
更新: 2019-02-03 18:00:00
便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)
更新: 2018-12-10 18:00:00
わが家の酢キャベツは塩や砂糖などの調味料は、いっさい加えません。キャベツと酢だけしか使わない、シンプルな酢キャベツです。夫は、酢キャベツで便通が改善しました。夫の場合は、便秘というよりも、便の出が悪いタイプでした。そのため、毎朝30分近くトイレにこもることもあったほどです。【体験談】中町治美(仮名・自営業・59歳)
更新: 2018-11-30 12:00:00
最新記事
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-03-23 18:00:00
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt