医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【歯ぐきの腫れ・膿や出血】歯周病を改善する漢方薬「排膿散及湯」とは

【歯ぐきの腫れ・膿や出血】歯周病を改善する漢方薬「排膿散及湯」とは

漢方では、「口の中は、全身を映し出す鏡」といわれ、昔から健康状態は口の中に現れると考えられてきました。その考えどおりに、漢方の診断法の一つに、舌で体の状態を見る「舌診」があります。舌の色や形などの状態で、内臓の働きや栄養状態、胃腸の状態、病気の進行までわかります。【解説】平地治美(薬剤師・鍼灸師)


解説者のプロフィール

平地治美
薬剤師・鍼灸師

●平地治美の漢方ブログ
https://blog.goo.ne.jp/harumi4567

口内には全身の健康状態が現れる

漢方では、「口の中は、全身を映し出す鏡」といわれ、昔から健康状態は口の中に現れると考えられてきました。
その考えどおりに、漢方の診断法の一つに、舌で体の状態を見る「舌診」があります。

舌の部位は、五臓(東洋医学でいう肝、心、脾、肺、腎)に対応していると考えられ、舌の色や形などの状態で、内臓の働きや栄養状態、胃腸の状態、病気の進行までわかります。

大学の薬学部を卒業し、漢方薬局に就職したばかりのころ、職場の中国人の中医師が、患者さんの舌を見ただけで、さまざまな症状を言い当てるのを目の当たりにして、まさに舌を巻きました。

以来、私は舌診を極めるために勉強を続け、臨床に生かしています。
私は舌診をするとき、舌だけではなく、歯ぐきも見ます。

歯ぐきは「脾」に対応していると考えられています。
脾は、食べたものの栄養素を体に運ぶ消化器官ですから、その先端である口の中と強く関係しています。

患者さんの歯ぐきが炎症を起こして腫れていたり、赤紫色になっていたりすると、私は脾の働きの低下を疑います。
脾の働きが落ちる原因は、食べ過ぎや飲み過ぎ、ストレスなどが挙げられます。

症状の軽い患者さんには、胃弱や慢性胃炎に効く漢方を処方します。
それと共に、食べ過ぎや飲み過ぎを控え、胃腸を休めてもらいます。

さらにクヨクヨ思い悩まないようにして養生すると、すっきり改善します。
しかし、なかなか歯ぐきの腫れが治まらない患者さんには、すでに病巣があると考えられるので、歯科医院への受診を勧めます。

すると、初期の歯周病と診断されることが多いのです。

歯周病の症状改善に役立つ漢方薬

歯周病は、歯に付着した歯垢や歯石に細菌が繁殖して、炎症を引き起こし、歯ぐきの中の骨を溶かしてしまう、怖い病気です。
進行を抑えるためには、まずは丁寧な歯磨きを行うことと、歯科での適切な治療を行うことが大切です。

そしてそれと併せて、症状に合わせた漢方薬を併用すると、より効果的です。
最近、西洋薬では対応できない口内炎やドライマウス、歯周病に対して、漢方薬を処方している歯科医院が増えてきました。

これは、外側から治療するだけでなく、漢方によって体の免疫力(病気に対する抵抗力)を高めることで、口腔疾患によい影響を与えることが、注目され始めたからでしょう。
私の開催する勉強会にも、歯科医の方の参加が増え、歯周病や歯の痛み、抜歯後の痛みなどに積極的に漢方薬を処方しています。

歯周病によい漢方薬の種類と効能

それでは、歯周病にはどのような漢方薬がよいか、具体的に紹介しましょう。

①葛根湯
葛根湯は、日本でよく知られている漢方薬の一つ。

カゼの初期症状によく効くので、家庭の常備薬にしている人も多いでしょう。
葛根湯の効能は、消炎と鎮痛作用なので、歯ぐきの腫れや痛みを緩和します。

歯周病の症状に加え、肩こりのある人に、特にお勧めの漢方薬です。

②排膿散及湯
排膿散及湯は、歯ぐきの炎症が進み、腫れた部分を指で押すと、柔らかくプヨプヨし、口臭がある場合に使います。

この漢方薬は、歯ぐきの中に大量にたまった膿を排出し、歯ぐきの腫れや痛み、出血を鎮めます。
排膿散及湯には、6種類の生薬(漢方薬の原材料となる天然物)が配合されています。

ここで、それぞれの効能を紹介しましょう。

★桔梗=膿を排出し化膿を防止
★枳実=膿をつぶし、炎症を抑える
★甘草=諸薬の調和を図る
★芍薬=血液循環をよくして瘀血を取る。炎症を抑えて痛みを鎮める
★大棗=体を温め、緊張を緩和。腸の動きを抑制
★生姜=健胃作用がある

これらの生薬の相乗作用で、胃腸や血流など体内の問題を根本的に解決して、歯周病を改善します。
排膿散及湯は、どんな体質の人にも副作用がほとんどありません。

早めに飲めば、即効性を得られるでしょう。
この漢方薬は、市販もされていますが、保険適用でも処方してもらえるので、漢方を取り入れている歯科医師に相談してみるのもよいでしょう。

歯ぐきの状態がよくなれば、飲用をやめますが、保管しておいて、再度腫れそうになったとき、すぐに飲むと早めに治まります。

歯周病の予防には、前述したように、飲み過ぎや食べ過ぎを控えるとともに、睡眠を十分に取り、精神的ストレスをためないようにしましょう。
また、口の中を殺菌してくれる唾液の分泌も重要なので、よく噛み、よくしゃべって、舌を動かすようにしましょう。

こうしたことは、歯周病だけでなく、全身の健康維持にも役立ちます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


めまいを改善する「モヤシ」の食べ方 漢方との併用で効果アップ

めまいを改善する「モヤシ」の食べ方 漢方との併用で効果アップ

ゆでモヤシと茵蔯五苓散(いんちんごれいさん)を併用すると、めまいの改善効果が高まります。最初に挙げたようなめまいが起きたら、ゆでモヤシを食べしばらくようすを見て、症状があまり変わらないようなら、漢方薬を併用するといいでしょう。【解説】井上正文(群馬中医研薬局薬局長)


かすみ目や黄斑変性を食事で改善!疲れ目解消スープの作り方

かすみ目や黄斑変性を食事で改善!疲れ目解消スープの作り方

中医学では、古来から「薬食同源」の思想があります。煎じて漢方薬となる生薬の中には、鉱物や木の皮、動物の骨など通常は食用にしないものも含まれていますが、ごく普通に食べられている食材も多いのです。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


寝ている間の汚れた唾液に注意!誤嚥性肺炎を予防する「口腔ケア」

寝ている間の汚れた唾液に注意!誤嚥性肺炎を予防する「口腔ケア」

肺炎は「老人の友」と言われるくらい、老人に多い病気です。70代以降は、特に誤嚥性肺炎が増えます。誤嚥性肺炎は、予防が大事ですが、そのカギを握るのが口です。まず、毎日の歯磨きをしっかりしてください。歯磨き後は、ブクブクうがいやガラガラうがいをしてください。【解説】米山武義(米山歯科クリニック院長)


【歯周病菌の除菌方法】注目の歯科技術「3DS」とは?

【歯周病菌の除菌方法】注目の歯科技術「3DS」とは?

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【舌がヒリヒリ痛む】歯周病を招く「ドライマウス」の原因と対策

【舌がヒリヒリ痛む】歯周病を招く「ドライマウス」の原因と対策

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)