MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【舌がヒリヒリ痛む】歯周病を招く「ドライマウス」の原因と対策

【舌がヒリヒリ痛む】歯周病を招く「ドライマウス」の原因と対策

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)

解説者のプロフィール

笹野高嗣
東北大学大学院歯学研究科教授。歯学博士、歯科医師。うま味成分を利用したドライマウスの治療法の研究に取り組む。うま味とドライマウスについての研究論文が、『Nature』に掲載され、世界的に注目を集めている。

ドライマウスの症状と原因

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。

ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。
高齢者や更年期の女性に多い病気で、日本人の4人に1人はドライマウスだという報告もあります。

高齢者の場合、その原因の多くは、薬の副作用です。
唾液を分泌する唾液腺は、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)の支配下にあります。

降圧剤や頻尿改善薬、睡眠薬などの薬は自律神経に働きかけるため、副作用で唾液腺の働きが鈍くなり、唾液が出にくくなるのです。

更年期の女性の場合は、女性ホルモンの分泌量の変化による自律神経のバランスの乱れがかかわっていると思われます。
そのほか、ストレスによって、自律神経のバランスが乱れて起こる例もあります。

ドライマウスで唾液の分泌量が減ると、全身にさまざまな影響が現れます。
その代表が歯周病です。

唾液には、細菌の繁殖を抑える抗菌物質や、傷の治りをよくする創傷治癒物質など、体に有用な物質が数多く含まれています。
そのため、唾液の分泌量が減ると、口内に歯周病菌が蔓延し、歯周病が進行するのです。

さらに、口内で増え過ぎた歯周病菌などの細菌は、食事や歯磨きのときにできる小さな傷から、血液中に入り込みます。

健康な人であればさほど問題はありませんが、高齢者など、免疫力(病気に対する抵抗力)が低下した人の場合、細菌が心臓の内側の膜で炎症を起こす、感染性心内膜炎などの重篤な病気に至る危険があります。

近年の研究では、歯周病は糖尿病や、手のひらなどに水ぶくれができる掌蹠膿疱症と関連があることもわかっています。

「ドライマウス」の自覚症状で最も多いのは舌のヒリヒリした痛み

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。

ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。
高齢者や更年期の女性に多い病気で、日本人の4人に1人はドライマウスだという報告もあります。

高齢者の場合、その原因の多くは、薬の副作用です。
唾液を分泌する唾液腺は、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)の支配下にあります。

降圧剤や頻尿改善薬、睡眠薬などの薬は自律神経に働きかけるため、副作用で唾液腺の働きが鈍くなり、唾液が出にくくなるのです。

更年期の女性の場合は、女性ホルモンの分泌量の変化による自律神経のバランスの乱れがかかわっていると思われます。
そのほか、ストレスによって、自律神経のバランスが乱れて起こる例もあります。

ドライマウスで唾液の分泌量が減ると、全身にさまざまな影響が現れます。
その代表が歯周病です。

唾液には、細菌の繁殖を抑える抗菌物質や、傷の治りをよくする創傷治癒物質など、体に有用な物質が数多く含まれています。
そのため、唾液の分泌量が減ると、口内に歯周病菌が蔓延し、歯周病が進行するのです。

さらに、口内で増え過ぎた歯周病菌などの細菌は、食事や歯磨きのときにできる小さな傷から、血液中に入り込みます。

健康な人であればさほど問題はありませんが、高齢者など、免疫力(病気に対する抵抗力)が低下した人の場合、細菌が心臓の内側の膜で炎症を起こす、感染性心内膜炎などの重篤な病気に至る危険があります。

近年の研究では、歯周病は糖尿病や、手のひらなどに水ぶくれができる掌蹠膿疱症と関連があることもわかっています。

また、特に高齢者の場合、ドライマウスが原因の味覚障害にも注意が必要です。
睡眠中に口呼吸をしていると、朝、口の中に苦味を感じることがあります。
これは口の乾きによって生じる感覚です。

ドライマウスの患者さんは、この苦味を常に感じています。
そのため、何を食べてもおいしくない、味がわからない、といった味覚障害に陥りがちです。

味がわからなければ、食事の量は減ります。
唾液が少なくて物が飲み込みづらい、歯周病で物が噛みづらいといった症状が加われば、食事の量はさらに減るでしょう。

その結果、体力が低下し、思わぬ病気やケガを招く例が少なくないのです。
このように、さまざまな弊害を引き起こすドライマウスですが、実は患者さんは、「口が乾いている」ということ自体は自覚しにくいようです。

いちばん多い症状としては、「舌のヒリヒリした痛み」で、患者さん自身も、まさかそれがドライマウスによるものだとは思っていません。
しかも、こうしたドライマウスの症状は、医療機関でも正確な診断が難しく、加齢による不定愁訴ととらえられがちです。

患者さんの中には、うつと診断され、抗不安薬を処方されたかたもいます。
それがますます症状を悪化させ、生活の質の低下につながっている、というのが、残念ながら、現状です。

ドライマウスは小唾液腺からの唾液の分泌量が減少している

私は長年、ドライマウスの治療法を研究してきました。
唾液の9割は、大唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺)から分泌されます。

そのため、これまでは、ドライマウスの治療は、大唾液腺に働きかけるものが主流でした。
しかし、唾液が十分に出ているのにもかかわらず、ドライマウスになる例があることが、近年わかってきました。

そこで注目したのが、小唾液腺から分泌される唾液です。

大唾液腺からの唾液分泌は、主に口に物を入れたときの刺激で起こるのに対し、小唾液腺からの唾液は、就寝時などの安静時にも分泌され、保湿成分の含有率も高いという特徴があります。

しかも、小唾液腺は口の中のあらゆるところに分布しています。
実際、ドライマウスの患者さんの小唾液腺からの唾液の分泌量を調べると、全体の唾液分泌量に比べて、低下の度合が高いことも分かりました。

うま味成分が唾液を長く分泌させる

そこで私は、小唾液腺からの唾液分泌を高めればいいのではないかと考えました。
そのための方法として用いたのが、味覚刺激です。

酸味のある食品を口に含むと、反射的に唾液が出ます。
これを利用し、レモン水や黒酢水を1日に数度口に含み、唾液を出しやすくするという訓練を考案したのです。

しかし、酸味を用いた訓練は、ドライマウスの乾いた口にしみて痛むことがある、という欠点があります。
そこで、酸味の代わりにうま味を用いることにしました。

私は、科学的に合成した基本5味(酸味、うま味、塩味、甘味、苦味)が、小唾液腺の唾液分泌量をどのように変えるのかを調べました。
小唾液腺からの唾液分泌量は、ヨウ素とデンプンを塗布した濾紙を使った、独自の測定方法で測定します。

調査の結果、口に含んだ直後に最も唾液の分泌量が多かったのは酸味、次いでうま味でした。
ただその後、酸味による唾液の分泌は減る一方だったのに対し、うま味による唾液の分泌は、長く続いたのです。

2週間で唾液が出始め半年で改善する

日本で強いうま味を持つ身近な食材といえば、なんといっても「コンブ」です。
実際に患者さんの中には「コンブ茶を飲むと症状がやわらぐ」というかたもいました。

ただ、コンブ茶は塩分が気になります。
そこで、訓練にはコンブだしを用いることにしました。

コンブだしであれば、乾いた口にしみて痛むこともありません。
現在、私はドライマウスの患者さんに対して、「コンブだしで口をすすぐ」という唾液分泌訓練を勧めています。

コンブは安いもので構いません。
効果は、個人差はありますが、2週間ほどで唾液が出るのを実感できるでしょう。

半年も続ければ、ドライマウスは改善するはずです。
コンブのだしがらは、佃煮や煮物などの料理に活用してください。

患者さんの中には、手軽に使えるように、ミキサーで砕いて冷凍保存しているかたもいます。

「いちいち自分でコンブだしをとるのはめんどう」という人もいるかもしれません。
しかし、ドライマウスに限らず、体の不調を改善する上で最も大事なのは、患者さん自身が「自分で治す」という意識です。
ぜひ、がんばって実践してみてください。

昆布だしを使った唾液分泌促進法

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
歯周病の原因菌に感染し、歯と歯肉の境目に、細菌の塊である歯垢(プラーク)がこびりつきます。従来の一般的な歯周病治療では、歯や歯周ポケット内に付着した歯垢・歯石をそぎ落とし、できるだけ歯槽骨の破壊をゆるやかに抑えるのを目標としてきました。それを元に回復させる再生治療です。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2018-10-20 18:00:00
年を重ねると、唾液の分泌が減り、口内が渇きがちになります。すると、飲みこみにくさや、薬の副作用による味覚障害などでお困りの人もいるでしょう。レモンは唾液の分泌を促すため、そういった悩みの改善にうってつけです。【解説】清水百合(六本木しみず歯科院長・日本元気キレイ医歯学研究所代表)
更新: 2018-10-04 07:00:00
ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)
更新: 2018-09-05 11:21:44
「あごを動かすとカクカクと音がして痛む」「口を大きく開けない」などの症状は、顎関節症と呼ばれています。以前はかみ合わせや、あごの関節の異常が原因で起こると思われていたのですが、そのほとんどは違う原因で起こっていることがわかってきました。【解説】原節宏(日本歯科大学附属病院総合診療科 准教授・顎関節症診療センター長)
更新: 2018-09-11 12:16:55
歯周病は、今や成人の約8割がかかっているとされる「国民病」です。早い人では10代から、歯周病の初期段階である歯肉炎が始まり、40代、50代で患者数が最も多くなります。歯周病も生活習慣病の一つだと私は考えています。【解説】森永宏喜(森永歯科医院院長、米国抗加齢医学会認定医)
更新: 2018-09-07 23:08:34
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt