医師監修 自分の尿もれタイプが一目でわかる「自己診断チャート」

医師監修 自分の尿もれタイプが一目でわかる「自己診断チャート」

尿もれや頻尿に悩んでいる人は、非常に多くなっています。日本では40代以上の女性のうち、3人に1人は尿もれを経験しており、その数は500万人から800万人にも上ると推定されています。中高年の女性にとって、尿もれは、よくあるトラブルといってよいでしょう。【解説】楠山弘之(永弘クリニック院長)


こっそり一人で治せる!

 尿もれや頻尿に悩んでいる人は、非常に多くなっています。日本では40代以上の女性のうち、3人に1人は尿もれを経験しており、その数は500万人から800万人にも上ると推定されています。

 中高年の女性にとって、尿もれは、よくあるトラブルといってよいでしょう。
 また、寒くなってくると男女を問わず、頻尿が気になる人が増えます。これは、汗をかく量が減って尿量が増えることと、寒冷反射により膀胱が閉まり、膀胱に十分な量の尿がたまらないうちにトイレに行きたくなることも関係しています。

 男性の頻尿は60代以上に多く、前立腺肥大が影響しているケースが大半です。女性の頻尿は、尿もれと同様、更年期以上の中年~高齢者に多く、尿もれと頻尿を併発している人も多く見られます。
 健康な人の排尿回数は1日8回以下(2時間に1回程度)とされており、就寝中に1回以上(50歳以上では2回以上)トイレに起きる場合は、夜間頻尿と診断されます。

 尿もれや頻尿は、特別な場合を除いて放置しておいても命にかかわる病気ではありません。しかし、外出や人と会うことがおっくうになって行動範囲や人間関係が狭くなったり、尿もれや頻尿を気に病んでうつ状態になったりして、日常生活を不自由な、暗いものにしてしまいます。尿もれや頻尿は、「生活の質」を落としてしまうトラブルといえます。

誰にも話せず 悩んでいる人が多い

 尿に関するトラブルは、恥ずかしくてなかなか他人には打ち明けにくいことです。医療機関にかかるのをためらわれる人も多いでしょう。その気持ちは、よくわかります。

 私は泌尿器科の診療所を開設し、排尿トラブルに悩む患者さんたちの治療にあたっていますが、長年にわたり尿もれや頻尿の症状がありながら、人に知られるのを恐れて、誰にも話せずに一人でずっと悩んできた人が多いのです。「年のせいだからしかたがない」と、あきらめている人も少なくないでしょう。

 しかし尿もれの多くは、骨盤底筋体操と呼ばれるごく簡単な体操を行うことで、自分で改善することができます。医療機関にかかることなく、自宅でこっそり、誰にも知られずに治すことができるので、骨盤底筋体操を習慣にして、一人でも多くの人が尿もれの悩みから解放されることを願っています。

骨盤底筋の衰えが 尿トラブルを招く

 とはいえ、尿もれや頻尿の原因はさまざまです。タイプによっては、医療機関にかかったほうがよい場合もあります。そこで、まずは、自分の尿もれがどのタイプにあたるのか、6ページのチャートで自己診断してみましょう。

 診断結果に記した尿もれの各タイプについて、簡単に説明しておきます。
「腹圧性尿失禁」は、セキやくしゃみ、笑う、立ち上がるなど、おなかに力が加わる(腹圧がかかる)と尿がもれるのが、大きな特徴です。出産後や、40代以上の女性の尿もれに多いのが、このタイプです。

「過活動膀胱」は、何らかの原因で膀胱が過敏になり、急に切迫した尿意を感じて頻繁にトイレに駆け込みます。トイレまでがまんできずに尿をもらしてしまう「ウエットタイプ」(切迫性尿失禁)と、排尿回数が増えて頻尿になる「ドライタイプ」に分けられます。

「混合性尿失禁」は、腹圧性尿失禁と過活動膀胱を併発し、両方の症状が現れます。
 また、泌尿器系以外の病気やケガが原因で起こる尿失禁もあります。「溢流性尿失禁」は、糖尿病や男性なら前立腺肥大症の影響が大半です。

「反射性尿失禁」は、脊椎のケガや病気が原因で起こることが多く、「機能性尿失禁」は、脳血管障害の後遺症として現れるほか、認知症の人にもよく見られます。これらの尿失禁は、原因となる病気を治さない限り、改善が難しくなります。

 特殊なタイプの尿失禁として、膀胱に尿をためる力がないために起こる「全尿失禁」や、尿道以外の臓器に尿がもれる「尿道外尿失禁」などもあります。これらも、医療機関で治療しないと改善は困難です。
 このほか、血尿が出る、尿のにおいがきつくなる、尿もれが突然始まったといった場合は、医療機関で診察を受けることをお勧めします。

 中高年の女性の尿もれや頻尿の大多数は、腹圧性尿失禁、過活動膀胱、混合性尿失禁のいずれかです。これらのタイプの尿失禁は、膀胱を支え、尿道や肛門を締めるときに働く骨盤底筋と呼ばれる筋肉群の衰えが、深く関係しています。
 骨盤底筋体操は、加齢とともに衰えた骨盤底筋を鍛える体操なので、これらのタイプの尿失禁の改善に効果があるのです。

