MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
歯周病を予防する「舌回しエクササイズ」!「舌力」を高めて唾液を分泌!

歯周病を予防する「舌回しエクササイズ」!「舌力」を高めて唾液を分泌!

歯科医として30年以上、たくさんの患者さんを診てきましたが、ムシ歯が1本もない歯周病の患者さんは数人しかいませんでした。このことから、口の中の環境をきれいに整えておくことが、いかに大切かということがわかります。【解説】宝田恭子(宝田歯科医院院長)

解説者のプロフィール

宝田恭子
宝田歯科医院院長

●宝田歯科医院
東京都江戸川区南小岩7-29-17サザンコート1階
TEL 03-3657-4525
http://takarada-dc.com/

舌で歯と歯ぐきの表面をなぞるだけで食べカスを除去

歯周病は、痛みがなく進行するため、気付いたときには、歯の周りが破壊され、歯が抜けてしまった、という例も少なくありません。
歯周病の患者さんの中には、ムシ歯にも罹患しているかたが多くいらっしゃいます。

歯科医として30年以上、たくさんの患者さんを診てきましたが、ムシ歯が1本もない歯周病の患者さんは数人しかいませんでした。
このことから、口の中の環境をきれいに整えておくことが、いかに大切かということがわかります。

食事の食べ残しが、歯や歯のすき間などにつまったままだと、それを栄養源として、口内で細菌が急増します。
増えた細菌は、自身の産出物と合わさり、歯の表面の粘着性の付着物・歯垢(プラーク)となります。

このプラークが多くなると、歯周病の発症につながります。
歯周病を予防するためには、丁寧な歯磨きが最も重要です。

ただ、歯磨きをしたくても、どうしても時間が取れない場合があります。
そんなときにお勧めなのが、「舌回しエクササイズ」です。

舌回しエクササイズでは、舌を回して、歯と歯ぐきの表面をなぞります。
もともとは顔を引き締める美容法として考案したものですが、歯の表面やすき間に残った食べカスも、ある程度除去できるため、歯周病予防にもお勧めのエクササイズです。

舌回しエクササイズのやり方

口腔カンジダや風邪の予防にも

口内の掃除のほかにも、舌の動きによって、くちびるの裏にある唾液腺(口唇腺)を刺激し、唾液の分泌を促す効果が期待できます。
唾液には抗菌物質が含まれているため、唾液で口内が潤っていれば、歯周病菌は増殖しづらくなります。

高齢者の中には、唾液が出にくくなり、口が乾いているかたが少なくありません。
抗菌作用のある唾液が減ると、普段は悪さをしない口内の日和見菌が急増し、口腔カンジダ症などの病気になりがちです。

また、カゼやインフルエンザなどの感染症も発症しやすくなります。
唾液の分泌を促す舌回しエクササイズは、これらの病気の予防にも有効です。

年と共に衰える舌の筋力もアップする

さらに、舌回しエクササイズを習慣にすれば、舌の筋力「舌力」がアップします。
舌も手足と同様、筋肉の力によって動きます。

そのため、加齢とともに舌力は衰えがちです。
舌力が衰えると、物が飲み込みづらくなります。

これは、舌が嚥下(物を飲み込み、胃に送る運動)と深くかかわっているからです。
口に食べ物を入れると、舌はその大きさや量、硬さなどを感知し、口内の噛みやすい位置へ移動させます。

以前出演したテレビ番組で、食事中の口内をMRI(磁気共鳴画像)で撮影した動画を見たことがあります。
この動画では、健康な人の舌は、口内でさかんに動き回っていました。

一方、嚥下障害のある高齢者の舌は、ほとんど動いていませんでした。
舌回しエクササイズで舌力がつけば、高齢者に多い誤嚥も防げるでしょう。

また、舌力が衰えると、話しづらくなったり、食事中に誤ってほおの内側を噛んだりしがちです。
舌回しエクササイズは、これらも予防できます。

顔のむくみ予防にもお勧め

顔の引き締め、むくみの予防にもお勧めです。
特に、日本人は欧米人と比べると顔がむくみやすいといわれています。

これは、日本語が、欧米の言語よりも舌を使わずに話せることと関係があると思われます。
舌を使わないため、顔周辺の血流が滞り、むくみやすくなるのです。

舌回しエクササイズで顔周辺の血行がよくなれば、むくみも改善するでしょう。
舌を回すときは、歯ぐきとほおの境目まで、舌を思い切り伸ばしてください。

舌を大きく動かせば、唾液腺がしっかりと刺激されますし、舌力も鍛えられます。
また、歯ぐきとほおの境目には、全身のツボが集中しているといわれています。

これらのツボも刺激するつもりで、舌を大きく回してください。
高齢者の中には「舌が疲れる」「思うように回せない」という人が少なくありません。

そんな人でも、できる範囲で続ければ、3ヵ月ほどで自在に舌が動くようになるはずです。
舌回しエクササイズは、いつでもどこでもできる点が魅力です。

私も仕事中に、マスクの下でときどき舌を回しています。
食後はもちろん、口が乾いたときなどに、ぜひお試しください。

行い過ぎて害になることはありません。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
歯周病の原因菌に感染し、歯と歯肉の境目に、細菌の塊である歯垢(プラーク)がこびりつきます。従来の一般的な歯周病治療では、歯や歯周ポケット内に付着した歯垢・歯石をそぎ落とし、できるだけ歯槽骨の破壊をゆるやかに抑えるのを目標としてきました。それを元に回復させる再生治療です。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2018-10-20 18:00:00
年を重ねると、唾液の分泌が減り、口内が渇きがちになります。すると、飲みこみにくさや、薬の副作用による味覚障害などでお困りの人もいるでしょう。レモンは唾液の分泌を促すため、そういった悩みの改善にうってつけです。【解説】清水百合(六本木しみず歯科院長・日本元気キレイ医歯学研究所代表)
更新: 2018-10-04 07:00:00
ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)
更新: 2018-09-05 11:21:44
「あごを動かすとカクカクと音がして痛む」「口を大きく開けない」などの症状は、顎関節症と呼ばれています。以前はかみ合わせや、あごの関節の異常が原因で起こると思われていたのですが、そのほとんどは違う原因で起こっていることがわかってきました。【解説】原節宏(日本歯科大学附属病院総合診療科 准教授・顎関節症診療センター長)
更新: 2018-09-11 12:16:55
「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)
更新: 2018-09-08 18:23:54
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt