【目をよくする体操】視力回復や疲れ目を改善する「沖ヨガ」の効果を眼科医も絶賛!

【目をよくする体操】視力回復や疲れ目を改善する「沖ヨガ」の効果を眼科医も絶賛!

近視や老眼で不自由を感じるようになると眼科でメガネやコンタクトレンズを処方してもらいます。矯正具に頼っていると、かえって進行するばかりで目の治療とは言えません。視力アップヨガは眼科医から見ても理にかなっており、目の不調に効果を発揮すると考えられます。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


本部千博
ほんべ視力健康研究所所長。1985年、岐阜大学医学部卒業。総合病院で研修後、内科医として勤務。89年、岐阜大学医学部眼科教室に入局。2005年より現職。「近視・老眼は治せる」をモットーに、独自の視力回復法や生活指導によって、成果を挙げている。監修したムックに、『眼科医が勧める視力がぐーんとよくなる写真』(マキノ出版)がある。

沖ヨガから生まれた体操を治療に導入

近視や老眼で不自由を感じるようになると、眼科でメガネやコンタクトレンズを処方してもらいます。
一般には、それを治療と言っているわけですが、ほんとうは違います。

矯正具に頼っていると、かえって進行するばかりで、目の治療とは言えません。
そういう考え方に立ち、私は目の不調を改善するさまざまな方法を指導しています。

その1つがアイネック体操です(下の写真参照)。
名前のとおり目と首を動かす体操で、私が命名したのですが、実はこの体操には原形があります。

十数年前、沖ヨガの創始者である沖正弘先生の本に、目をよくする体操として出ていたものを、少々アレンジして考案したのです。
効果は高く、疲れ目の解消はもちろん、視力の向上や視野(生理的視野)の拡大にも役立ちます。

私も十数年続けていますが、メガネも必要なく、良好な視力を保っています。
沖ヨガには、「目と首が連動している」という考え方があるようですが、まさにそのとおりです。

目をよくしようと思ったら、目とともに首を動かすことが大事です。
眼球全体の血流が促され、網膜や眼球全体の血流が促されるからです。

血液ととともに、生命エネルギーである「気」の流れも促され、網膜や視神経の働きがよくなります。
それがアイネック体操の目的ですが、視力アップヨガも共通しています。

明るく前向きな人ほど治療効果も上がりやすい

佐藤松義先生の視力アップヨガ体操では、手首を動かしています。
体には「部分は全体」という法則があるので、手首を動かすことで首を動かしたのと同じ効果が得られるのです。

首自体を動かすと、無理がかかるような人でも行える方法です。
これにより、首の血行、ひいては頭部と目の血行がよくなります。

また、目の周囲のツボ刺激も、顔面のこりをほぐして目の血行をよくするのに効果的です。
したがって、視力アップヨガは眼科医から見ても理にかなっており、目の不調に効果を発揮すると考えられます。

「目の不調は、実は全身病であり、心身の不調が目に現れる」沖ヨガの根底にあるこの考え方も、普段から私が考え、患者さんの指導に生かしていることです。
明るく前向きな人ほど、治療効果が上がりやすいことは、日ごろの診療でもよく経験します。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【アーユルヴェーダ】頭のマッサージで全身の不調を改善 血流も集中力もアップする!

【アーユルヴェーダ】頭のマッサージで全身の不調を改善 血流も集中力もアップする!

首や肩に疲労がある場合、そこから地続きとなっている頭にも、同じくらいのストレスがかかっています。頭皮がストレスによって硬くなっていると、たいてい、その内側にある筋肉、頭蓋骨、さらには脳にまで不調が及んでいます。【解説】宮崎陽子(チャンピサージ日本代表講師・L.C.I.C.I. JAPAN代表)


【やり方】脳が癒されるアーユルヴェーダのヘッドマッサージ コツは“マルマ”を感じること

【やり方】脳が癒されるアーユルヴェーダのヘッドマッサージ コツは“マルマ”を感じること

頭蓋骨の外側と内側は「導出静脈」という血管で結ばれているため、外側の血流を刺激すると、内側にある脳の血流も促進できるのです。脳の血行の回復は、集中力を高め、ネガティブな感情をスッキリさせるなどにもつながると考えられます。【解説】宮崎陽子(チャンピサージ日本代表講師・L.C.I.C.I. JAPAN代表)


最新の投稿


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

片手で次男を抱き、片手で家事をこなす日々が続いたせいで、肩こりだけでなく、腕や腰にも痛みが走るようになり、ズキズキする頭痛まで起こり始めました。足指歩きを始めて半年くらいたった頃でしょうか。「肩がこったな」と感じると、足指歩きをするだけでこりが和らぎ、疲れも取れるようになってきました。【体験談】岩内景子(主婦・38歳)