MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ココアの有効成分が便秘を改善 !腸内細菌のエサとなる「カカオプロテイン」

ココアの有効成分が便秘を改善 !腸内細菌のエサとなる「カカオプロテイン」

カカオの有効成分が、血圧をはじめとした血液・血管への影響しているとお話ししましたが、実はそれ以外にも、驚くべき結果が得られました。高カカオ分のチョコレートを食べることで、認知機能が向上する可能性があることが明らかになったのです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)

加齢で減少する脳の重要な栄養分(BDNF)が増加する

別の記事(血圧を下げるカカオの効果)で、昨年私たちが愛知県蒲郡市で行った大規模調査の結果をご紹介しました。
そこで、血圧をはじめとした血液・血管への影響についてお話ししましたが、実はそれ以外にも、驚くべき結果が得られました。

高カカオ分のチョコレートを食べることで、認知機能が向上する可能性があることが明らかになったのです。
被験者の血液を解析したところ、記憶や学習などの認知機能にかかわる「BDNF(脳由来神経栄養因子)」の値が有意に上昇していたのです。

BDNFは、脳の海馬という部分に多く含まれているたんぱく質の一種です。
海馬は、記憶にかかわる神経細胞が集まっている部分で、アルツハイマー型認知症になると海馬が萎縮してしまいます。

BDNFは脳の神経細胞の発生や成長、維持や再生に深くかかわって、記憶をつかさどる神経細胞の活動を促進させるなど、脳にとって重要な栄養分になっています。
したがって、BDNFが減少すると、学習能力が低下したり、記憶障害が引き起こされたりします。

アルツハイマー型認知症やうつ病の予防に期待

さらに、いくつかの研究で、アルツハイマー型認知症やうつ病とも関連性があることもわかってきています。
認知機能を維持するためには、BDNFの値を高く保つのが望ましいのですが、健常な人でも、65歳以上では年齢を重ねるほどにBDNFが減っていくことがわかっています。

BDNFの減少をくいとめるには、運動と抗酸化物質が有効と知られています。
しかし、今回の調査では、高カカオチョコレートにBDNFを「増加させる」可能性があることがわかったのです。

これは、日本人を対象としたデータとしては、世界で初めてのことです。
カカオポリフェノールは非常に抗酸化作用にすぐれていますから、摂取することでBDNFが増加しやすくなると考えられます。

また、カカオポリフェノールには、血管を広げる物質の生産量を高める働きがあることが証明されています。
つまり、高カカオのチョコレートを食べると脳の血流が増え、それもまたBDNFの増加にかかわっているのでしょう。

カカオポリフェノールはチョコレートのほか、同じくカカオ豆を原料とするココアからも摂取できます。

これらの食品を摂取することで、BDNFが増加し、認知機能や学習能力が向上する可能性があり、引いてはアルツハイマー型認知症やうつ病の予防につながることも期待されます。

実際、カカオ製品を多く摂取している人は、認知機能テストの結果がよいという報告もあるのです。

カカオポリフェノールの抗ストレス効果がイライラを抑制

また、ストレスを感じると、脳の働きによってコルチコステロンというホルモンが分泌されます。
カカオポリフェノールには、このストレスホルモンの分泌を抑える作用のあることが報告されています。

今回の調査後に行った心や活力に関するアンケートでも、「実験中は落ち着いて、楽しく、穏やかな気分だった」「いつでも活力にあふれていた」などの回答が得られています。
これらも、カカオポリフェノールの抗ストレス効果といえるでしょう。

イライラしたり、気分がふさいだり、活力が足りないと感じたときには、カカオ製品で気分転換を図りましょう。
現代人は常にストレスにさらされて、精神的なダメージを受けやすい環境にあります。

過剰なストレスは、心身にさまざまな悪影響を及ぼしますから、ストレスを早めに和らげることが大切です。

カカオプロテインの効果で“便のかさ増しと整腸”二つの作用で便秘を改善

ところで、今回の大規模調査では、カカオポリフェノールでは説明がつかない健康効果の声も寄せられました。

その一つが便通の改善です。
それがきっかけとなり、私たちは、カカオに含まれる新たな機能性成分「カカオプロテイン」に着目しました。

研究の結果、カカオプロテインは、小腸で吸収されずに大腸に届き、便の材料となってかさを増すことがわかりました。
また、カカオプロテインは腸内細菌のえさとなり、腸内フローラを変化させることで、整腸作用を及ぼします。

便のかさ増し効果と整腸作用の二つの作用で便秘に働きかけるわけです。
ココアの場合は、カカオプロテインに加えて食物繊維も豊富です。

そのため、ココアはより高い便通を改善する効果が期待できるでしょう。

日本人はもっとチョコレートやココアを取っていい

日本人は、カカオ製品の摂取量が少ない傾向にあります。

日本では糖分や脂肪分が多いミルクチョコレートやホワイトチョコレートが多く流通していて、甘いもの好き以外の人はチョコレートを敬遠しがちだったことも影響しているでしょう。

最近は、カカオ分が多いタイプのチョコレートもよく見かけるようになりました。
また、砂糖やミルクの加えられていない純ココアは、カカオポリフェノールの宝庫です。

日本人は、もっとチョコレートやココアを取っていいと私は常々思っています。
ショウガココアをはじめ、カカオ製品をさまざまな形で摂取していただいて、健康に役立ててください。

解説者のプロフィール

大澤俊彦
愛知学院大学教授。
機能性食品の研究、特にカカオポリフェノールをはじめとした抗酸化食品研究の第一人者。食事を要
因とする生活習慣病誘発メカニズムの解明に関する研究を行っている。日本AOU協会理事長、日本食
品安全協会理事、日本酸化ストレス学会理事、名古屋大学名誉教授。著書に『チョコレートの科学』
(朝倉書店。共著)など。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
人間本来の解毒作用による毒素の排出は、75%が便からで、20%弱が尿からといわれています。残りが汗、毛髪、爪からの排出です。ですから、健康を考える上で「便をスムーズに出す」ことは非常に重要だといえるのです。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)
食べ始めて4日ほどたった頃、劇的な変化がありました。1日おきだったお通じがなんと1日2回になったのです。朝食をとると、すぐトイレに行き、日中にもう1回お通じがあります。便秘解消のおかげか、吹き出物がなくなり、肌がきれいになりました。また、寝起きに起こっていた鼻づまりもなくなりました。【体験談】藤田久美子(主婦・60歳)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)