オナラをがまんするのと同じくらいの力でよい

 骨盤底筋体操は簡単な体操ですが、コツがうまくつかめない人もいます。骨盤底筋に力を入れる感覚がよくわからない人は、排尿時におしっこを途中で止めてみてください。尿が出るのを止めたり、オナラをがまんしたりするのと同じ力の入れ方で行うのがコツです。

 3週間くらいで効果を実感し、3ヵ月くらい続けると尿もれが改善する人が多いようです。尿失禁体操を毎日の習慣にして、あせらずコツコツと続けていただきたいと思います。

楠山弘之
1954年、静岡県生まれ。埼玉医科大学卒業。癌研究会付属病院医員、埼玉医科大学泌尿器科講師を経て1991年より現職。著書に『尿トラブルは自宅で治せる』(東洋経済新報社)等がある。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

前立腺肥大症は、男性の高齢者はほぼ全員がかかる、といわれるほど有病率が高い病気です。尿の出が悪い、トイレの回数が増えたなどの不快症状がくり返されたら、専門医に相談しましょう。問診、検査、薬物療法、手術療法と、回復までの流れをご説明しましょう。【解説】古堅進亮(新都心クリニック東京前立腺センター院長)


【医師解説】夜間頻尿・尿漏れの改善には、昼間に弾性ストッキングをはくこと―心臓病も予防できる

【医師解説】夜間頻尿・尿漏れの改善には、昼間に弾性ストッキングをはくこと―心臓病も予防できる

夜間頻尿の患者さんへのセルフケアとして、日中に着用する「弾性ストッキング」を勧めています。女性だけでなく、男性にもおすすめです。2週間もすると、多くの患者さんが、足のむくみが改善され、足が軽くなり、夜間の尿量も減少。体調がよくなり、手放せなくなるようです。【解説】曽根淳史(宮津康生会宮津武田病院院長)


尿の出が悪かったら【尿道狭窄症】を疑え!治療の現状は?どんな手術がある?

尿の出が悪かったら【尿道狭窄症】を疑え!治療の現状は?どんな手術がある?

尿道狭窄症は、ケガや炎症、手術の後遺症など、さまざまな原因によって尿道に狭くなった箇所ができてしまい排尿しにくくなる病気です。しかし、高い成功率で完治が期待できる「尿道形成術」が医療関係者にすらあまり知られていないのです。【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)、【解説】堀口明男(防衛医科大学校病院泌尿器科学講座講師)


【女性の尿もれ】医師の私が「腹圧性尿失禁」のTOT手術を決断した理由

【女性の尿もれ】医師の私が「腹圧性尿失禁」のTOT手術を決断した理由

私自身も18年間、腹圧性尿失禁の尿もれに悩まされました。しかし、3年前の56歳のとき、尿失禁の手術を受けたことで、尿もれのわずらわしさから解放され、好きなことが自由にできるようになりました。今は、手術を受けて本当によかったと思っています。【解説】大河原節子(みさと健和病院回復期リハビリテーション病棟医長)


【これって異常?】先生教えて!尿もれの悩み メール相談

【これって異常?】先生教えて!尿もれの悩み メール相談

【枕を変えたら急に夜間頻尿になりました】ーー「快感おしっこ」の提唱者、神楽岡泌尿器科院長の渋谷秋彦先生の元には、尿の悩みについて全国から日々メールでの質問が寄せられます。実際にあった質問と答えの中から、一部をご紹介します。【解説】渋谷秋彦(神楽岡泌尿器科院長)イラスト/古谷充子


最新の投稿


血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

私の施術所には、耳鳴りやめまい、難聴に悩む患者さんも、多く訪れます。そうした症状に治療効果を上げているのが、わきの下への刺激を加えた施術です。これまでの施術経験から、軽い耳鳴りなら2ヵ月ほどで、重症でも1年くらいで改善の傾向が現れます。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

冬や春先は、血圧の高い人にとって、危険な季節です。寒いと血圧が上がりやすくなるからです。ふだんは血圧が正常でも「冬だけ高血圧」の人もいます。血圧の高い人は、冬の運動など急激な変化にも注意が必要です。具体的な対策をご紹介しましょう。【監修】高沢謙二(東京医科大学八王子医療センター病院長・同大学循環器内科教授)


【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

昔から、「冷えは女性の大敵」などといわれます。実は、中高年の女性に多い頻尿や尿もれなどの尿トラブルは、寒い時期に悪化しがちです。私のクリニックでは、尿トラブルの治療は骨盤底筋トレーニングと腹式呼吸が基本です。【解説】関口由紀(女性医療クリニック LUNAグループ理事長・医学博士)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

体温が低くなると腰痛、下半身のむくみ、便秘、肩こり、全身の倦怠感などを招くこともあります。そこで、「仙骨温め」のやり方をご紹介します。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング