医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

すきま時間で免疫力アップ!症状別に改善する「輪ゴム療法」のやり方

すきま時間で免疫力アップ!症状別に改善する「輪ゴム療法」のやり方

最初に基本の指先巻きを行ってから、気になる症状に合わせて輪ゴムを巻きましょう。輪ゴム療法は、いつ、何度行ってもかまいません。テレビを見ながらや、電車で移動中など、ちょっとした空き時間を見つけて、こまめに行うのがお勧めです。【解説】松岡佳余子(アジアン・ハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


ちょっとした空き時間に こまめに行うとよい

→【前の記事】「輪ゴム療法」とは

手は、両手両足を上げた人体を、反映しています。
中指が顔から胸、人さし指と薬指が腕から手、親指と小指が股関節から足、手のひらが腹から腰に相当します。

指の関節が、ちょうど手首、ひじ、肩、足首、ひざ、股関節の各関節になります。
手のひら側が体の前面と内臓、手の甲側が体の背面と骨格に対応しています。

下の図は、右手と全身の対応図ですが、左手は左右が逆になり、親指が右足、人さし指が右手、薬指が左手、小指が左足に対応します。
最初に基本の指先巻きを行ってから、気になる症状に合わせて輪ゴムを巻きましょう。

輪ゴム療法は、いつ、何度行ってもかまいません。
テレビを見ながらや、電車で移動中など、ちょっとした空き時間を見つけて、こまめに行うのがお勧めです。

免疫力を高める「基本の指先巻き」のやり方

その場で首の筋肉がゆるみ首が回るようになった

指の股に輪ゴムを巻きつけて行う「指の股巻き」は、胴体に近いところにある関節、つまり首、肩、股関節を一度に刺激して、関節のゆがみやずれを調整できます。
首こりや肩こり、股関節痛や足のだるさといった症状を改善するのに、とても効果がある巻き方です。

先日、週刊誌の編集者が取材にいらしたのですが、仕事柄、いつも首すじのコリに悩まされていたそうです。
そこで、指の股巻きを試してもらったところ、その場で首の筋肉がゆるみ、首が回るようになったと驚きながら、喜んでいました。

肩や股関節の痛みは左右のどちらか一方に強く起こることが多いので、その場合には、痛みが強く出ている側の手で、より多く行うことをお勧めします。

肩こり・股関節痛を改善する「指の股巻き」のやり方

仙腸関節を引き締め10日で4kgやせた!

手の甲に平行になるように輪ゴムを巻く「手の甲巻き」。
ちょうど骨盤を左右からギュッと締めているのと同様の刺激が与えられます。

腰に巻いて骨盤を支える骨盤ベルトの役割を輪ゴムが果たして、腰の負担を減らすとともに、腰の血行が促進され、腰痛の改善に役立ちます。
骨盤のゆがみは、血液やリンパの流れを滞らせて代謝を悪くし、むくみや肥満を招きます。
特に女性は、月経周期ごとに骨盤が開閉しているので骨盤がゆがみやすく、出産で大きく開いて元に戻らなくなっている人が多いのです。

手の甲巻きは、骨盤のゆがみや開きの原因となる仙腸関節のゆるみを引き締め、その場で下腹部やお尻が引き締まります。
最近も、10日で4㎏やせた読者モデルさんがいました。

やせる!腰痛を改善する「手の甲巻き」のやり方

頭部の血流をよくして頭痛やめまいを改善する

中指は、先端から第1関節までが顔、爪側が後頭部に対応しています。
中指巻きは、輪ゴムで指先を刺激することで、頭部の血流を向上させることができます。

かすみ目や疲れ目などの目の症状や、頭痛やめまいなどの頭部の症状の改善に、よく効きます。
頭痛が激しいときには、この中指巻きに加え、同じ要領で輪ゴムを親指に巻いて刺激を与えるのもお勧めです。

先日、良性ではありますが、脳腫瘍が大きくて手術ができず、長年、めまいと頭痛に悩まされてきた人に、輪ゴム療法をお勧めしました。
すると、1週間ほどでめまいが少しらくになり、片頭痛も治まったと大変喜ばれ、今では自分で率先して輪ゴムを巻いているそうです。

かすみ目、頭痛を改善する「中指巻き」のやり方

ひざが痛む側の手の小指に巻く

手の中でひざに対応しているのが、小指の第2関節です。
左のひざが痛むときには左手の小指、右ひざが痛むときは右手の小指に輪ゴムを巻きます。

ただし、ひざ痛は、たいていの場合、痛いほうをかばうため、痛くないほうにもかなり負担がかかっています。
そこで、ひざ痛が1ヵ月以上続いている場合は、先に痛みが現れている側の小指に輪ゴムを巻き、その後に痛みがないほうの側の小指にも輪ゴムを巻いてください。

10回握り開きをした後、2〜3分輪ゴムを巻いたままにしておくとさらに効果的です。
原則として、輪ゴムは2本重ねて行いますが、きついようなら1本でも結構です。
うっ血しないように注意し、色が変わったら無理せずすぐに外しましょう。

ひざ痛を改善する「小指巻き」のやり方

解説者のプロフィール

松岡佳余子(まつおか・かよこ)
アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師。
1948年、和歌山県生まれ。電気鍼による治療「良導絡」の開発者・中谷義雄医師の内弟子として、鍼灸修行をスタート。中国各地(上海、北京、瀋陽、鞍山)の中医薬大学、中医学院にて研修を行う。鍼灸をさらに発展させた手指鍼で、高い効果を上げる。『巻けば即やせ! 手のひらバンドダイエット』(マキノ出版)など著書多数。現在は、最新療法の研究と後進の指導に当たっている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


ゆうきプログラムで坐骨神経痛を改善できた!股関節痛には「横の足上げ」体操がいい

ゆうきプログラムで坐骨神経痛を改善できた!股関節痛には「横の足上げ」体操がいい

驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」先生がそうおっしゃったのです。足を引きずりながら治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが…、と思いながら足を動かしました。すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。【体験談】阿部道子(仮名・主婦・73歳)


リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)


ガス腹が解消しておなかスッキリ!私は「へそさすり」でウエスト20cm減!

ガス腹が解消しておなかスッキリ!私は「へそさすり」でウエスト20cm減!

おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)


股関節の痛みを体操で改善!姿勢矯正ではなく“ねじれを取る”軸ピタ体操とは?

股関節の痛みを体操で改善!姿勢矯正ではなく“ねじれを取る”軸ピタ体操とは?

体がねじれると動かせる範囲が狭くなるため、同じところばかりを使わざるを得なくなり負担が1ヵ所に集中するようになります。そして痛みが出るようになると、今度はそれをかばってほかの部位に負担が行くようになります。その結果、骨の変形が起こり、さらに痛みへとつながっていき負の連鎖が起こるのです。【解説】横井伸幸(横井接骨院院長)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)