【歯ぐきが腫れる 膿がでる 出血する】歯周病を改善する漢方薬“排膿散及湯”

【歯ぐきが腫れる 膿がでる 出血する】歯周病を改善する漢方薬“排膿散及湯”

漢方では、「口の中は、全身を映し出す鏡」といわれ、昔から健康状態は口の中に現れると考えられてきました。その考えどおりに、漢方の診断法の一つに、舌で体の状態を見る「舌診」があります。舌の色や形などの状態で、内臓の働きや栄養状態、胃腸の状態、病気の進行までわかります。【解説】平地治美(薬剤師・鍼灸師)


平地治美
薬剤師・鍼灸師

口内には全身の健康状態が現れる

漢方では、「口の中は、全身を映し出す鏡」といわれ、昔から健康状態は口の中に現れると考えられてきました。
その考えどおりに、漢方の診断法の一つに、舌で体の状態を見る「舌診」があります。

舌の部位は、五臓(東洋医学でいう肝、心、脾、肺、腎)に対応していると考えられ、舌の色や形などの状態で、内臓の働きや栄養状態、胃腸の状態、病気の進行までわかります。

大学の薬学部を卒業し、漢方薬局に就職したばかりのころ、職場の中国人の中医師が、患者さんの舌を見ただけで、さまざまな症状を言い当てるのを目の当たりにして、まさに舌を巻きました。

以来、私は舌診を極めるために勉強を続け、臨床に生かしています。
私は舌診をするとき、舌だけではなく、歯ぐきも見ます。

歯ぐきは「脾」に対応していると考えられています。
脾は、食べたものの栄養素を体に運ぶ消化器官ですから、その先端である口の中と強く関係しています。

患者さんの歯ぐきが炎症を起こして腫れていたり、赤紫色になっていたりすると、私は脾の働きの低下を疑います。
脾の働きが落ちる原因は、食べ過ぎや飲み過ぎ、ストレスなどが挙げられます。

症状の軽い患者さんには、胃弱や慢性胃炎に効く漢方を処方します。
それと共に、食べ過ぎや飲み過ぎを控え、胃腸を休めてもらいます。

さらにクヨクヨ思い悩まないようにして養生すると、すっきり改善します。
しかし、なかなか歯ぐきの腫れが治まらない患者さんには、すでに病巣があると考えられるので、歯科医院への受診を勧めます。

すると、初期の歯周病と診断されることが多いのです。

歯周病の症状改善に役立つ漢方薬

歯周病は、歯に付着した歯垢や歯石に細菌が繁殖して、炎症を引き起こし、歯ぐきの中の骨を溶かしてしまう、怖い病気です。
進行を抑えるためには、まずは丁寧な歯磨きを行うことと、歯科での適切な治療を行うことが大切です。

そしてそれと併せて、症状に合わせた漢方薬を併用すると、より効果的です。
最近、西洋薬では対応できない口内炎やドライマウス、歯周病に対して、漢方薬を処方している歯科医院が増えてきました。

これは、外側から治療するだけでなく、漢方によって体の免疫力(病気に対する抵抗力)を高めることで、口腔疾患によい影響を与えることが、注目され始めたからでしょう。
私の開催する勉強会にも、歯科医の方の参加が増え、歯周病や歯の痛み、抜歯後の痛みなどに積極的に漢方薬を処方しています。

それでは、歯周病にはどのような漢方薬がよいか、具体的に紹介しましょう。

①葛根湯
葛根湯は、日本でよく知られている漢方薬の一つ。

カゼの初期症状によく効くので、家庭の常備薬にしている人も多いでしょう。
葛根湯の効能は、消炎と鎮痛作用なので、歯ぐきの腫れや痛みを緩和します。

歯周病の症状に加え、肩こりのある人に、特にお勧めの漢方薬です。

②排膿散及湯
排膿散及湯は、歯ぐきの炎症が進み、腫れた部分を指で押すと、柔らかくプヨプヨし、口臭がある場合に使います。

この漢方薬は、歯ぐきの中に大量にたまった膿を排出し、歯ぐきの腫れや痛み、出血を鎮めます。
排膿散及湯には、6種類の生薬(漢方薬の原材料となる天然物)が配合されています。

ここで、それぞれの効能を紹介しましょう。

★桔梗=膿を排出し化膿を防止
★枳実=膿をつぶし、炎症を抑える
★甘草=諸薬の調和を図る
★芍薬=血液循環をよくして瘀血を取る。炎症を抑えて痛みを鎮める
★大棗=体を温め、緊張を緩和。腸の動きを抑制
★生姜=健胃作用がある

これらの生薬の相乗作用で、胃腸や血流など体内の問題を根本的に解決して、歯周病を改善します。
排膿散及湯は、どんな体質の人にも副作用がほとんどありません。

早めに飲めば、即効性を得られるでしょう。
この漢方薬は、市販もされていますが、保険適用でも処方してもらえるので、漢方を取り入れている歯科医師に相談してみるのもよいでしょう。

歯ぐきの状態がよくなれば、飲用をやめますが、保管しておいて、再度腫れそうになったとき、すぐに飲むと早めに治まります。

歯周病の予防には、前述したように、飲み過ぎや食べ過ぎを控えるとともに、睡眠を十分に取り、精神的ストレスをためないようにしましょう。
また、口の中を殺菌してくれる唾液の分泌も重要なので、よく噛み、よくしゃべって、舌を動かすようにしましょう。

こうしたことは、歯周病だけでなく、全身の健康維持にも役立ちます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【口のネバつきを改善】サラサラ唾液をだしてドライマウスや歯周病を予防する「耳の下もみ」の効果

【口のネバつきを改善】サラサラ唾液をだしてドライマウスや歯周病を予防する「耳の下もみ」の効果

「ドライマウス」は、近年急増している現代病の一つです。日本語では「口腔乾燥症」といい、唾液が少なくなって口が乾き、口の中が痛くなったり、ネバネバしたりします。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【歯周病と病気の関係】歯周病を放置するとどうなるか? 糖尿病 脳梗塞 認知症のリスク増

【歯周病と病気の関係】歯周病を放置するとどうなるか? 糖尿病 脳梗塞 認知症のリスク増

歯周病は、今や成人の約8割がかかっているとされる「国民病」です。早い人では10代から、歯周病の初期段階である歯肉炎が始まり、40代、50代で患者数が最も多くなります。歯周病も生活習慣病の一つだと私は考えています。【解説】森永宏喜(森永歯科医院院長、米国抗加齢医学会認定医)


【アーユルヴェーダ】歯周病を改善には朝一番の「太白ごま油うがい」で虫歯菌・口臭の原因を根こそぎ浄化

【アーユルヴェーダ】歯周病を改善には朝一番の「太白ごま油うがい」で虫歯菌・口臭の原因を根こそぎ浄化

ゴマ油といえば、酸化を防止する力があり、健康や美容によい油として知られています。とはいえ、料理以外には使わない人がほとんどでしょう。実は、そのゴマ油を使ってうがいをすると、口の中のトラブルの改善や予防をする効果が期待できるのです。【解説】川島一恵(鍼灸あん摩マッサージ指圧師・アーユルヴェーダヘルスコーディネーター)


【歯周病の原因】歯が浮く 歯の痛み 歯茎の腫れを改善 "口の血管マッサージ" のやり方

【歯周病の原因】歯が浮く 歯の痛み 歯茎の腫れを改善 "口の血管マッサージ" のやり方

歯周病を引き起こす原因の一つに、「歯の冷え症」があります。といっても、そのものが冷えるのではありません。歯の周囲にある、毛細血管の血流が悪くなって起こる症状のことで、分かりやすいようにそう名づけました。【解説】倉治ななえ(クラジ歯科医院院長)


【歯周病の改善】歯周病は感染症ではなかった?原因は“食事の内容” 海藻や亜麻仁油がお勧め

【歯周病の改善】歯周病は感染症ではなかった?原因は“食事の内容” 海藻や亜麻仁油がお勧め

皆さんは、「歯周病は歯周病菌による感染症」だと思っていませんか。皆さんだけでなく、歯科医師も、大半がそう考えていると思います。しかしその常識が、今、ぬり替えられようとしています。アメリカの歯周病学会は、すでに「歯周病は感染症にあらず」と正式に発表しています。【解説】小峰一雄(小峰歯科医院理事長)


最新の投稿


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

片手で次男を抱き、片手で家事をこなす日々が続いたせいで、肩こりだけでなく、腕や腰にも痛みが走るようになり、ズキズキする頭痛まで起こり始めました。足指歩きを始めて半年くらいたった頃でしょうか。「肩がこったな」と感じると、足指歩きをするだけでこりが和らぎ、疲れも取れるようになってきました。【体験談】岩内景子(主婦・38歳)


【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

ここ数年、「糖質制限」や「糖質オフ」といった、糖質を減らす健康法が注目されています。私の専門の1つは、栄養面から生活習慣病や慢性病に働きかける、栄養療法です。栄養療法から見ても、食事から取る糖質を適切に減らすことは、健康であり続けるために重要です。【解説】斎藤糧三(医師)