MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
「生姜湯」で目の周りの血流アップ!飛蚊症やかすみ目が改善

「生姜湯」で目の周りの血流アップ!飛蚊症やかすみ目が改善

健康を保つ秘訣は、血の巡りをよくすることにつきると言って過言ではありません。なぜなら血液は、細胞に必要な酸素と栄養素を届けるとともに、老廃物を運び去る重要な働きをしています。目の周囲の血流を回復させ、目のトラブルを改善するのにお勧めなのが「ショウガ湯」です。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)

解説者のプロフィール

石原新菜(いしはら・にいな)
イシハラクリニック副院長。
1980年、長崎県生まれ。2006 年、帝京大学医学部卒業。現在はイシハラクリニックにて漢方医学、自然療法、食事療法により種々の病気の治療にあたる。雑誌、テレビ、講演などでも精力的に活動。著書多数。近著『女のキレイは30分でつくれる』(マキノ出版)も好評。

●石原新菜 Official Blog
http://nina-ishihara.cocolog-nifty.com/blog/

目の周囲の毛細血管が目の健康のかなめ

健康を保つ秘訣は、血の巡りをよくすることにつきると言って過言ではありません。
なぜなら血液は、細胞に必要な酸素と栄養素を届けるとともに、老廃物を運び去る重要な働きをしています。

血流が悪くなると、体のどの臓器もきちんと働くことができなくなり、機能の低下や不調を招きます。
もちろん、目も例外ではありません。

目と、その周囲には細い毛細血管がたくさん走っています。
目の血流が悪くなると、疲れ目やかすみ目、飛蚊症、視力の低下など、さまざまなトラブルを招きます。

目の血流が悪くなると涙の分泌も低下するので、ドライアイにもつながります。
目の周囲の血流を回復させ、目のトラブルを改善するのにお勧めなのが「ショウガ湯」です。

ショウガには、ジンゲロールとショウガオールという、からみのもととなる2つの成分が含まれます。
ジンゲロールには、体温を上げ、血行を促進させる作用があります。

一方、ショウガオールには、ジンゲロール以上に体を温めて、血流を促す働きがあります。
ショウガオールは生のショウガにはあまり含まれていませんが、加熱すると増加する性質があります。

ショウガをすりおろすと、ショウガに含まれている成分が出てきやすくなります。
そのうえ、熱湯を注ぐことで、ショウガオールも増えることが期待できます。

はちみつも体を温める食品ですので、ショウガとの相乗効果を得られます。

趣味の読書を再開できた患者さんも

私自身もショウガ湯をお茶代わりによく飲んでいますし、クリニックにいらっしゃる患者さんにもお勧めしています。
実際に、ショウガ湯の継続的な飲用によって、目の不調が改善したかたもいらっしゃいます。

ある60代の女性患者さんは、読書が大好きなのに、疲れ目やかすみ目がひどく、さらに飛蚊症の症状にも長年悩んでいました。
「大好きな本も読めない」と嘆いていらっしゃったので、ショウガ湯を飲むよう勧めてみたところ、目の調子が改善。

「目がスッキリして細かい文字もクッキリ見えるようになったので、趣味の読書が再開できました」と喜ばれていました。
ショウガには健胃作用があり、断食中の飲み物にも用いられているほどなので、空腹時に飲んでもだいじょうぶですし、1日に何杯飲んでも問題ありません。

「ショウガ湯」の作り方

ショウガの乾燥粉末を利用してもよい

ショウガをすりおろすのがめんどうな人は、ショウガの乾燥粉末を使ってもよいでしょう。
ショウガの粉末は、大型スーパーなどで手に入ります。

粉末の場合は、水分が除かれているので、生の10分の1くらいの量でじゅうぶんです。
ショウガを多量に取ると、脈が速くなったり体が熱くなったりすることがあります。

そうした症状が不快な人は、自分に合った量を取るようにしましょう。
たいせつなのは、一度にショウガ湯を大量に飲むよりも、1日1杯でも毎日継続して飲むことです。

目の不調にお悩みのかたは、ぜひ試してみてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように見える症状)は、西洋医学の立場からは、治療の方法がない疾患とされています。眼科にかかっても、「この病気は治りません」といわれて、治すことをあきらめている人も少なくないでしょう。【解説】西田皓一(西田順天堂内科院長)
更新: 2018-09-04 18:35:37
ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)
更新: 2018-09-14 14:37:29
飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように見える症状)は、西洋医学の立場からは、治療の方法がない疾患とされています。ひぶんしょう、と読みます。眼科にかかっても、「この病気は治りません」といわれて、治すことをあきらめている人も少なくないでしょう。【解説】西田皓一(西田順天堂内科院長)
更新: 2018-04-12 11:32:45
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00